兜の役割
陣笠・とんきょ帽
兜の役割
陣笠・とんきょ帽

文字サイズ

室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠のはしり

陣笠の本来的な意味は、戦場において着用する笠。中世における戦(いくさ)の様子を描いた「前九年合戦絵巻」や「後三年合戦絵巻」、「源平盛衰記」などでは、上級武士が藺草(いぐさ)に綾を織り込んだ「綾藺笠」(あやいがさ)を着用している様子が見て取れます。

綾藺笠は、「流鏑馬」(やぶさめ)などの際に被る笠。当時、上級武士の間で、「弓馬術」における必須科目だった流鏑馬は、同時に戦闘訓練でもありました。

足軽が兜の代わりに被っていた陣笠とは、材質・形状共に異なりますが、戦場で着用されていた笠という点においては、綾藺笠も陣笠だったと言えます。そういう意味では、陣笠のはしりであると位置付けることもできるのです。

足軽部隊の結成

鉄黒漆塗り桶側胴と同仕立ての陣笠
鉄黒漆塗り桶側胴と同仕立ての陣笠
室町時代末期になると、それまで後方支援を行なっていた足軽が、部隊として組織化され、最前線で戦うことになります。

前線における集団戦で、最も重要視されたのは機動力。そのため、彼らが身に付けていた甲冑(鎧兜)は簡素な物でした。頭に被った陣笠や、下半身を守る「臑当」(すねあて)、手を守るための「籠手」(こて)も簡素なつくりであることが一般的。

このように、足軽は、主に頭部と胴体部分を守るだけの最低限の軽装で戦場に送り出されていたのです。

足軽のほとんどは、身分が低く貧しい者。このような簡易的な甲冑(鎧兜)であっても、自前で準備できる者は、ほとんどいません。そこで、足軽を抱える領主がそのすべてを準備し、戦のたびに貸し出していました。

足軽に貸し出される「御貸具足」(おかしぐそく)は、汎用性重視の量産品。多くの人の体格に合うように、少し大きめに作られていました。

そして、陣笠や胴の前後などに施されたのが、領主の家紋などの「合印」(あいじるし:戦場で敵味方を判別するためのマーク)。足軽には、槍で戦う長柄足軽、弓で戦う弓足軽、鉄砲隊を形成する鉄砲足軽などが存在していましたが、中でも「長篠の戦い」において、戦国最強との誉れ高かった「武田騎馬隊」を撃破した「織田信長」軍の「足軽鉄砲隊」が有名です。

武具としての陣笠

足軽の象徴

戦国の世において、足軽の頭を守っていた陣笠は、武将の兜とは対照的な物でした。

兜は、被っていた武将の哲学・信仰などを投影した装飾が施され、個性的な物が多数あります。それが武将の権威を示すことにつながっていましたが、薄い鉄や漆塗りの革、貼り重ねた和紙などで作られていた陣笠は、大量生産されたシンプルなつくりで、形は単純な円錐形がほとんどでした。兜のような派手な装飾などもなく、着用者の個性を反映する要素は皆無だったのです。

足軽は下級の兵を総称する言葉。そのため、武将とは異なり、個々について語られることはほとんどありません。当然、歴史の表舞台に出てくることも皆無でした。

現代において、政党幹部に追従するだけの(自分の主義・主張を持たない)議員について、「陣笠連」と表現されることがありますが、没個性の意味で通じるものがあると言えます。

煉革木の字紋陣笠
煉革木の字紋陣笠
種 別 陣笠 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

機能性重視

足軽が身に付けていた陣笠は、見た目こそ簡素でしたが、頭部を守るという目的を達するための工夫が随所に施されていました。

まず、頭部にしっかりと固定するため、アゴ紐を装備。そして、笠の裏側には、衝撃を吸収するために綿を詰めたクッションのような物を取り付けていました。これらは兜にも通じるつくりで、また着用する際には、後頭部から布などを垂らすことによって、直射日光などから後頭部を保護する工夫も施されていたのです。戦において、最前線で火花を散らしていた実働部隊たる足軽にふさわしい、機能性を重視した防具だったと言えます。

機能性の象徴とも言えるのが、「鉄砲隊の陣笠」と呼ばれる陣笠です。直径32~38cmと、通常よりも大きく作られた理由は、個性を表すためではなく実戦を想定したため。戦国時代における「最先端」の兵器である「火縄銃」を扱っていたのは、鉄砲隊を編成する足軽でした。

火縄銃にとって、「火」が命であることは言うまでもありません。戦場で雨が降ったり、風が吹いたりした場合には、火縄や火薬が湿ってしまったり、着いた火が消えてしまったりすることで、鉄砲が使用不能となってしまう危険が生じます。その対策として、火縄や火皿(ひさら:点火用の火薬を盛るための皿)を雨風から守るために、つばを広くしてサイズを大きくしたと言われているのです。

陣笠は、実戦で繰り返し使用されていた武具であったため、消耗が激しく、良好な保存状態で残っている物は多くはありません。現代において観ることのできる足軽陣笠は、激戦を潜り抜けてきた貴重な「生き残り」であると言えるのです。

美術品としての陣笠

江戸時代に入り、戦のない泰平の世になると、支配階級だった武士は、刀剣類や甲冑(鎧兜)などの武具においても、装飾・着こなしなどのセンスを競い合うようになりました。陣笠も例外ではありません。

陣笠

陣笠

日本刀(刀剣)が、人を斬る武器として佩用されることがほとんどなくなっていたのと同様、陣笠も頭部を守るための防具としてではなく、着用者の身分や家格を示すための道具になっていったのです。時代劇などでよく見る、武士が公用外出する際に陣笠を着用している場面が代表的だと言えます。

これらの陣笠は、戦国時代に足軽が使用していた機能性を重視した簡素な物とは異なっています。単純な円錐形ではなく、陣笠の縁を反らせた形状で、表だけでなく裏にも塗りが施され、金銀の箔が貼られることもあるなど、芸術品・装飾品としての側面を有していたのです。

上級武士の中には、季節や用途によって陣笠を使い分ける者も出現。公用外出における陣笠の着用は、武士達にとっての自己表現の手段でもありました。そのため、様々な意匠を凝らした江戸時代の陣笠は、美術品としての価値も高く評価されているのです。

陣笠の進化形

とんきょ帽

江戸時代後期になると、西洋式兵学が学ばれるようになります。その第一人者が「高島秋帆」(たかしましゅうはん)。清(現在の中国)がイギリスに「アヘン戦争」で敗れたことを知った秋帆は、幕府に対して西洋式兵学導入の必要性を説く意見書「天保上書」を提出。これを受けた幕府は、1841年(天保12年)秋帆に江戸で西洋式砲術の操練を行なうよう命令を出しました。

この演習を見た幕府関係者は、不発弾がなかった火薬(弾薬)の精度や大砲の精度、破壊力に仰天。大砲4門を520両で買い上げ、さらに演習費用として銀200枚を与えた上、町人だった秋帆を幕臣(諸組与力格で長崎会所調役頭取)に取り立てたのです。この演習で各兵の頭に着用されていたのは、陣笠の「進化形」とも言える物でした。

武蔵国徳丸ヶ原(現在の東京都板橋区高島平)において行なわれた日本初の西洋式砲術・銃陣の公開演習。このときの兵装束で、一際目を引いたのは秋帆が考案したとされている「とんきょ帽」と呼ばれた背の高い黒塗円錐形の銃陣笠。それまで観たこともなかった形の陣笠に、演習の見分に訪れた幕府の役人が「異様之冠物」と思わず話したほど、斬新なデザインでした。頭頂部が細長く上に伸びているとんきょ帽には、敵の撃ち方の目測を誤らせる効果があったとも言われています。

龍虎蒔絵とんきょ帽
龍虎蒔絵とんきょ帽
種 別 とんきょ帽 推定制作時代 幕末
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

韮山笠

韮山笠

韮山笠

1863年(文久3年)伊豆・韮山で行なわれた農民を兵士として訓練する「農兵調練」において、農民が被っていたのが「江川英龍」(えがわひでたつ)が考案したとされる「韮山笠」(にらやまがさ)。

「兵農分離」を徹底していた江戸時代において、武士の身分を持たない農民による軍事訓練は、異例中の異例のことでした。韮山笠は、紙の「こより」を編み込んで作った笠に漆を塗りかけた物。水に強く、折りたたみが可能なため、持ち運びに便利な点が特長です。

英龍は、伊豆韮山の代官。その管轄区域には、伊豆や相模の太平洋沿岸から江戸湾の入口までが含まれるなど、日本の海上防衛において重要な場所があったため、英龍の海上防衛に対する意識は高いものがありました。最大の懸念材料は、海岸線の防備体制の不備。

当時、非常時には、あらかじめ担当区域を決められた各藩からの兵が駆け付けて、防衛活動を行なうという取り決めがなされていましたが、海岸線までの距離や費用の多寡の点で、必ずしも合理的な活動ができているとは言い切れない状況でした。そこで、英龍は幕府に対して、韮山代官領の農民に軍事訓練を施し、緊急時に備えるための農兵制度の採用を上申していたのです。

残念ながら、農兵調練が実現したのは、英龍の死後でしたが、農民達の被っていた韮山笠は、英龍の先見の明を表していたと言えます。

陣笠写真陣笠写真
兜の代わりや、武士が外出する際に用いていた陣笠を検索して頂けます。

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「兜の役割」の記事を読む


変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
人体の最重要部分が頭部であると認識されていることは、古今東西を問いません。「兜」(かぶと)とは、頭部を守る現在のヘルメットと同様の役割を果たす防具です。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変遷と共に、武将達の威厳を表現したり、個性を主張したりする役割をも担うように。特に戦国時代以降の時代においては、兜は武将の宗教観・人生観を如実に反映すると同時に、機能面においても改良が続けられ、防具としても進化していました。ここでは、兜とその付属品(立物、面具)、及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介します。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

注目ワード

ページトップへ戻る