戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

永井豪

文字サイズ

【デビルマン】、【キューティーハニー】などで知られる永井豪(ながいごう)。永井は白土三平の影響を公言しています。【黒の獅士】、【バイオレンスジャック】では特にその影響をもとに描き、白土を乗り越えることが目指されます。それらの漫画では光線を放つ刀剣・日本刀や巨大なジャックナイフが描かれます。

永井豪の初期刀剣漫画

永井豪は、手塚治虫の漫画に感銘を受けて子供時代を過ごします。漫画家を志し、手塚プロダクションを訪ねるも手塚とは会えず、その後、手塚門下の石森(石ノ森)章太郎を訪ね、師弟関係になりました。石森(石ノ森)を訪ねたとき、子供の頃に親しんだ白土三平山田風太郎の影響下で生み出した自作のSF時代劇漫画を持参しました。

ギャグ漫画時代劇【目明しポリ吉】でデビュー後、【剣マン】シリーズ、【じん太郎三度笠】、【馬子っこきん太】を発表します。そして、新人漫画家が中心となった少年漫画雑誌の創刊号から描いたギャグ漫画【ハレンチ学園】(1968~1972 年〔少年ジャンプ〕〔週刊少年ジャンプ〕連載)がその性描写から社会問題となり、一躍注目を集めます。同作のヒロインは柳生十兵衛三厳の末裔という設定でした。同じ年には、【風天忍法帳】、【新選組そまつ記】なども発表しています。

同時期、別の少年漫画雑誌の創刊号でもギャグ漫画【あばしり一家】(1969~1973年〔少年チャンピオン〕〔週刊少年チャンピオン〕連載)を発表します。任侠映画が人気を博していた時期、犯罪一家・悪馬尻(あばしり)家の男勝りの中学生の長女・菊の助が刀剣・日本刀や長ドスを振るう姿を描きました。また、マカロニ・ウェスタンと学生運動という当時の時流を混在させたギャグ漫画【ガクエン退屈男】では、主人公・早乙女門土の名を、佐々木味津三【旗本退屈男】の主人公・早乙女主水之介から採っています。

永井の刀剣キャラ① 百地三太夫の孫・天王獅子丸

デビュー前に描いたSF 時代劇漫画は、プロデビュー11 年後に【黒の獅士】のタイトルで本格的に描かれます(1978~1979 年〔週刊少年マガジン〕連載)。

織田信長が伊賀国を滅亡させた天正伊賀の乱の史実を背景に、伊賀忍者・天王獅子丸(てんのうししまる)の活躍を描きます。伊賀忍者の頭領・百地三太夫の孫・獅子丸は、不死身の忍者殺しの侍・銅磨陣内(どうまじんない)と争い続けます。

両者の対決では、白土三平への敬意の分かる描写が至る所になされました。永井は、白土が【カムイ外伝】で描いた背中に刀剣・日本刀を隠すことで左右どちらから斬るのかを惑わす剣技を超える描写をします。

それは、獅子丸が刀剣・日本刀を陣内へ投げつけるも、空になった鞘にじつはもう1本の刀剣・日本刀を隠していたという剣技です。

【黒の獅士】より

【黒の獅士】より

【黒の獅士】より

【黒の獅士】より

永井の刀剣キャラ② 忍者殺しのサイボーグ侍・銅魔陣内

銅磨陣内は、かつて今川家に仕えていた剣の達人でした。密書を狙う忍者に妻子とともに殺されるもひとり宇宙船に命を救われ、サイボーグとなります。生き返った陣内は、宇宙征服を目指す宇宙人・白魔王(びゃくまおう)にとりつかれた織田信長の命を受け、地球で忍者殺しを行なっていきます。

陣内はロケット噴射により、首だけで飛び回ります。永井は、白土が【忍者武芸帳 影丸伝】で描いた首だけになっても生きていた忍者の描写を超える表現を行ないました。

【黒の獅士】より

【黒の獅士】より

また、宇宙人の手によって蘇った陣内の愛刀にも特殊な仕掛けを施します。獅士丸が奪った陣内の愛刀の先からは光線が飛び出しました。

【黒の獅士】より

【黒の獅士】より

ギャグ漫画からストーリー漫画・SF漫画ヘ

永井は、あばしり一家が人気となる中でダイナミック・プロダクションを設立した翌年、ストーリー漫画を発表します(【鬼 2889年の反乱】、【ススムちゃん大ショック】、【魔王ダンテ】)。ギャグ漫画では正面から描けなかった、人間、神、親など善とされる側と悪との価値をひっくり返しました。

ストーリー漫画を発表し始めた時期には、日本SF大会に出席し、筒井康隆、高千穂遙らとの交流が始まっています。永井豪ファンクラブ初代会長を務めた筒井康隆の【三丁目が戦争です】(1971年、講談社刊行)では挿絵も担当しました。のちに日本SF作家クラブの会員になり、手塚治虫に次いで2番目の漫画家の会員にもなります。

ストーリー漫画、SFへと接近していた時期、これまでのギャグ漫画のうえでSF時代劇に挑んだ【ズバ蛮】(1971年〔週刊少年サンデー〕連載)も発表します。未来異星人による織田信長が生きる戦国時代を使った歴史改変の実験を描きました。

テレビアニメと連動する永井漫画

永井はギャグ漫画を続けて描く中で(【オモライくん】など)、テレビアニメ企画へ参画することになります。師匠・石森(石ノ森)原作の特撮テレビドラマ【仮面ライダー】のヒットが促しました。

漫画・魔王ダンテをアニメにと始まった【デビルマン】がその最初となります。デビルマンは、「変身大会」と銘打った番組として特撮テレビドラマ【人造人間キカイダー】(石森[石ノ森]原作)と続けて放送されました。

以降、多数の永井作品がテレビと漫画で連動していきます(【ドロロンえん魔くん】、【キューティーハニー】、【マジンガーZ】、石川賢と共同原作【ゲッターロボ】、【グレートマジンガー】、安田達矢と共同原作【鋼鉄ジーグ】、【UFOロボ グレンダイザー】など)。アニメ版は欧米でも日本と同時期に放送され、海外でも人気となりました。

永井の刀剣キャラ③ 愛刀はジャックナイフ・バイオレンスジャック

テレビアニメの世界でも有名になっていく中で永井は、18 年に亘って描かれることになる【バイオレンスジャック】(1973~1974 年〔週刊少年マガジン〕連載)を発表します。鬼シリーズと称した【手天童子】と【凄ノ王】(第4回講談社漫画賞受賞)を発表する間に開始されました。

バイオレンスジャックは、白土三平【忍者武芸帳 影丸伝】や黒澤明【用心棒】などから構想するも、時代劇は少年漫画雑誌の読者には受けないという掲載雑誌からの指示をふまえ、物語の舞台設定を1970 年代に起こったとする関東地獄地震後にして描かれます。

同作では、世界から孤立した関東で生き残った少年主人公を、謎の2メートル20センチの大男・バイオレンスジャックが手助けしてきます。バイオレンスジャックは、刃渡り40センチ、幅8センチ、峰の厚さ1センチのなたに近いジャックナイフが愛刀です。

「関東スラム街編」【バイオレンスジャック】より

「関東スラム街編」
【バイオレンスジャック】より

永井の刀剣キャラ④ 愛刀は斬馬刀・スラムキング

バイオレンスジャックの永遠のライバルとして、スラムキングが登場します。異常な筋肉で生まれたため、ショットガンも跳ね返す強靭な鎧で体を押さえつけていないと生きることが出来ないというスラムキングは、キング家で代々受け継がれてきた刃渡り2メートルの斬馬刀を愛刀としています。その巨大な斬馬刀で、何度となくバイオレンスジャックと相対します。

「関東スラム街編」【バイオレンスジャック】より

「関東スラム街編」
【バイオレンスジャック】より

その後の永井の刀剣漫画

その後バイオレンスジャックは掲載雑誌が2 度変わり、月刊少年漫画雑誌と青年漫画雑誌で描かれます(1977~1978 年〔月刊少年マガジン〕連載、1983~1990 年〔週刊漫画ゴラク〕連載)。

このとき、デビルマン、えん魔くん、キューティーハニーなどなど永井自身がこれまで描いてきた多数のキャラクターが物語を浸食していきます。スラムキングは黒の獅士の銅磨陣内と同名の老人の孫・銅魔高虎だったとされました。

バイオレンスジャック連載終了後には、「サムライワールド」と題して立川文庫を中心に漫画化(児雷也、霧隠才蔵、猿飛佐助など)、戦国武将列伝(伊達政宗北条早雲前田利家武田信玄)も描いていきます。

ギャグ漫画、ストーリー漫画、SF漫画など表現は違えども、永井の刀剣漫画の裏側には、白土三平への敬愛が常にあります。

著者名:三宅顕人

永井豪

永井豪をSNSでシェアする

「戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


宮下あきら

宮下あきら
【魁!!男塾】で知られる宮下あきら。初期作【私立極道高校】、【激!!極虎一家】、そして魁!!男塾で任侠道を少年漫画で描き続けます。そこは長ドス、刀剣・日本刀が欠かせない世界です。

宮下あきら

高橋留美子

高橋留美子
【うる星やつら】で知られる高橋留美子(たかはしるみこ)。高橋は剣道青年や刀剣・日本刀を手にする女性の登場人物を幾度も登場させています。【らんま1/2】もその1作です。男女の性を固定しない人物も多数描く高橋は、戦国時代を舞台に兄弟間の妖刀争奪を描いた【犬夜叉】では、刀剣そのものに斬れるとき/斬れないときの両義性を持たせました。

高橋留美子

寺沢武一

寺沢武一
【COBRA THE SPACE PIRATE】で知られる寺沢武一(てらさわぶいち)。同作の連載と並行して【BLACK KNIGHT BAT 黒騎士バット】、【鴉天狗カブト】も描きました。そこでは、斬らない描写が様々に編み出されています。

寺沢武一

安彦良和

安彦良和
アニメ【機動戦士ガンダム】のキャラクターデザイン及び作画監督で知られる安彦良和(やすひこよしかず)。日本神話をもとにした漫画【ナムジ】、【神武】、【ヤマトタケル】では天叢雲剣を描きます。ナムジは「剣と魔法」を描いた少女漫画が多数発表され始めた時期に連載が始まり、少女漫画と少年漫画との接点のひとつになります。

安彦良和

車田正美

車田正美
【聖闘士星矢】で知られる車田正美(くるまだまさみ)。初期作【風魔の小次郎】では木刀が聖剣へと生まれ変わる物語を描きました。そこでは少女の読者獲得がより目指され、それは剣を用いても人を斬らない聖闘士星矢にもつながっていきます。

車田正美

小山ゆう

小山ゆう
【がんばれ元気】などのスポーツ漫画でも知られる小山ゆう。「劇画」ブームの立役者のさいとう・たかをと小池一夫のもとで働いたのち、幕末を舞台に剣の腕も立つ少年を主人公にした【おれは直角】でデビューしました。【お~い!竜馬】、【あずみ】などその後も歴史・時代小説のツボを知りつくした時代劇漫画を描いています。

小山ゆう

村上もとか

村上もとか
【JIN-仁-】で知られる村上もとか。初期作で岩手の剣道少年を主人公に描いた【六三四の剣】は日本に何度目かの剣道ブームを起こした金字塔です。その後も明治時代初頭の北海道を舞台に元・会津藩士の親子を【獣剣伝説】で描きます。方言や地方の描写にこだわったそれらの漫画には、東京を舞台にした漫画とは違う刀剣観が根底に流れています。

村上もとか

本宮ひろ志

本宮ひろ志
【男一匹ガキ大将】、【サラリーマン金太郎】などで知られる本宮ひろ志(もとみやひろし)。本宮は【夢幻の如く】、【昼まで寝太郎】などの時代劇漫画も描いています。タイムスリップや双子の入れ替わりという基本設定に、刀剣・日本刀を用いたくない主人公像が描かれます。

本宮ひろ志

注目ワード

注目ワード