戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

さいとう・たかを

文字サイズ

【ゴルゴ13】で知られるさいとう・たかを。黒澤明の時代劇映画に夢中になる映画青年を経て漫画家に。手塚治虫に対抗して「劇画」という言葉を広めたさいとうは、【無用ノ介】で劇画の手法を少年漫画にもたらしました。続いて描いた週刊誌における日本初の劇画連載となった【影狩り】でさらに劇画を広めました。

さいとう・たかをの初期刀剣漫画

さいとう・たかをは、挿絵師に憧れ、日本画も勉強し、映画マニアでもありました。手塚治虫【新宝島】を読んで「紙で映画みたいな物を作ることができる」と感銘を受け、漫画家を志します。

大阪で貸本漫画を描き、【修羅の舞】、【剣狂】、【死太刀双之進】、【流太郎行くところ】、【黒い魔剣】などの刀剣漫画を発表しました。

自主漫画雑誌も制作し、探偵が主人公の貸本漫画【台風五郎】が人気となるも、貸本漫画が衰退していく中で上京。

さいとう・プロダクション設立後には、青年剣士・風吹波之進が幕末の実在の剣客・男谷精一郎の門下生として生きる【武芸紀行】や、時代劇短編誌【大和小伝】などを発表しました。

さいとうの刀剣キャラ① 野良犬剣法の使い手・無用ノ介

さいとうは自身初の週刊少年漫画雑誌の長編連載として【無用ノ介】(1967-1970年〔週刊少年マガジン〕連載)を発表します。短編【刃之介(やいばのすけ)】(1967年〔週刊少年マガジン〕連載)をもとに長編化しました。

主人公は、「用なしいぬ」と呼ばれる賞金稼ぎの浪人・志賀無用ノ介(しがむようのすけ)です。幼き頃、酔った父から左目を斬りつけられたために隻眼です。隻眼の剣客像は林不忘【丹下左膳】からの系譜です。

母親は家出、賞金稼ぎの父親は目の前で斬られて亡くなり、孤児として育った無用ノ介は、けんかの日々の中で身に付けた野良犬剣法で賞金首を斬っていきます。

「虎穴にはいった無用ノ介」【無用ノ介】より

「虎穴にはいった無用ノ介」
【無用ノ介】より

「虎穴にはいった無用ノ介」【無用ノ介】より

「虎穴にはいった無用ノ介」
【無用ノ介】より

映画【用心棒】から少年漫画【無用ノ介】へ

無用ノ介を描くにあたりさいとうは、黒澤明「用心棒」に大きな影響を受けたと述べている通り、用心棒さながらの場面で始まりました。

日本には実在しなかった賞金稼ぎを行なう浪人を描いた用心棒は、ダシール・ハメットの探偵小説【血の収穫】を下敷きに、西部劇の演出が施されました。

虎穴にはいった無用ノ介【無用ノ介】より

虎穴にはいった無用ノ介
【無用ノ介】より

虎穴にはいった無用ノ介【無用ノ介】より

虎穴にはいった無用ノ介
【無用ノ介】より

無用ノ介は連載3年目の年、制作局初のカラーによるテレビ時代劇となり、さいとうの名が広く知られていくことになります。連載終了の年には、掲載誌の人気企画「大図解」(企画編集・大伴昌司)で「劇画入門」の題材にもなりました。

劇画が大手出版社の週刊少年漫画雑誌へ

さいとうは、辰巳ヨシヒロらと「劇画」を掲げました。それまでの中心だった笑いや風刺を描いた1コマや4コマの漫画に対してドラマ性を意識しました。手塚治虫が掲げた「ストーリー漫画」という言葉への対抗でもありました。

イアン・フレミング【007】シリーズ映画の漫画化(1964年〔ボーイズライフ〕連載)をきっかけにさいとうは大手商業漫画雑誌へ移行し始め、青年漫画雑誌創刊の必要性も説き回ります。

そんな中で手塚治虫と桑田次郎(代表作【8マン】など)の人気漫画家が抜けることになった週刊少年漫画雑誌で劇画が取り入れられる方針が取られます。さいとうは劇画と謳えることを条件に連載を承諾。ボクシング漫画を経て、刃之介、無用ノ介が掲載されました。週刊連載にあたって漫画原作者を募集し、小池一夫(のち【子連れ狼】を発表)がさいとう・プロに所属することになります。

劇画が大手出版社の週刊誌へ

さいとうの代表作となる暗殺を手がけるスナイパーが主人公の【ゴルゴ13】(1968年-〔ビッグコミック〕連載中)の発表とほぼ同時期、創刊されたばかりの週刊誌に【影狩り】(1969-1970年〔週刊ポスト〕連載)を発表します。週刊誌に初めて掲載された劇画として当時話題にもなり、連載終了の2年後には映画化されました。

影狩りは、地方の大名に金で雇われる3人の剣客浪人「影狩り」の物語です。江戸幕府の締め付け政策によってそれぞれの主家が取りつぶしにあった3人は、幕府への恨みから、苦しむ地方大名のために働きます。幕府が放つお庭番(忍者)、里に入り込んだ入忍「草」、将軍家剣術指南役とは別に刺客集団の裏の顔を持つ柳生一門らと相対していきます。影狩りでは、気ままな無用ノ介に対し、幕府体制への批判が盛り込まれました。

さいとうの刀剣キャラ② 神道無念流の使い手・室戸十兵衛

影狩りのリーダー格・室戸十兵衛(むろとじゅうべい)は、かつて越後一条の森家の幼君の側役で、神道無念流(しんどうむねんりゅう)の使い手から剣術指南も行なっていました。けれども、幼君が「影」の暗躍で幕府から切腹を命じられます。十兵衛は幼君の介錯を行ない、藩も取りつぶされました。

「棕櫚緒忍衆」【影狩り】より

「棕櫚緒忍衆」
【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」
【影狩り】より

十兵衛は、幼君へのトラウマから女性に向き合えず、またその知性から他の影狩り2名から信頼されるリーダーの役割を担い、アレクサンドル・デュマ【三銃士】のアトス的なキャラクター付けがなされています。忍者のような働きもする十兵衛は、神道無念流の剣の腕前で影狩りの危機を何度も乗り越えます。

さいとうの刀剣キャラ③ 伯耆流抜刀術の使い手・月光

影狩りのサブリーダー格・月光こと日下弦之介(くさかげんのすけ)は、かつて今津藩の藩士だったものの、藩の汚職騒動に巻き込まれ、妻子を放火で失います。そのとき右顔に火傷跡を負い、トレードマークになります。汚職騒動は影によって幕府に伝わり、お家は取りつぶしになりました。

「鐘の音」【影狩り】より

「鐘の音」
【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」
【影狩り】より

月光は、病の妻がいる身で女性問題を抱え、財政が厳しかった藩の事情から戯作の清書の仕事を請け負うなど、アレクサンドル・デュマ「三銃士」のアラミス的なキャラクター付けもなされています。伯耆流抜刀術(ほうきりゅうばっとうじゅつ)の達人でもある月光は、十兵衛に劣らない剣の腕を誇ります。

さいとうの刀剣キャラ④ 力技の使い手・日光

影狩りの3人目・日光こと乾武之進(いぬいたけのしん)は、三河の藩で主君の食事を担当するお膳番の家系でした。ある日、鬼役(毒味役)が亡くなったことでその替わりに就くも、影によって主君が毒殺され藩は取りつぶされました。

「日光祭太鼓」【影狩り】より

「日光祭太鼓」
【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」【影狩り】より

「伊笛藩の大砲」
【影狩り】より

大柄で女性とお金に弱く、アレクサンドル・デュマ「三銃士」のポルトス的なキャラクター付けがなされます。その大柄の体で力いっぱい敵を斬ります。

池波正太郎以後

代表作を確立したさいとうはその後、自身の出版社を創業します(リイド社)。自社から、【音無し幻十】、【雲盗り暫平】など池波正太郎も描いた同一の題材や、池波正太郎原作【剣客商売】などの刀剣漫画を発売していきます。

他社の黒澤明映画の漫画化企画では、大好きな用心棒はあえて避け、【七人の侍】を描いています。

さいとうの刀剣漫画には、池波正太郎の台頭以前、黒澤明「用心棒」で下敷きにされたダシール・ハメット「血の収穫」やアレクサンドル・デュマ「三銃士」といった西洋文学が大きく影響してします。

著者名:三宅顕人

さいとう・たかを

さいとう・たかををSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


梶原一騎

梶原一騎
【巨人の星】、【あしたのジョー】、【タイガーマスク】などで知られる漫画原作者・梶原一騎(かじわらいっき)。梶原は後発の劇画原作者・小池一夫が台頭してきた時期、小池の主戦場の時代劇漫画に挑戦しました。虚実混交を得意とする梶原は、青年向けでは宮本武蔵を取り上げた【斬殺者】を、少年向けでは男谷信友と榊原健吉を取り上げた【剣は道なり】を発表します。

梶原一騎

モンキー・パンチ

モンキー・パンチ
【ルパン三世】で知られるモンキー・パンチ。アメリカの映画と漫画に大きな影響を受けたモンキー・パンチは青年漫画雑誌を拠点に、西洋VS東洋の構図を描き続けます。ルパン三世では石川五右ェ門を通して描き、沖田総司を主人公とした【幕末ヤンキー】ではヤンキーとの対立構図を描きます。

モンキー・パンチ

ジョージ秋山

ジョージ秋山
【銭ゲバ】、【アシュラ】など少年漫画で残酷描写の中に無情を描いた作風で知られるジョージ秋山。少年漫画を離れると青年漫画雑誌で連載44年に及んだ【浮浪雲】など、池波正太郎人気以降、時代劇漫画を数多く描いていきます。青年向けでは逆に残酷描写は抑えられるも無情さは変わらず描かれます。それは青年向けの時代劇漫画【女形気三郎】でも変わりません。

ジョージ秋山

小池一夫

小池一夫
【子連れ狼】(小島剛夕作画)で知られる劇画原作者・小池一夫(こいけかずお)。歴史・時代小説家の山手樹一郎の弟子となり、山本周五郎にも教えを乞いました。その後さいとう・たかをのもとで漫画原作者となり、歴史・時代小説の魅力を漫画の世界に本格的にもたらしました。その影響は、子連れ狼だけでなく【修羅雪姫】(上村一夫作画)など、海外の有名映画にまで及んでいます。

小池一夫

平田弘史

平田弘史
【薩摩義士伝】で知られる平田弘史(ひらたひろし)。劇画を普及させたさいとう・たかをと同時期に貸本漫画で活動を始め、【名刀流転】などを描きます。平田は寡作になるほど時代考証や実証研究に徹底的にこだわります。【首代引受人】という独自の時代劇漫画も数行の歴史資料をもとに考え出します。

平田弘史

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎
【サイボーグ009】や【仮面ライダー】シリーズなどで知られる石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)。それら代表作と同時期、青年漫画雑誌創刊ラッシュの中で少年漫画版を描き直した時代劇漫画【佐武と市捕物控】、【仮面ライダー】の時代劇版が目指された【変身忍者嵐】を描いています。石ノ森の連載に先駆けては、忍者や勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズがブームとなっていました。

石ノ森章太郎

白土三平

白土三平
【忍者武芸帳 影丸伝】、【カムイ伝】などで知られる白土三平(しらとさんぺい)。それら2作や【カムイ外伝】では忍者を軸に描きます。カムイ伝を描くために自費で青年漫画雑誌を創刊した白土は、当時の学生運動の気運と相まって、それまでの子供向けだった漫画的表現にリアリズムをもたらします。剣技の描写も変化しました。

白土三平

横山光輝

横山光輝
【鉄人28号】、【バビル2世】などで知られる横山光輝(よこやまみつてる)。白土三平、山田風太郎らの人気で生じた忍者ブームを【伊賀の影丸】、【仮面の忍者 赤影】などで上手に取り入れました。青年漫画雑誌興隆の中で時代劇漫画が盛り上がった時期には、【闇の土鬼】で史実を押さえた手法に歩み出し、青年漫画的な骨太の少年漫画を生み出します。

横山光輝

小島剛夕

小島剛夕
白土三平【カムイ伝】、小池一夫原作【子連れ狼】の作画でも知られる小島剛夕(こじまごうせき)。抜け忍を描いた自作【土忍記】とその連作【孤剣の狼】を、青年漫画雑誌の創刊ラッシュの中で描きます。その後、柴田錬三郎の時代小説の漫画化や原作つきで数多くの作画を手がけていく小島は、青年漫画の興隆とともに時代劇漫画を大きく発展させます。

小島剛夕

注目ワード

注目ワード