戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

白土三平

文字サイズ

【忍者武芸帳 影丸伝】、【カムイ伝】などで知られる白土三平(しらとさんぺい)。それら2作や【カムイ外伝】では忍者を軸に描きます。カムイ伝を描くために自費で青年漫画雑誌を創刊した白土は、当時の学生運動の気運と相まって、それまでの子供向けだった漫画的表現にリアリズムをもたらします。剣技の描写も変化しました。

白土三平の初期刀剣漫画

白土三平は、大阪で加太こうじ(【黄金バット】を普及)が取り仕切る紙芝居の仕事を経て漫画家となり、手塚治虫を手本に貸本漫画を描きます。

単行本デビュー作【こがらし剣士】以降、【甲賀武芸帳】、【嵐の忍者】、【死神剣士】、【忍者旋風】シリーズ、【闇の斬剣】などの刀剣漫画を発表しました。林不忘【丹下左膳】や五味康祐【柳生武芸帳】などの影響を受けて描かれ、無想剣、回転稲妻斬り、秘剣ハヤブサ斬りなどの剣技を生み出しました。

織田信長と一揆の争いの裏側を描く

白土は、貸本漫画【忍者武芸帳 影丸伝】(1959-1962年, 三洋社、東邦漫画出版社)で広くその名が知られていきます。織田信長と一揆の争い、明智光秀の死去など戦国時代の史実を背景に、その裏側で百姓を陰で支援する忍者・影一族の動きが描かれました。

白土の刀剣キャラ① 陰の流れの剣客・影丸

主人公の影丸(かげまる)は、神出鬼没の不死身とも呼ばれる忍者です。

白土が創造した「陰の流れ」に属します。陰の流れは、陰流の始祖・愛洲移香斎(あいすいこうさい)の系譜で、新陰流―柳生新陰流の剣法の系譜に対し、忍法の系譜と白土は記しました。陰流の系譜の影丸は、そのため剣客でもあります。

白土はそんな影丸の絵柄を、プロレタリア画家の父から学んだロシアの農民反乱の指導者、スチェパン(ステンカ)・ラージンの肖像画から着想したとも言われます。

「地摺り斬月剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「地摺り斬月剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

白土の刀剣キャラ② 陰の流れの剣客・無風道人

影丸は、無風道人(むふうどうじん)から陰の流れを教わりました。無風は、「剣は強ければよい」、「もっとも人殺しの術にすぐれた者がすぐれた剣客」という考えの持ち主です。

その腕前で武士と交渉して首を納めて賞金を稼いでは貧しい民に金を配り歩き、金で世の中を救おうとしています。そのため、織田信長と交渉し、弟子・影丸の命を狙うような人物でもあります。

そんな無風は、物語の後半、陰流の同門で新陰流創始者・上泉信綱(かみいずみのぶつな)と相対し、信綱の「邪法」という言葉に「出世のかざりもんに剣法を下落させた」、「偽善者」の言葉を返して勝利を収め、無敵の強さを誇ります。

「流水(4)」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「流水(4)」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

「流水(4)」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「流水(4)」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

無風は忍者武芸帳 影丸伝完結の3年後、その若き頃が描かれた貸本漫画が執筆されるほどの特別なキャラクターです。のちに【無風伝】としてまとめられました。

白土の刀剣キャラ③ 疾風剣の使い手・結城重太郎

忍者武芸帳 影丸伝は、結城重太郎(ゆうきじゅうたろう)がもうひとりの主人公です。出羽国の伏影城の城主・結城隼人光春の一子・重太郎は、坂上主膳に父を殺され城を奪われたことから、主膳の命を狙い続けます。それは影丸の想いとも重なり、重太郎は何度もピンチを影丸に助けられます。

そんな重太郎は敵討ちの中で、様々な剣技を学んでいきます。上泉信綱(新陰流創始者)の息子・秀胤(ひでたね)からは、陰の流れの疾風剣(しっぷうけん)を教わります。それは、水平に構えた剣を、受けと攻撃とを疾風のような素早さで一動作を完了する剣で、同時に複数の相手を倒せる剣技です。

「無風道人(2)」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「無風道人(2)」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

「無風道人(2)」<br>【忍者武芸帳 影丸伝】より

「無風道人(2)」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

そして無風道人からは、吹毛剣(すいもうけん)を教わります。それは、うさぎを傷付けずに毛1本だけを斬れるような細やかな剣技です。

さらに唐忍法の使い手・宗忍性(そうにんしょう)からは、波の鼓(なみのつづみ)を教わります。打ち寄せる千変万化な波の飛沫をもかわし、戻る波に紛れて攻める訓練で生まれます。実戦では、後方に飛びあがったのちに前進して一気に敵を倒す、体の動きを使った剣技です。

「秘太刀」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「秘太刀」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

「波の鼓」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「波の鼓」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

白土の刀剣キャラ④ 地摺り斬月の剣の使い手・蛍火

忍者武芸帳 影丸伝には女性の剣客も登場します。伊賀忍者を抜けた女性の抜け忍・蛍火(ほたるび)は、忍剣を用います。

明智光秀のもとで働くことになり、影丸や重太郎と争うこととなった蛍火は、刃を上に向け刀を下方に構え、地面に這わすようにして斬る、地摺り斬月の剣(じずりざんげつのけん)で、重太郎の左腕を斬り落としました。

「地摺り斬月の剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「地摺り斬月の剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

「地摺り斬月の剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「地摺り斬月の剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より


「地摺り斬月の剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「地摺り斬月の剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

白土の刀剣キャラ⑤ 居合術の祖・林崎甚助

忍者武芸帳 影丸伝では、影丸と重太郎の他に、実在した林崎甚助(はやしざきじんすけ)の人生も交差します。

抜刀の瞬間に相手を倒す居合術の祖とされる甚助は、浅野重治の一子で、坂上主膳に父を殺されたことで主膳の命を狙いました。

白土はその史実に加えて、甚助は肺を病んだことで一瞬の抜刀に賭ける居合術を生み出したとし、目はくぼみ痩せこけた独自の甚助像を作り出しました。

そして、抜刀時に刀身の見えない早業を描きました。

「疾風剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「疾風剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

「疾風剣」【忍者武芸帳 影丸伝】より

「疾風剣」
【忍者武芸帳 影丸伝】より

漫画と写実の混合

白土は忍者武芸帳 影丸伝で注目されると、継続して描いた貸本漫画(【剣風記】、【赤目】、【真田剣流】、【忍法秘話】など)以外の世界にも活躍の場が広がります。

少年忍者の活躍を描いた【サスケ】(1961-1966年〔少年〕連載)や、【カムイ伝】の第1部(1964-1971年〔月刊漫画ガロ〕連載)を月刊漫画雑誌に描いていきます。

白土はサスケと【シートン動物記】(内山賢治原作)で第4回講談社児童まんが賞も受賞しました。カムイ伝第1部ではカムイ(非人)・正助(百姓)・草加竜之進(武士)の身分の違う者達を通して階級闘争を描くなど、白土の転換期となりました。

白土はカムイ伝発表にあたり、赤目プロダクションを設立し、その掲載誌として自費で漫画雑誌を創刊します。

これが、のちに多くの青年漫画雑誌の創刊を誘発していくことになります。またカムイ伝では、時代劇漫画で定評のあった小島剛夕を作画に迎え、それまでの漫画的な絵と小島の写実的な絵との混合を目指していきます。

白土と週刊少年漫画雑誌

白土は創刊が続く週刊少年漫画雑誌にも発表します(【風の石丸】、【狼小僧】など)。赤目プロ設立後は、村山知義【忍びの者】の上忍・中忍・下忍の階級闘争のアイデアに着想を得た【ワタリ】(1965-1966年〔週刊少年マガジン〕連載)や、カムイ外伝の第1部(1965-1967年〔週刊少年サンデー〕連載)などを同時期に描きました。

白土の刀剣キャラ⑥ 夙流変移抜刀霞斬りの使い手・カムイ

カムイ外伝は、カムイ伝の主要登場人物・カムイを主人公に描かれます。

「抜け忍」のカムイは追って来る敵に対し、夙流変移抜刀霞斬り(しゅくりゅうへんいばっとうかすみぎり)で立ち向かいます。それは、小刀を敵に見えないよう後ろに差し、左右どちらから抜刀するのかが分からない剣技です。

白土は漫画的と写実的な混合の新たな表現として、夙流変移抜刀霞斬りを図解で描いています。

「飯綱落とし」【カムイ外伝】より

「飯綱落とし」
【カムイ外伝】より


「飯綱落とし」【カムイ外伝】より

「飯綱落とし」
【カムイ外伝】より

「飯綱落とし」【カムイ外伝】より

「飯綱落とし」
【カムイ外伝】より

白土漫画は〔ガロ〕刊直後以後、次々とアニメ化・映画化されていき、学生運動の当時の時代背景も相まって白土は時の人になっていきます。

そのとき白土の刀剣漫画は社会の投影が大きく意識され、漫画的な物から写実的な物へとなっていました。

著者名:三宅顕人

白土三平

白土三平をSNSでシェアする

「戦前生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


梶原一騎

梶原一騎
【巨人の星】、【あしたのジョー】、【タイガーマスク】などで知られる漫画原作者・梶原一騎(かじわらいっき)。梶原は後発の劇画原作者・小池一夫が台頭してきた時期、小池の主戦場の時代劇漫画に挑戦しました。虚実混交を得意とする梶原は、青年向けでは宮本武蔵を取り上げた【斬殺者】を、少年向けでは男谷信友と榊原健吉を取り上げた【剣は道なり】を発表します。

梶原一騎

モンキー・パンチ

モンキー・パンチ
【ルパン三世】で知られるモンキー・パンチ。アメリカの映画と漫画に大きな影響を受けたモンキー・パンチは青年漫画雑誌を拠点に、西洋VS東洋の構図を描き続けます。ルパン三世では石川五右ェ門を通して描き、沖田総司を主人公とした【幕末ヤンキー】ではヤンキーとの対立構図を描きます。

モンキー・パンチ

ジョージ秋山

ジョージ秋山
【銭ゲバ】、【アシュラ】など少年漫画で残酷描写の中に無情を描いた作風で知られるジョージ秋山。少年漫画を離れると青年漫画雑誌で連載44年に及んだ【浮浪雲】など、池波正太郎人気以降、時代劇漫画を数多く描いていきます。青年向けでは逆に残酷描写は抑えられるも無情さは変わらず描かれます。それは青年向けの時代劇漫画【女形気三郎】でも変わりません。

ジョージ秋山

小池一夫

小池一夫
【子連れ狼】(小島剛夕作画)で知られる劇画原作者・小池一夫(こいけかずお)。歴史・時代小説家の山手樹一郎の弟子となり、山本周五郎にも教えを乞いました。その後さいとう・たかをのもとで漫画原作者となり、歴史・時代小説の魅力を漫画の世界に本格的にもたらしました。その影響は、子連れ狼だけでなく【修羅雪姫】(上村一夫作画)など、海外の有名映画にまで及んでいます。

小池一夫

平田弘史

平田弘史
【薩摩義士伝】で知られる平田弘史(ひらたひろし)。劇画を普及させたさいとう・たかをと同時期に貸本漫画で活動を始め、【名刀流転】などを描きます。平田は寡作になるほど時代考証や実証研究に徹底的にこだわります。【首代引受人】という独自の時代劇漫画も数行の歴史資料をもとに考え出します。

平田弘史

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎
【サイボーグ009】や【仮面ライダー】シリーズなどで知られる石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)。それら代表作と同時期、青年漫画雑誌創刊ラッシュの中で少年漫画版を描き直した時代劇漫画【佐武と市捕物控】、【仮面ライダー】の時代劇版が目指された【変身忍者嵐】を描いています。石ノ森の連載に先駆けては、忍者や勝新太郎主演の映画【座頭市】シリーズがブームとなっていました。

石ノ森章太郎

さいとう・たかを

さいとう・たかを
【ゴルゴ13】で知られるさいとう・たかを。黒澤明の時代劇映画に夢中になる映画青年を経て漫画家に。手塚治虫に対抗して「劇画」という言葉を広めたさいとうは、【無用ノ介】で劇画の手法を少年漫画にもたらしました。続いて描いた週刊誌における日本初の劇画連載となった【影狩り】でさらに劇画を広めました。

さいとう・たかを

横山光輝

横山光輝
【鉄人28号】、【バビル2世】などで知られる横山光輝(よこやまみつてる)。白土三平、山田風太郎らの人気で生じた忍者ブームを【伊賀の影丸】、【仮面の忍者 赤影】などで上手に取り入れました。青年漫画雑誌興隆の中で時代劇漫画が盛り上がった時期には、【闇の土鬼】で史実を押さえた手法に歩み出し、青年漫画的な骨太の少年漫画を生み出します。

横山光輝

手塚治虫

手塚治虫
「漫画の神様」と謳われる手塚治虫(てづかおさむ)。テレビドラマ・映画による新選組ブームの時期には【新選組】を描いています。水木しげる人気の中では【どろろ】を描きました。手塚が青年漫画へ移行する直前のそれら2作の少年漫画では、ともに刀剣の持つ怪しさが描かれます。

手塚治虫

注目ワード
注目ワード