戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

石ノ森章太郎

文字サイズ

【サイボーグ009】や【仮面ライダー】シリーズなどで知られる石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)。それら代表作と同時期、青年漫画雑誌創刊ラッシュの中で少年漫画版を描き直した時代劇漫画【佐武と市捕物控】、【仮面ライダー】の時代劇版が目指された【変身忍者嵐】を描いています。石ノ森の連載に先駆けては、忍者や勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズがブームとなっていました。

石ノ森章太郎の初期刀剣漫画

石ノ森章太郎は、手塚治虫【新宝島】を読み、手塚ファンとして子供時代を過ごします。漫画の投稿が手塚の目にとまったことで手塚のアシスタントとなり、月刊少年漫画雑誌でデビュー。漫画家達が拠点としたトキワ荘に仲間入りも果たしました(男性最年少)。

アメリカのSF大会にも訪れ、SFの造詣に基づいた漫画を少年・少女漫画雑誌で多数発表し、SF【サイボーグ009】(1964-1965年〔週刊少年キング〕連載など)が最初の代表作になります。同作はSF【ミュータント・サブ】とで第7回講談社児童まんが賞を受賞しました。この間、【少年のためのマンガ家入門】(1965年)、【続・マンガ家入門】(1966年)といった入門書も描き、若者達の憧れの存在になっています(ともに秋田書店発行)。

石ノ森は、【サイボーグ009】以前から忍者物を描いています(【黒い風】、【忍びの影】など)。忍者漫画ブームの中で企画された10人の漫画家(白土三平横山光輝ら)によるリレー作【忍法十番勝負】(1964年〔冒険王〕連載)のひとりにも選出されました。その前後も忍者物を少年・少女漫画雑誌で発表しています(【風を斬る】、【ゆか】、【霧隠】、【新・黒い風】など)。

SFと忍者物を多数発表していた時期、時代劇も描きます。【佐武と市捕物控】(1966-1967年〔週刊少年サンデー〕他掲載)です。下っ引き(岡っ引きの子分)の佐武と、剣客の盲目のあんま・市とのコンビの活躍を描いた読み切り【縄と石捕物控】(1966年〔週刊少年サンデー増刊号〕掲載)をシリーズ化しました。捕物帳物を生み出した岡本綺堂の【半七捕物帳】や野村胡堂【銭形平次捕物控】と、勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズ(原作・子母澤寛)が組み合されました。

石ノ森の刀剣キャラ① 剣客の盲目のあんま・市

「隅田川物語」【佐武と市捕物控】より

「隅田川物語」
【佐武と市捕物控】より

少年漫画雑誌で描かれた佐武と市捕物控は、青年漫画雑誌の創刊号から改めてシリーズ化されます(1968-1972年〔ビッグコミック〕連載)。連載の年にはテレビアニメ化もされ、手塚が主宰した月刊漫画雑誌の創刊号から連載された【章太郎のファンタジーワールド ジュン】との2作で、第13回小学館漫画賞を受賞しました。

画柄がシャープになった青年漫画版では、仕込み杖を使う居合斬り名人のあんま・市の内面が明かされます。剣術を身につけた理由は「臆病だから…盲人で心細かったから、剣を習ったのさ…」、捕物に熱心に取り組む理由は「…盲目であることの…自分の心ン中にある弱さを忘れさせてくれるからさ。」とニヒルに動機が語られました。

石ノ森は佐武と市捕物控の立ち回りを、独自のコマ割りと黒の背景をさらに発展させて描きました。それは、漫画家の竹宮惠子に大きな影響を与えた石ノ森の少女漫画【龍神沼】(1961年〔少女クラブ〕掲載)時期から続けられ、【ジュン】(1967-1971〔COM〕連載)で手塚から嫉妬されるほど好評を得たセリフを極力廃した手法です。

漫画と劇画を融合した「コミック」を提唱

青年版・佐武と市捕物控の連載は、「コミック」を名乗った青年漫画雑誌の創刊号から始まりました。掲載雑誌は、〔オール讀物〕や〔小説新潮〕などの文芸雑誌が意識され、手塚治虫、白土三平、水木しげる、さいとう・たかをと石ノ森の5人が軸でした。

さいとうらが提唱した「劇画」が週刊少年漫画雑誌に台頭していたこの時期、石ノ森は漫画と劇画の要素を併せ持ったコミックを提唱し、両者の対立の解消を促しています。日本初の漫画評論雑誌が創刊された時期にもあたり、漫画が子供の物だけではなくなり始めていました。

この時期の石ノ森は佐武と市捕物控の他に、「ヌーベルコミック劇画」を掲げた日本初の週刊青年劇画雑誌の創刊号から【009ノ1】(1967-1970年〔週刊漫画アクション〕連載)を、月刊青年劇画雑誌の創刊号で読み切り【くノ一くずし】(1967年〔月刊ヤングコミック〕掲載)を発表しています。忍者物【闇の風】、【宮本武蔵】、侠客物【流れ星五十三次】なども描いています。

テレビ時代劇と特撮テレビドラマとの融合

SF作家・平井和正(代表作【8マン】など)との共作【幻魔大戦】の発表や石森プロを設立した時期から、石ノ森はテレビドラマに深くかかわっていきます。

ときは、東京オリンピック開催後に急速に普及したカラーテレビの時代に入っていました。漫画をもとにした【フラワーアクション009ノ1】や、テレビと漫画版を連動させた【仮面ライダー】シリーズ、【変身忍者嵐】、【人造人間キカイダー】とその続編【キカイダー01】などの変身ヒーロー物を発表します。特撮テレビドラマ側のスタッフはそれまでテレビ時代劇を得意としていました(【隠密剣士】、【大忍術映画 ワタリ】、【仮面の忍者 赤影】など)。

石ノ森の刀剣キャラ② 愛刀の稲妻で変身・嵐

テレビと漫画版を連動させた【変身忍者嵐】(1972年〔週刊少年マガジン〕連載)は、時代劇版の仮面ライダーをという企画案を受けて考え出されました。

血車党を名乗る忍者の一族・嵐ハヤテは、父親が化身忍法を偶然編み出したことで人生が狂います。化身忍法とは、人間が持つ潜在能力を呼び覚まし、獣などの姿となって特異な能力を得られる忍法です。けれどもその発見で党は内部分裂。化身忍法をもってして天下征服を夢見た者達は、ハヤテの父から化身忍法を記した巻物と命を奪います。ハヤテは父の敵を討つべく、かつて自身が所属していた血車党を根絶やしにするために旅を続けていきます。

石ノ森はハヤテと化身忍者との勝負の瞬間を、得意の説明を廃した見開きページで毎回見せました。

第1話「化身忍群、闇に踊る」【変身忍者嵐】より

第1話「化身忍群、闇に踊る」
【変身忍者嵐】より

第2話「青い猫の夜」【変身忍者嵐】より

第2話「青い猫の夜」
【変身忍者嵐】より

第3話「白狐、枯れ野を走る」【変身忍者嵐】より

第3話「白狐、枯れ野を走る」
【変身忍者嵐】より

第3話「白狐、枯れ野を走る」【変身忍者嵐】より

(第3話「白狐、枯れ野を走る」
【変身忍者嵐】より)

変身忍者嵐は同時期、月刊雑誌でも連載されます(1972-1973年〔希望の友〕連載)。少年漫画雑誌版とは違う物語展開が描かれた月刊版では、父から受け継いだ刀剣・日本刀・稲妻を「吹け嵐 風よ…」と唱えて刀剣・日本刀のツバを鳴らすことで変身する姿が描かれました。

第1話「嵐 見参!!」【変身忍者嵐】より

第1話「嵐 見参!!」
【変身忍者嵐】より

その後の石ノ森の刀剣漫画

石ノ森はその後も、多数の特撮テレビドラマ連動作(【ロボット刑事】、【イナズマン】、【がんばれ!!ロボコン】、【秘密戦隊ゴレンジャー】、【快傑ズバット】、【ジャッカー電撃隊】など)と並行し、【くノ一捕物帖 恋縄緋鳥】と続編【新・くノ一捕物帖 大江戸緋鳥808】や、薬売りの剣客を描いた【買厄懸場帖九頭竜(ばいやくかけばちょうくずりゅう)】などの時代劇漫画を発表します。石森から石ノ森へ改名後には【塚原卜伝】も描きました。

戦後の忍者ブームと勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズの中で育まれた石ノ森の刀剣世界は、漫画と劇画の融合を促したように、変身ヒーローを描いた特撮テレビドラマでも新たな発展を促しました。

著者名:三宅顕人

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎をSNSでシェアする

「戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


梶原一騎

梶原一騎
【巨人の星】、【あしたのジョー】、【タイガーマスク】などで知られる漫画原作者・梶原一騎(かじわらいっき)。梶原は後発の劇画原作者・小池一夫が台頭してきた時期、小池の主戦場の時代劇漫画に挑戦しました。虚実混交を得意とする梶原は、青年向けでは宮本武蔵を取り上げた【斬殺者】を、少年向けでは男谷信友と榊原健吉を取り上げた【剣は道なり】を発表します。

梶原一騎

モンキー・パンチ

モンキー・パンチ
【ルパン三世】で知られるモンキー・パンチ。アメリカの映画と漫画に大きな影響を受けたモンキー・パンチは青年漫画雑誌を拠点に、西洋VS東洋の構図を描き続けます。ルパン三世では石川五右ェ門を通して描き、沖田総司を主人公とした【幕末ヤンキー】ではヤンキーとの対立構図を描きます。

モンキー・パンチ

ジョージ秋山

ジョージ秋山
【銭ゲバ】、【アシュラ】など少年漫画で残酷描写の中に無情を描いた作風で知られるジョージ秋山。少年漫画を離れると青年漫画雑誌で連載44年に及んだ【浮浪雲】など、池波正太郎人気以降、時代劇漫画を数多く描いていきます。青年向けでは逆に残酷描写は抑えられるも無情さは変わらず描かれます。それは青年向けの時代劇漫画【女形気三郎】でも変わりません。

ジョージ秋山

小池一夫

小池一夫
【子連れ狼】(小島剛夕作画)で知られる劇画原作者・小池一夫(こいけかずお)。歴史・時代小説家の山手樹一郎の弟子となり、山本周五郎にも教えを乞いました。その後さいとう・たかをのもとで漫画原作者となり、歴史・時代小説の魅力を漫画の世界に本格的にもたらしました。その影響は、子連れ狼だけでなく【修羅雪姫】(上村一夫作画)など、海外の有名映画にまで及んでいます。

小池一夫

平田弘史

平田弘史
【薩摩義士伝】で知られる平田弘史(ひらたひろし)。劇画を普及させたさいとう・たかをと同時期に貸本漫画で活動を始め、【名刀流転】などを描きます。平田は寡作になるほど時代考証や実証研究に徹底的にこだわります。【首代引受人】という独自の時代劇漫画も数行の歴史資料をもとに考え出します。

平田弘史

さいとう・たかを

さいとう・たかを
【ゴルゴ13】で知られるさいとう・たかを。黒澤明の時代劇映画に夢中になる映画青年を経て漫画家に。手塚治虫に対抗して「劇画」という言葉を広めたさいとうは、【無用ノ介】で劇画の手法を少年漫画にもたらしました。続いて描いた週刊誌における日本初の劇画連載となった【影狩り】でさらに劇画を広めました。

さいとう・たかを

白土三平

白土三平
【忍者武芸帳 影丸伝】、【カムイ伝】などで知られる白土三平(しらとさんぺい)。それら2作や【カムイ外伝】では忍者を軸に描きます。カムイ伝を描くために自費で青年漫画雑誌を創刊した白土は、当時の学生運動の気運と相まって、それまでの子供向けだった漫画的表現にリアリズムをもたらします。剣技の描写も変化しました。

白土三平

横山光輝

横山光輝
【鉄人28号】、【バビル2世】などで知られる横山光輝(よこやまみつてる)。白土三平、山田風太郎らの人気で生じた忍者ブームを【伊賀の影丸】、【仮面の忍者 赤影】などで上手に取り入れました。青年漫画雑誌興隆の中で時代劇漫画が盛り上がった時期には、【闇の土鬼】で史実を押さえた手法に歩み出し、青年漫画的な骨太の少年漫画を生み出します。

横山光輝

小島剛夕

小島剛夕
白土三平【カムイ伝】、小池一夫原作【子連れ狼】の作画でも知られる小島剛夕(こじまごうせき)。抜け忍を描いた自作【土忍記】とその連作【孤剣の狼】を、青年漫画雑誌の創刊ラッシュの中で描きます。その後、柴田錬三郎の時代小説の漫画化や原作つきで数多くの作画を手がけていく小島は、青年漫画の興隆とともに時代劇漫画を大きく発展させます。

小島剛夕

注目ワード

注目ワード