甲冑(鎧兜)の分類
甲冑を比較する
甲冑(鎧兜)の分類
甲冑を比較する

文字サイズ

「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑の主な種類と変遷(大鎧、胴丸、腹巻、当世具足)

「甲冑」は、基本的に「甲」(=体を守る鎧[よろい])と、「冑」(=頭にかぶる兜[かぶと])のこと。この2つを総称して甲冑(鎧兜)と言い、時代によって形状や呼び方が異なります。

まずは、甲冑(鎧兜)の主な種類と変遷についてご紹介します。

平安末期に登場した甲冑(大鎧、胴丸、腹巻)

甲冑(鎧兜)には、主に「大鎧」(おおよろい)、「胴丸」(どうまる)、「腹巻」(はらまき)、「当世具足」(とうせいぐそく)の4つがあります。皆さんが甲冑(鎧兜)と聞いて思い浮かべる形状は、平安時代以降の甲冑(鎧兜)です。特に「源平の戦い」で登場してくるような大鎧は、皆さんも見たことがある形状だと思います。この大鎧の他に、胴丸、腹巻も平安末期に登場していたのです。

戦い方の変化と共に変わった価値観

胴丸や腹巻は、身分の低い者が着けていました。そのため当初の甲冑(鎧兜)は、大鎧のように兜が付随しなかったことが特徴です。その後、馬に乗っての戦いから、機動力を活かした歩きによる戦いに変わったため、胴丸や腹巻はより軽量化。南北朝時代以降は、上級武士も胴丸、腹巻を使用することが多くなり、兜も着けられるようになるのです。

時代の最先端を行く当世具足

戦国時代の末期になると、槍や鉄砲が戦いの武器として主力化。大鎧、胴丸、腹巻には、「小札」(こざね)と呼ばれる小さな革や、鉄の板を「威毛」(おどしげ)と呼ばれる絹糸で綴り合わせて作られるようになりました。しかし、これらは大量生産がなかなかできなかったことに加え、さらなる強度アップが必要に。そこで登場したのが、当世具足です。

なお、「当世」とは現代のこと。この時代の最先端の具足であることから、この当世具足の呼び名が付きました。現存している甲冑(鎧兜)の多くは、この当世具足だと言えます。

大鎧の特徴

大鎧は、平安時代に登場した甲冑(鎧兜)で、上級の騎馬武者が着用する物でした。当時の戦いの主流は、馬上からの弓による攻撃。大鎧には、弓を射やすくすると同時に、敵の矢から身を守るための工夫が施されていました。

栴檀板と鳩尾板

栴檀板と鳩尾板

栴檀板と鳩尾板

この頃の戦いは、馬に乗って戦うことが多かったため、馬に乗りやすいように、胴の下にある「草摺」(くさずり)と言うパーツが、4枚形状の物となっています。また、馬に乗っての攻撃には弓が欠かせなかったため、馬上から弓を射やすいように工夫されていたのも特徴のひとつです。

大鎧を前から見ると、胸元に異なる形状のアイテムが付いています。これは向かって左が「栴檀板」(せんだんのいた)、向かって右が「鳩尾板」(きゅうびのいた)と呼ばれる物です。どちらも、弓を射る際に胸元を防御するために考えられたアイテム。栴檀板は、弓を引く際に邪魔にならないように、小札と呼ばれる小さな革や鉄の板を威毛と呼ばれる絹糸などで綴り合わせて作られているので、弓が引きやすくなっています。

一方、弓を引く際に敵に一番近い胸を守るのが鳩尾板と言われる鉄でできた板状の物。非常に硬くできており、飛んできた矢を弾くほどです。

敵の矢から肩を守る大袖

大鎧のもうひとつの特徴が、「大袖」(おおそで)です。肩を守るために、大きな板のような形状になっていて、大袖は小札で作られています。通常6段でできているのが一般的ですが、鎌倉時代には7段となった物もあります。

大袖は、矢を防ぐため硬くできており、左の袖を「射向の袖」(いむけのそで)、右の袖を「馬手の袖」(めてのそで)と呼びます。敵に対面することになる左側の袖は、非常に硬く作られているのです。

胴丸の特徴

挂甲

挂甲

胴丸は、大鎧と同時代の平安時代に登場した甲冑(鎧兜)。胴丸は、奈良時代の武具である「挂甲」(けいこう)を原型とし、大鎧の要素を持ち合わせながら、徒歩で戦う徒歩者用として発達した甲冑(鎧兜)です。

大鎧から胴丸へ

平安から鎌倉時代は、馬上で戦う位の高い武士は大鎧を着用し、徒歩で戦う雑兵が胴丸を着用しており、兜は着用されていませんでした。

南北朝時代になると戦法の変化に伴い、胴丸が多用されるようになります。それまでは、主に雑兵が着用していた胴丸ですが、この時代になると騎乗の将士も好んで着用するようになりました。これにより、胴丸は実用性を備え、将士にもふさわしいデザインへと変化していきます。

脱着の利便性

胴丸

胴丸

胴丸の特徴としては、前面の防御と着脱の利便性を追求した結果、胴を丸くひと回りして右脇で引き合わせる形式になったとされています。

また、足さばきがしやすいよう草摺の数が4間から8間に変化しましたが、8間草摺は4間草摺の大鎧、7間草摺の腹巻・当世具足と間数が異なる点が大きな特徴です。

機動性確保と軽量化

胴丸は大鎧に比べて胸部に隙間があったため、この部分を守るために「喉輪」(のどわ)が付けられるようになりました。

また、大鎧に付いていた栴檀板や鳩尾板のように、肩を防御する「杏葉」(ぎゅうよう)が付いているのも胴丸の特徴のひとつ。南北朝時代からは胴丸の武士も兜と大袖を着用するようになり、この杏葉も胴丸に大袖が付属した影響で、肩の上部から肩の前面に移動した形式となったのです。

戦い方にも変化があり、南北朝時代以降は馬上戦から徒歩戦(打物戦)が主流となります。徒歩戦は動きやすさが重視されていたため、胴丸は裾広がりの形から、腰がややくびれた形へと改良されていきました。このくびれにより、肩にかかっていた甲冑(鎧兜)の重みを腰で支えることになり、重みが軽減されたのです。

腹巻の特徴

腹巻

腹巻

腹巻は、大鎧と同じ時代に流行した鎧の一形式で、簡易な鎧である腹当てから進化して誕生したと考えられています。

この腹巻は、背中から体を入れて背面部分で引き合わせて着用する形式です。当初は、兜や袖、籠手(こて)、臑当(すねあて)などは付属せず、胴体に着けるだけの軽武装の物でした。

胴丸と腹巻の違い

現在胴丸と呼ばれている形式は、室町時代までは腹巻と呼ばれていたと言われており、その後、室町時代末期頃から右合わせの銅を胴丸と呼び、背引合わせの銅を腹巻と呼ぶことが多くなり、現在もこの呼び方が受け継がれています。

一般武士の間で実用化した室町末期

徒歩戦に適した実用性の高い腹巻は、下級の武士に多く用いられていましたが、南北朝時代の頃から兜や袖、籠手、臑当などを具備して重武装化していき、室町時代の頃より上級の武士たちにも着用されるようになっていきました。

南北朝時代には、草摺を5間から7間に増やした腹巻が作られはじめ、室町時代には7間草摺が定着したとされています。また、大鎧や胴丸と同様に、進化するにつれて腰がくびれていきました。

南北朝・室町時代に多く作られたのが、革包(かわつつみ)や布帛包(ふはくつつみ)の腹巻で、小札を再利用できるメリットがあり、修理も簡易に行なえました。また、威(おどし)には「毛引威」(けびきおどし)と「素懸威」(すがけおどし)があり、小札製と比べて制作も修理も簡易であったため、室町時代末期より一般武士の実用品として用いられるようになりました。

当世具足の登場で衰退

室町時代末期になると、防御力を強化するための「背板」(せいた)という腹巻特有の装置が登場し、背の引合せ部分に追加されました。この背板を、別名「臆病板」(おくびょういた)と言います。

背板が付けられるまでは、背中の押付板(おしつけのいた)の左右に付いた八双金具(はっそうかなぐ)に、鐶(かん)を打って袖の緒を結び付けていましたが、背板が付けられてからは、背板に大鎧と同様の総角付(あげまきつけ)の鐶を付けて、袖の水吞(みずのみ)の緒・懸緒(かけお)を取り付けるようになりました。

腹巻は南北朝・室町時代には、胴丸と共に鎧の主流となりますが、安土桃山時代には当世具足(とうせいぐそく)の登場により、その存在も薄れていったのです。

当世具足の特徴

当世具足は、室町時代の末期から安土桃山時代に誕生した甲冑(鎧兜)。平安時代に登場した大鎧、胴丸、腹巻を進化させた甲冑(鎧兜)が、当世具足です。

「当世」とは現代、「具足」はすべて備わっているという意味。槍や鉄砲を用いた戦いに対応した丈夫で軽快に動けるように様々な工夫がされている具足でした。

大きく進化した胴

当世具足の特徴

当世具足の特徴

当世具足の見どころとしては、胴の形状に特徴があり、右で引き合せる胴は、丸胴、2枚胴、5枚胴、6枚胴と種類があり、胴の繋ぎ目である蝶番の数で呼び名が変わります。

また、胴も小札と威で作られていた物が、伊予札(いよざね)や板札(いたざね)の登場で槍や鉄砲からの攻撃にも強く、制作するのが簡単であったため、当世具足から甲冑(鎧兜)の胴は大きく進化していきました。

動きやすく防御力も高い当世具足

当世具足

当世具足

大鎧、胴丸、腹巻にも付いていた草摺と胴をつなぐ「揺絲」(ゆるぎのいと)は、当世具足からは約3倍の長さになり、大小2振の打刀を差せるよう、帯を巻いても動きやすく工夫されています。当世具足には、「佩楯」(はいだて)と呼ばれるエプロンのような形状の、太ももを攻撃から守るアイテムが必ず付いているのです。

戦国時代の映画を見ると、合戦で背中に旗を差して戦うシーンがあります。これは、当世具足の背中に差す「指物」(さしもの)です。戦場で、敵か味方かを識別するための重要な目印として差していました。安土桃山時代には、顔を守るための「面頬」(めんぼう)が付いていることも特徴です。このように、当世具足は槍や鉄砲などを使った集団戦において、動きやすく防御力の高い甲冑(鎧兜)と言えるでしょう。

和製南蛮胴の登場

安土桃山時代には、中国からの貿易も盛んとなり、高級だった朱漆塗(しゅうるしぬり)や金銀箔による装飾を施した甲冑(鎧兜)も登場してきました。

さらに南蛮貿易も盛んになったことで、ヨーロッパで使われていた甲冑(鎧兜)を流用した「南蛮胴」も登場します。しかし、南蛮胴は高級で重さも10kg強と重く、日本人の体には大き過ぎる物でした。そのため、南蛮胴をモチーフにした「和製南蛮胴」も登場しています。

甲冑の違いの見分け方と見どころ

博物館や美術館で皆さんが観る甲冑(鎧兜)の多くは、当世具足です。しかし、当世具足の中でも、デザインや形が異なっています。その理由は、これらが大鎧、胴丸をベースに作られた「復古調」の物が多いため。これを「大鎧仕立て」、「胴丸仕立て」と呼びます。

今回は、復古調の甲冑(鎧兜)の見どころについてご紹介します。

大鎧仕立てと胴丸仕立ての違い

大鎧仕立ての甲冑(鎧兜)は、栴檀板と鳩尾板が必ず付いているので、これが付いていたら大鎧仕立てと言って良いでしょう。この場合、胴は小札と威で作られているのが一般的です。

また、胴の重ねは右脇で引き合わせる形式となっており、胴丸の要素が取り入れられています。これもデザイン性と甲冑(鎧兜)の着やすさ、肩への負担軽減のために腰の部分がくびれている形状となっています。

このように、現在皆さんが目にする甲冑(鎧兜)の当世具足は、昔の大鎧や胴丸の姿を真似て作られた物があるということが分かります。

家中結束の象徴である甲冑

甲冑(鎧兜)は、家中結束の象徴として作られました。各大名家独自の甲冑(鎧兜)として、デザインや色、兜の前立てなどの特徴も異なるので、これも見どころのひとつです。大名家独自のデザインで作られる甲冑(鎧兜)は、注文した方の体のサイズに合わせて作られ、金額的には現在の家一軒分の費用がかかったと記録に残っています。このように、こだわって作られた甲冑(鎧兜)は実戦向きではなく、どちらかと言うと美術品としての価値が高い甲冑(鎧兜)と言えるでしょう。

小札や威にもこだわり、小札の大きさや形を変えたり、威の色を何色も使ったりした物など、非常に手が込んでいる甲冑(鎧兜)もあります。特に、小札に刺繡のように威してデザイン化した物などは、現在の職人技術でも再現することが難しいそうです。そのような甲冑(鎧兜)を見かけた場合は、じっくりと観察してみましょう。

甲冑を比較する

甲冑を比較するをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「甲冑(鎧兜)の分類」の記事を読む


古代の甲冑(短甲・挂甲)

古代の甲冑(短甲・挂甲)
日本における甲冑の歴史は、弥生時代から始まりました。当初は「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)が制作されていましたが、時代を経るにつれて、日本独自の進化が見て取れるように。平安時代になると「大鎧」(おおよろい)が登場し、ここから「日本式甲冑」が発展していったのです。今回は、日本における甲冑制作の黎明期において制作されていた古代の甲冑(短甲・挂甲)についてご紹介します。

古代の甲冑(短甲・挂甲)

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

注目ワード

ページトップへ戻る