戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

横山光輝

文字サイズ

【鉄人28号】、【バビル2世】などで知られる横山光輝(よこやまみつてる)。白土三平、山田風太郎らの人気で生じた忍者ブームを【伊賀の影丸】、【仮面の忍者 赤影】などで上手に取り入れました。青年漫画雑誌興隆の中で時代劇漫画が盛り上がった時期には、【闇の土鬼】で史実を押さえた手法に歩み出し、青年漫画的な骨太の少年漫画を生み出します。

横山光輝の初期刀剣漫画

横山光輝は手塚治虫の【メトロポリス】に影響を受け、本格的に漫画家を志します。大阪で貸本漫画に携わり、【音無しの剣】で単行本デビュー。音無しの剣と言われた江戸時代後期の実在の剣客・高柳又四郎をモデルにした少年剣士を描きました。

その後も、2つの妖刀を巡る【魔剣烈剣】、幕末の実在の剣客・男谷精一郎を描いた【竜車の剣】、【白竜剣士】、林不忘原作【丹下左膳】などの刀剣漫画を発表します。

手塚とは交流も生まれ、手塚原作/横山作画の漫画も発表し、手塚の助手も担当します。そして手塚の【鉄腕アトム】と同じ月刊少年漫画雑誌に連載した【鉄人28号】が最初のヒットになりました。

その同じ時期には、【風の天兵】や、テレビドラマと連動した北村寿夫原作の【風小僧】、必殺剣「木の葉返し」を会得しようとする少年剣士を描いた【くれない頭巾】などの刀剣漫画も描いています。

横山と戦後の忍者ブーム

鉄人28号がラジオドラマ化・実写テレビドラマ化されるなか、横山は伊賀忍者を主人公とした【伊賀の影丸】(1961-1966年〔週刊少年サンデー〕連載)を発表します。

司馬遼太郎【梟の城】、山田風太郎の【忍法帖】シリーズ、白土三平【忍者武芸帳 影丸伝】、村山知義【忍びの者】などが注目されている時期でした。

横山の忍者物の初の長編となった伊賀の影丸は連載3年目に、映画化・テレビ人形劇化されて人気になります。忍者ブームも生まれ、10人の漫画家によるリレー作【忍法十番勝負】(1964年〔冒険王〕連載)で横山は、リレーの最後を受け持ちました。

モノクロからカラーへとテレビが移り変わっていくこの時期、横山は、日本初の少女向けアニメとなった【魔法使いサリー】や、【ジャイアントロボ】、【コメットさん】の原作でテレビ番組に深くかかわっていきます。

特撮テレビドラマと連動して描くことになった【仮面の忍者 赤影】(1967-1968年〔週刊少年サンデー〕連載*連載開始時【飛騨の赤影】)を、伊賀の影丸と入れ替わるかたちで発表し、こちらも人気を博しました。

横山の刀剣キャラ① 霞の小太刀の使い手・鴉

横山は短編【愛執】【魔剣】をもとに長編【血笑鴉(けっしょうがらす)】(1970-1972年〔現代コミック〕〔週刊漫画アクション〕連載)を発表します。

記憶を失った剣客があてのない旅を続ける中で、金や愛欲のために手段を選ばず、様々な暗殺を請け負っていきます。名を忘れた主人公・鴉(からす)は、霞の小太刀(かすみのこだち)という剣技を駆使します。それは、「1振りしたと見えたときは2振りしており2振りしたと見えたときは3振り」している剣技です。

「名無し鴉」【血笑鴉】より

「名無し鴉」
【血笑鴉】より

霞の小太刀の説明は、ろうそくを使っての描写も行なわれました。勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズ(原作・子母澤寛)で先行した手法です。鴉は、シューッと横にろうそくを斬ると、ろうそくはポロッと下へ転がり、落ちた側がパタッと真っ二つに割れました。

「名無し鴉」【血笑鴉】より

「名無し鴉」
【血笑鴉】より

横山の刀剣キャラ② 霞み切りの使い手・鴉

血笑鴉は連載終了の5年後、少年漫画雑誌で再開されます(1977年〔月刊少年チャンピオン〕連載)。鴉は過去の罪を消すことはできず、山での隠居生活を追われ、再び町に出ることになります。このとき霞の小太刀の他に、秘剣・霞み切り(かすみぎり)が披露されます。横山は青年漫画雑誌と少年漫画雑誌で描写を変えました。

「奉納試合」【血笑鴉】より

「奉納試合」
【血笑鴉】より

「奉納試合」【血笑鴉】より

「奉納試合」
【血笑鴉】より

青年劇画・漫画雑誌の興隆

貸本漫画から月刊・週刊少年漫画雑誌への移り変わりに続いた青年劇画・漫画雑誌の創刊時期(〔週刊漫画アクション〕、〔ビッグコミック〕、〔別冊プレイボーイCOMICS クレイジー〕、〔プレイコミック〕など)、横山も青年漫画を描いていきます。

伊賀の影丸、仮面の忍者 赤影で描いた江戸幕府の隠密、木下藤吉郎や織田信長の配下の体制寄りとは違い、青年漫画では、不条理な仇討ち、愛憎、裏切り、暗殺などを通してアウトローを描きました。それらの短編が長編の血笑鴉や【闇の土鬼】のアイデアとなっていきました。

横山の刀剣キャラ③ 裏の武芸の使い手・土鬼

「霧と四鬼」【闇の土鬼】より

「霧と四鬼」
【闇の土鬼】より

横山は代表作のひとつとなる【バビル二世】を経て、短編【暗殺道場】をもとに長編・闇の土鬼(1973-1974年〔週刊少年マガジン〕連載)を発表します。

闇の土鬼の主人公は、百姓の家に生まれてすぐに貧しさから間引きのために土に埋められます。そこを通りがかった僧にもらわれ、土の中から生まれてきた鬼の子として、土鬼(どき)と名付けられました。間引きのときの後遺症から右目と左腕が不自由なものの、天賦の才ゆえに育ての親から中国武術をもとに編み出された「裏の武芸」を教わります。

中国渡来の七節棍を主たる武器とする土鬼は、秘密の技として2本の刀剣を駆使する剣技も会得しています。1本の刀を敵の頭上に落下するよう投げ、手にしたもう1本の刀で敵に立ち向かい、頭上と正面との両方で攻める剣技です。この剣技を横山は塚原卜伝の一の太刀と称しました。

鴉の霞の小太刀と土鬼の塚原卜伝の一の太刀、ともに一挙両得的な剣技となっています。

「霧と四鬼」【闇の土鬼】より

「霧と四鬼」
【闇の土鬼】より

横山の本格的歴史・時代劇漫画【闇の土鬼】

闇の土鬼は、豊臣家と徳川家がせめぎあっていた時期、徳川方の暗殺集団として働いたとする血風党と、血風党の脱党者に育てられた土鬼との対立が軸です。

横山はそこに、江戸幕府第3代将軍・徳川家光とその弟・忠長との対立という史実を盛り込みました。土鬼、組織維持のために暗殺帖を盾に幕府を脅す血風党、血風党と連携する幕府に不満を持つ忠長、それらアウトローを幕府は柳生十兵衛に命じて一挙に亡き者にしようとする骨太な漫画です。

暗殺帖や公儀の裏側で暗躍する柳生像は、五味康祐【柳生武芸帳】の着想を受け継いでいます。

横山はその後、中国史物、戦国時代物、山岡荘八の原作物に力を入れていきます。青年劇画・漫画の興隆期に描かれた血笑鴉、闇の土鬼は、少年も青年もどちらも楽しめる刀剣漫画です。

著者名:三宅顕人

横山光輝

横山光輝をSNSでシェアする

「戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


梶原一騎

梶原一騎
【巨人の星】、【あしたのジョー】、【タイガーマスク】などで知られる漫画原作者・梶原一騎(かじわらいっき)。梶原は後発の劇画原作者・小池一夫が台頭してきた時期、小池の主戦場の時代劇漫画に挑戦しました。虚実混交を得意とする梶原は、青年向けでは宮本武蔵を取り上げた【斬殺者】を、少年向けでは男谷信友と榊原健吉を取り上げた【剣は道なり】を発表します。

梶原一騎

モンキー・パンチ

モンキー・パンチ
【ルパン三世】で知られるモンキー・パンチ。アメリカの映画と漫画に大きな影響を受けたモンキー・パンチは青年漫画雑誌を拠点に、西洋VS東洋の構図を描き続けます。ルパン三世では石川五右ェ門を通して描き、沖田総司を主人公とした【幕末ヤンキー】ではヤンキーとの対立構図を描きます。

モンキー・パンチ

ジョージ秋山

ジョージ秋山
【銭ゲバ】、【アシュラ】など少年漫画で残酷描写の中に無情を描いた作風で知られるジョージ秋山。少年漫画を離れると青年漫画雑誌で連載44年に及んだ【浮浪雲】など、池波正太郎人気以降、時代劇漫画を数多く描いていきます。青年向けでは逆に残酷描写は抑えられるも無情さは変わらず描かれます。それは青年向けの時代劇漫画【女形気三郎】でも変わりません。

ジョージ秋山

小池一夫

小池一夫
【子連れ狼】(小島剛夕作画)で知られる劇画原作者・小池一夫(こいけかずお)。歴史・時代小説家の山手樹一郎の弟子となり、山本周五郎にも教えを乞いました。その後さいとう・たかをのもとで漫画原作者となり、歴史・時代小説の魅力を漫画の世界に本格的にもたらしました。その影響は、子連れ狼だけでなく【修羅雪姫】(上村一夫作画)など、海外の有名映画にまで及んでいます。

小池一夫

平田弘史

平田弘史
【薩摩義士伝】で知られる平田弘史(ひらたひろし)。劇画を普及させたさいとう・たかをと同時期に貸本漫画で活動を始め、【名刀流転】などを描きます。平田は寡作になるほど時代考証や実証研究に徹底的にこだわります。【首代引受人】という独自の時代劇漫画も数行の歴史資料をもとに考え出します。

平田弘史

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎
【サイボーグ009】や【仮面ライダー】シリーズなどで知られる石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)。それら代表作と同時期、青年漫画雑誌創刊ラッシュの中で少年漫画版を描き直した時代劇漫画【佐武と市捕物控】、【仮面ライダー】の時代劇版が目指された【変身忍者嵐】を描いています。石ノ森の連載に先駆けては、忍者や勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズがブームとなっていました。

石ノ森章太郎

さいとう・たかを

さいとう・たかを
【ゴルゴ13】で知られるさいとう・たかを。黒澤明の時代劇映画に夢中になる映画青年を経て漫画家に。手塚治虫に対抗して「劇画」という言葉を広めたさいとうは、【無用ノ介】で劇画の手法を少年漫画にもたらしました。続いて描いた週刊誌における日本初の劇画連載となった【影狩り】でさらに劇画を広めました。

さいとう・たかを

白土三平

白土三平
【忍者武芸帳 影丸伝】、【カムイ伝】などで知られる白土三平(しらとさんぺい)。それら2作や【カムイ外伝】では忍者を軸に描きます。カムイ伝を描くために自費で青年漫画雑誌を創刊した白土は、当時の学生運動の気運と相まって、それまでの子供向けだった漫画的表現にリアリズムをもたらします。剣技の描写も変化しました。

白土三平

手塚治虫

手塚治虫
「漫画の神様」と謳われる手塚治虫(てづかおさむ)。テレビドラマ・映画による新選組ブームの時期には【新選組】を描いています。水木しげる人気の中では【どろろ】を描きました。手塚が青年漫画へ移行する直前のそれら2作の少年漫画では、ともに刀剣の持つ怪しさが描かれます。

手塚治虫

注目ワード
注目ワード