江戸時代

生類憐みの令

文字サイズ

「天下の悪法」と評された「生類憐みの令」(しょうるいあわれみのれい)は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)によって制定されました。1685年(貞享2年)以降、次第に具体化され、牛馬や犬、鳥類を始めとする生類(命のあるもの)の殺生を禁止したのです。生類憐みの令は、徳川綱吉が亡くなる1709年(宝永6年)1月に廃止されるまで続きました。徳川綱吉がなぜこのような法令を発したのか、その理由について解説します。

天下の悪法を発令した徳川綱吉とは

戦国時代が終結し江戸時代になると、世の人々は、平和な生活を送るようになりました。そんな中で発された法令が「生類憐みの令」であり、平和な時代だったからこそ生まれたと言われています。

1646年(正保3年)、江戸幕府3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の四男として誕生したのが、「徳川綱吉」です。徳川綱吉は、次期将軍になる兄を補佐するために、父から徹底的に「儒学」(じゅがく:中国の「孔子」[こうし]を始祖とする、仁義の道を実践し、上下や秩序の区別を唱える思想)、そして「朱熹」(しゅき)によって、儒学が体系化された学問「朱子学」(しゅしがく)を学ばされました。

このことが、のちに徳川綱吉が目指した、武力に頼らない「文治政治」(ぶんちせいじ)の礎(いしずえ)になったとされています。

徳川家光の死後に将軍へ

1651年(慶安4年)に徳川家光が死去し、長男「徳川家綱」(とくがわいえつな)が江戸幕府4代将軍に就任。

徳川家綱は、1680年(延宝8年)に亡くなりましたが、跡継ぎとなる嫡男がおらず、さらには、徳川家光の三男である「徳川綱重」(とくがわつなしげ)も、すでに逝去(せいきょ)していたため(次男の[徳川亀松]は、5歳の頃に夭逝[ようせい]していた)、本来なら将軍になるはずではない「館林藩」(たてばやしはん:現在の群馬県)藩主・徳川綱吉が、徳川家綱の養子として迎え入れられ、江戸幕府5代将軍になったのです。

赤穂浪士討ち入り事件で評判を落とす

徳川綱吉の時代には、歌舞伎や人形浄瑠璃の演目である、「忠臣蔵」(ちゅうしんぐら)の題材となった、「赤穂浪士討ち入り事件」が起こります。

これは1701年(元禄14年)、赤穂藩(現在の兵庫県)3代藩主「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)が、「江戸城」(東京都千代田区)城内にある松の廊下において「吉良上野介」(きらこうずけのすけ)に対し、積年の恨みを果たすべく日本刀で切り付けた出来事が、発端となった事件。

このとき、徳川綱吉は喧嘩両成敗ではなく、浅野内匠頭のみを切腹の刑に処することを決め、「浅野家」は、お家断絶の憂き目に遭うことになったのです。

そして藩主が不公平に処罰されたと怒った、赤穂藩の家臣ら47人は、「吉良家」に討ち入りし、仇討ちを果たすことに成功。

しかし、最終的には、討ち入りした赤穂浪士も切腹となりました。このときの世間は、赤穂浪士(赤穂義士)達に深く同情し、不公平な裁定を下したと徳川綱吉は、世間からの評判を著しく落としたのです。

歌舞伎と刀剣・日本刀
日本刀が登場する歌舞伎の名場面・見どころをご紹介します。

世間からの評判が良くなかった徳川綱吉

生類憐みの令が発案された理由

赤穂浪士討ち入り事件だけではなく、徳川綱吉の評判を悪くしたのが、「生類憐みの令」でした。この背景には、徳川綱吉の母である「桂昌院」(けいしょういん)の存在が、大きく影響したと言われています。

徳川綱吉に世継ぎが生まれないことを心配した桂昌院は、自らが帰依(きえ:神仏や僧侶などにすがること)していた僧侶「隆光」(りゅうこう)に相談しました。すると隆光は、「将軍は前世で殺生したため現世で子どもに恵まれない。世継ぎが欲しければ動物を大切にしなさい。特に戌年(いぬどし)生まれの徳川綱吉は、犬を大切にせよ」と助言したのです。生類憐みの令は、こうして発案されたという説が有力とされています。

しかし、徳川綱吉の時代には、隆光は存在していなかったとも言われており、隆光による助言があったとする事実について、その真偽のほどは、定かにはなっていません。

生類憐みの令の対象は、牛馬などの家畜や犬、猫を始めとして、魚や猿、鳥、亀、蛇、虫、爬虫類にまで及んでいました。そして、大名や武将達の間で盛んに行われていた鷹狩や狩猟にも、制限が加えられることになったのです。

犬に関する細かい規制

中野御用御屋敷跡

中野御用御屋敷跡

なかでも犬に関しては、細部に亘る規制が設けられ、野犬を収容する大規模な施設が、江戸近郊の四谷(よつや:東京都新宿区)や中野(なかの:東京都中野区)、そして喜多見(きたみ:東京都世田谷区)などに設置されたと伝えられています。

この施設運営には、犬のえさ代など莫大な費用がかかり、金の無駄遣いだという批判があったことに加え、違反者に対する処罰も大変厳しかったため、世間からの悪評を高める結果となりました。

その一方で、この生類憐みの令が、再評価される動きもあります。その理由は、同法令の対象が、必ずしも動物だけに向けたものではなかったからです。

生類憐みの令には、子どもをむやみに捨ててはならない、そして、捨て子や病人といった弱者を保護する規制も含まれていました。徳川綱吉は、儒教の教えを世に広めるために、生類憐みの令を発したとも考えられているのです。

徳川綱吉の寵愛を受けた大名と日本刀

徳川綱吉を支えた柳沢吉保

柳沢吉保

柳沢吉保

生類憐みの令を発したことにより、「犬公方」(いぬくぼう)と世間から揶揄された徳川綱吉。

そんな彼を支えたのが、「柳沢吉保」(やなぎさわよしやす)です。柳沢吉保はもともと、徳川綱吉が館林藩主であった頃から家臣として仕え、徳川綱吉が江戸城に入ると同時に、「幕臣」(ばくしん:将軍直属の家臣)となりました。

柳沢吉保は元禄年間(1688~1704年)頃、大老格として権力を握っていた人物であり、徳川綱吉からの寵愛を受けていたと伝えられています。

その証しと言えるのが、現在の東京都文京区にある「六義園」(りくぎえん)です。六義園は、江戸の二大庭園に数えられるほど美しい庭園であり、現在は公園として整備され、一般にも公開されている観光スポット。加賀藩(現在の石川県)の下屋敷(しもやしき)があった跡地を徳川綱吉から拝領し、柳沢吉保自身が、その下屋敷として建てた大名庭園です。

手柄を立てた者に褒美として贈られた刀

戦国時代より、戦で武功を挙げるなど手柄を立てた武将達には、その褒美として、主君から刀を賜る習わしがありました。

江戸時代に入ってもそれは変わらず、「徳川将軍家」では、家臣達への贈答用とするための日本刀を当時の刀工に数多く作らせていたのです。

戦国時代とは異なり、平和な世の中になった江戸時代。そのため日本刀は、戦闘用ではなく、忠義の証しや大名の格付けを象徴する重要なアイテムとなっていきました。そんな日本刀は、柳沢吉保を始めとして、生類憐みの令を発した徳川綱吉を支える「柳沢家」にも、徳川綱吉から贈られています。

その中のひとつが、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した、山城国(現在の京都府南部)の名工「来国光」(らいくにみつ)による作刀。柳沢吉保の長男「柳沢吉里」(やなぎさわよしさと)が、初めて徳川綱吉に謁見する際に、引出物として下賜された名刀です。

江戸幕府の公式史書「徳川実紀」(とくがわじっき)にもその記録が残されており、徳川綱吉が柳沢吉保だけではなく、その息子、ひいては柳沢家全体を目に掛けていたことが窺えます。

生類憐みの令

生類憐みの令をSNSでシェアする

「江戸時代」の記事を読む


武家諸法度

武家諸法度
「武家諸法度」(ぶけしょはっと)は、江戸幕府の2代将軍「徳川秀忠」が公布した全国の大名達に規範を示した法令です。3代将軍「徳川家光」の時代には「寛永令」(かんえいれい)が出され、「参勤交代」(さんきんこうたい)の制度化などが追加されました。以降も、武家諸法度は、徳川将軍家の歴史と共に歩みを進めます。武家諸法度についてと武士とは何であるのかを見ていきましょう。

武家諸法度

天保の大飢饉

天保の大飢饉
江戸時代の日本の気候は寒冷で、たびたび冷害や洪水が起こったと記録されています。異常気象が原因で凶作となり、飢饉が起こることが少なくありませんでした。なかでも「江戸四大飢饉」のひとつと言われるのが「天保の大飢饉」(てんぽうのだいききん)。1833~1836年(天保4~7年)の間に連続的に飢饉が起こり、何万人もの大量の餓死者を出したと言われているのです。天保の大飢饉について、飢饉がその後の歴史に与えた影響も含めてご紹介します。

天保の大飢饉

大坂冬の陣

大坂冬の陣
1614年(慶長19年)11~12月、大坂で豊臣軍と徳川軍が対峙する合戦が発生しました。「大坂冬の陣」です。開戦後、早々に大坂城での籠城戦を選択し、当初は徳川軍と互角に渡り合っていた豊臣軍でしたが、徳川家康の狡猾な心理作戦に翻弄され、最終的には講和。この講和により、外堀・内堀を埋め立てられた大坂城は「裸城」になってしまうなど、結果的に豊臣宗家滅亡への引き金を引いてしまったのです。

大坂冬の陣

参勤交代

参勤交代
「参勤交代」は、江戸時代にあった制度のひとつ。徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的とした制度であり、諸大名は1年交代で、江戸と領地それぞれに在住することが義務付けられていました。参勤交代により社会秩序が安定した他、文化の発展や交通の発達など、多くの利点があった一方で、諸藩は大きな財政難に陥り、結果として江戸幕府崩壊の一因になったとも言われています。

参勤交代

桜田門外の変

桜田門外の変
「桜田門外の変」は、尊皇攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)の浪士が起こした大老「井伊直弼」暗殺事件のこと。事件後、幕府の権威は失墜し、265年続いた江戸時代も終わりを迎えることになります。

桜田門外の変

池田屋事件

池田屋事件
「池田屋事件」は、1864年(元治元年)6月5日に京都で起こった、「新撰組」による尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)弾圧事件です。多くの浪士が殺害され、これにより明治維新が5年遅れたとも言われています。新撰組の名を一躍全国に轟かせるきっかけとなった池田屋事件は、どのような事件だったのでしょうか。新撰組が結成されてから池田屋事件に至るまでの経緯、及び事件後の影響などをご紹介します。

池田屋事件

江戸幕府とは

江戸幕府とは
1603年(慶長8年)、「徳川家康」が征夷大将軍に任命され「江戸幕府」を開きました。江戸幕府は、室町時代から続いてきた戦乱の世に終わりを告げ、265年におよぶ長期政権として君臨します。厳しい大名統制により政治が安定したことで経済も発展し、文化も成熟。265年間もの間、泰平の世を築いた江戸幕府についてご紹介します。

江戸幕府とは

大坂夏の陣

大坂夏の陣
1615年(慶長20年)4~5月。豊臣家と徳川家は、再び大坂の地で相まみえます。もっとも「冬の陣」とは違い、情勢は徳川軍の圧倒的優勢。そのため、豊臣軍の兵達にとっては玉砕覚悟の戦いとなりました。真田幸村(真田信繁)ら豊臣軍の武将達が決死の突撃をするも衆寡敵せず。戦いに敗れた豊臣宗家は滅亡し、徳川家を頂点とした長期安定的な政権が本格化することになりました。

大坂夏の陣

踏み絵の導入

踏み絵の導入
江戸時代に入ると、幕府は鎖国政策を採ってキリスト教を弾圧するようになります。その中で江戸幕府は、キリスト教信者をあぶり出すために、「踏み絵」(ふみえ)と呼ばれる制度を作ったのです。キリスト教信者にとって大切な聖画像などを踏ませ、踏めなかった人物を「キリシタン」と見なし、厳しい処罰を行いました。踏み絵についてだけでなく、キリスト教が弾圧された時代の中で、キリスト教信者であった武将達についても併せてご紹介します。

踏み絵の導入

注目ワード
注目ワード