室町時代

永享の乱

文字サイズ

「永享の乱」(えいきょうのらん)は、1438年(永享10年)に関東で起こった戦乱です。この戦は「鎌倉公方」(かまくらくぼう:室町幕府が設置した鎌倉府の長官)であった「足利持氏」(あしかがもちうじ)と「関東管領」(かんとうかんれい:鎌倉公方を補佐する役職)であった「上杉憲実」(うえすぎのりざね)との直接対決となりました。永享の乱は京都に置かれていた室町幕府の6代将軍「足利義教」(あしかがよしのり)と足利持氏との対立が原因で起こったと言われています。永享の乱が、どのような戦乱だったのか詳しくご紹介します。

「鎌倉公方vs関東管領」と「鎌倉公方vs室町将軍」の対立

鎌倉公方は、室町幕府初代将軍の「足利尊氏」(あしかがたかうじ)の子「足利基氏」(あしかがもとうじ)の家系が代々世襲してきた役職です。鎌倉公方になった当時の足利基氏は、まだ幼かったため補佐役として関東管領が置かれるようになったのです。

そして関東管領は、足利尊氏の母方の親戚である上杉家が代々世襲していました。

対立が起きたのは3代将軍のときから

足利義満

足利義満

足利基氏が鎌倉公方を務めた代の室町幕府将軍は、兄である2代将軍「足利義詮」(あしかがよしあきら)です。

この頃は、鎌倉公方と将軍との関係はまだ良好でしたが、3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)と鎌倉公方「足利氏満」(あしかがうじみつ)の頃から対立が深まりました。こともあろうが足利氏満は、足利義満がいるにもかかわらず自らが将軍になろうとしたのです。

このときは関東管領「上杉憲春」(うえすぎのりはる)が諌死(かんし:死によって目上の人をいさめること)して足利氏満の謀反を阻止しました。しかし、次の関東管領「上杉憲方」(うえすぎのりかた)は将軍寄りの立場を取ったため、今度は鎌倉公方と関東管領が対立することとなったのです。

将軍に取って代わろうとした鎌倉公方

時代が変わり4代将軍「足利義持」(あしかがよしもち)のときの鎌倉公方は「足利満兼」(あしかがみつかね)です。足利義持が将軍となったものの、当時はまだ父であった3代将軍・足利義満が隠然たる力を持っており、有力大名の力を弱めるための政策を採っていました。

足利義満の政策に反発する大名達もいました。特に大きな反抗心を見せたのが自ら将軍になろうとする足利満兼です。このときも関東管領である「上杉憲定」(うえすぎのりさだ)がその暴走を阻止します。

のちに、足利満兼は伊豆国(現在の静岡県)にある「三嶋大社」(静岡県三島市)に願文(がんもん:神仏に祈願を伝えるための文書)を捧げて幕府への恭順の意を示しました。

関東管領が謀反を起こす ~上杉禅秀の乱~

足利満兼が亡くなると、そのあとを継いで鎌倉公方になったのは、当時まだ12歳であった嫡子の足利持氏です。

足利持氏が鎌倉公方を継いだものの、足利持氏の叔父で「足利満隆」(あしかがみつたか)も鎌倉公方の地位を狙っていました。このときは、上杉憲定の仲介によりひとまずの和睦(わぼく)が成立しましたが、叔父と甥の関係は微妙なままだったのです。

鎌倉公方と関東管領の対立

1415年(応永22年)、足利持氏は18歳になり、当時の関東管領「上杉禅秀」(うえすぎぜんしゅう)と評定(ひょうじょう:会議)の席上で派手な争いを起こします。

実は上杉禅秀は、かねてより足利持氏に対する不満を募らせており、謀反を企んでいたのです。このときの争いを契機に、上杉禅秀は関東管領の職を辞しました。

上杉禅秀の乱が勃発

足利持氏の叔父・足利満隆に、将軍・足利持氏に不満を抱く将軍の弟「足利義嗣」(あしかがよしつぐ)が呼応して鎌倉公方に対して謀反を起こす計画が持ち上がりました。

そして、1416年(応永23年)、不満分子が集結して「上杉禅秀の乱」が勃発します。上杉禅秀が足利持氏の御所を急襲したため、足利持氏は鎌倉御所を脱出しました。そして、共に立ち上がった足利満隆が鎌倉公方を名乗ったのです。

しかし、この謀反による争いは約3ヵ月で終息。室町幕府が、足利満隆への討伐命令を関東の諸将に出し鎮圧に向かわせたのです。当初は鎌倉公方の力を弱める絶好の機会であると静観していた室町幕府ですが、放っておくと自分達にも火の粉が振りかかると判断し、討伐命令を出すに至りました。

結果として、上杉禅秀も足利満隆も自害により果てます。将軍の弟・足利義嗣は一緒に謀反に加わるはずでしたが、行動を起こすことはしませんでした。しかし共謀していた事実が発覚し、兄である将軍・足利義持の命により殺されてしまったのです。

「永享の乱」の勃発

1418年(応永25年)、関東管領であった「上杉憲基」(うえすぎのりもと)が27歳という若さで亡くなったため、1419年(応永26年)に上杉憲基の養子・上杉憲実が、わずか10歳で関東管領の職を継ぎます。そして鎌倉公方である足利持氏は、22歳の青年へと成長していました。

鎌倉公方による関東管領派への弾圧

関東管領である上杉憲実が幼かったため、鎌倉公方を補佐しきれず足利持氏による圧政が始まりました。上杉禅秀の乱の関東管領側に付いていた大名や国人(こくじん:領主)達は次々と弾圧されていったのです。

この動きに危機感を抱いたのが、京都にいる室町幕府の将軍・足利義持でした。足利持氏が弾圧する大名や国人達は、もともと「御家人」(ごけにん:将軍に仕える武士)だったからです。ただし、足利持氏は将軍と戦うつもりまではなく、大きな争いに発展することはありませんでした。

くじ引き将軍と鎌倉公方の対立が始まる

石清水八幡宮

石清水八幡宮

足利義持の死去に伴い、次の将軍はくじ引きで選ばれることとなりました。

現在の京都府八幡市にある「石清水八幡宮」においてくじ引きが行われ、足利義持の弟・足利義教が6代将軍に選ばれます。

これに対して、苦々しく思っていたのが足利持氏です。鎌倉公方であった足利持氏は、足利義持亡きあとの将軍の地位を狙っていました。

そのような背景から、足利持氏は不穏な動きを見せることもありましたが、関東管領である上杉憲実の働きもあって足利持氏と足利義教の間に和睦が成立します。将軍となった足利義教は、上杉憲実を鎌倉公方・足利持氏との仲を取り持つ頼みの綱としていました。

ところが鎌倉公方の足利持氏にとっては、臣下でありながら多くの武士達を従え一大勢力となっていた関東管領の上杉憲実は、目の上のたんこぶのような存在だったのです。そのせいか上杉憲実と足利持氏の2人は、次第に緊迫した関係になっていきました。

永享の乱が起こる

1438年(永享10年)、ついに事件が起こります。足利持氏の長男「賢王丸」(けんおうまる)の元服の儀を執り行ったときのことです。

この当時、鎌倉公方の長男が元服には、室町幕府への臣従の証として将軍の名から一字を拝領し、元服後の名を付けることになっていました。

つまり、慣例では賢王丸は足利義教の「教」の字をもらって元服名とするはずだったのです。

しかし、足利持氏はしきたりを破り、賢王丸に「足利義久」(あしかがよしひさ)と名乗らせます。この行いは将軍に対して反旗を翻したと取られてもおかしくありません。

この命名に反対して儀式への出席を拒否したのが上杉憲実でした。そして上杉憲実は、謀反の疑いで処罰される前に鎌倉を脱出します。足利持氏は、上杉憲実を討伐するために出兵。この事態を予想して各方面に手を打っていたのが将軍である足利義教です。

周辺の武士達に上杉憲実に味方するように命じ、軍勢をも派遣した結果、あっと言う間に足利持氏軍は鎮圧されました。

旧主の助命嘆願をした上杉憲実

敗北した足利持氏は出家し将軍に対して恭順の意を示しますが、足利義教は許さず、足利持氏を殺害するよう命じたのです。この命令に反し、かつての主である足利持氏の助命嘆願をしたのは上杉憲実でした。

しかし、足利義教はこれを許さず1439年(永享11年)、出家した足利持氏が幽閉されていた「永安寺」(神奈川県鎌倉市:[瑞泉寺]境内に永安寺跡として残る)を上杉憲実に攻撃させます。足利持氏は死期を悟り自害を決意し、一緒にいた息子・足利義久をはじめ多くの側近達も命を落としました。

永享の乱

永享の乱をSNSでシェアする

「室町時代」の記事を読む


室町幕府とは

室町幕府とは
「室町幕府」は、1338年(暦応元年)に、「足利尊氏」(あしかがたかうじ)によって京都に樹立された武家政権です。鎌倉幕府の政策を踏襲しつつ、各国の支配を一任した守護大名の設置や、明(現在の中国)との日明貿易などにより、3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)の時代に最盛期を迎えます。現代日本における美意識の源とも言える、東山文化の発達なども踏まえて、約240年間にわたる室町幕府について、ご紹介します。

室町幕府とは

室町時代の服装とは

室町時代の服装とは
ファッションにはトレンドがあり、時代が求める服装に人気が集まって、良いデザインが生まれています。動きやすい機能性が重視されたり、見た目のインパクトが重視されたり。その時々で、着てみたい!と思わせる服が出てきます。 室町時代では、服装に関して大きな変化がありました。庶民の間で着られていた小袖を着ることが、武士や公家の間で認められたのです。そんな、室町時代の服装についてご紹介します。

室町時代の服装とは

室町時代の住宅(家)とは

室町時代の住宅(家)とは
畳のある和室は、落ち着く空間です。畳や襖など、現在も使われている和室の原型は、この室町時代にできました。 「寝殿造」から「書院造」へ移り変わり、質実剛健な武士の家や、将軍の建てたきらびやかな「金閣寺」など、室町時代は現代にもつながる家の造りができ始めるのです。 そんな室町時代の武士の住まいや部屋の造り、代表的な建物について、ご紹介します。

室町時代の住宅(家)とは

室町時代の食文化とは

室町時代の食文化とは
文化が発展して日本各地や海外との交流が広がっていくと「食」も変化を見せます。現代でもグローバル化に伴って、世界各国の料理が食べられるようになりました。 室町時代の多くは、戦乱の時期でしたが、食の文化が広がったときでもあります。中国以外の諸外国との交流も盛んになり、これまで日本になかった食べ物が入ってくるようになったのです。そんな室町時代の食文化について、ご紹介します。

室町時代の食文化とは

室町時代の文化とは

室町時代の文化とは
室町時代になると、これまでの鎌倉文化に庶民や禅宗の文化が融合し、室町時代独自の文化が形成されていきました。室町時代の文化は、足利義満の頃に開花した「北山文化」、足利義政の頃に栄えた「東山文化」、北山文化より以前の「南北朝文化」に分かれています。そして、新しく「茶の湯」や「生け花」、「能・狂言」といった、日本の伝統文化が誕生しました。 そんな室町時代の文化について、詳しくご紹介します。

室町時代の文化とは

応仁の乱

応仁の乱
室町幕府が衰退した理由とも言われる「応仁の乱」。11年という長い争いにより、戦国時代へと続くきっかけとなった応仁の乱はなぜ起こったのでしょうか。 室町幕府の悲劇とも言われている応仁の乱が起きたきっかけや、戦国時代の幕開けまでの流れなど、室町時代に起こった応仁の乱について解説します。

応仁の乱

川中島の戦い

川中島の戦い
「川中島の戦い」とは、1553年(天文22年)~1564年(永禄7年)の12年間、5回に亘る伝説の合戦の総称です。宿敵である甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信が、北信濃の支配権を巡って争いましたが、長い戦いにもかかわらず勝敗はついていません。 1561年(永禄4年)の第4次合戦の激戦が広く知られているため、その戦場となった地名から、他の場所で行なわれた戦いも含めて川中島の戦いと呼ばれていますが、一般的には川中島の戦いと言ったときには、第4次合戦を指します。

川中島の戦い

桶狭間の戦い

桶狭間の戦い
1560年(永禄3年)5月19日、日本の歴史を動かす大きな合戦が起こりました。「桶狭間の戦い」です。27歳の織田信長が4,000人ばかりの兵を味方に、2万5千人もの今川義元軍に戦いを挑み、勝利しました。その歴史的な合戦には、世代を通じて胸が熱くなるドラマがあります。このような歴史的瞬間が今もなお語り継がれるのは、それを記録する人物がいたからです。その人物の名は「大田牛一」(おおたぎゅういち)。彼は、織田信長の家臣でした。最も身近な距離で、織田信長を知ることができた人物が書きつづった記録「信長公記」。織田信長が天下統一への切符を手に入れた軌跡と今川義元の敗因はどのようなものだったのでしょうか。今、「信長公記」によって桶狭間の戦いの全貌が明かされます。

桶狭間の戦い

金ヶ崎の戦い

金ヶ崎の戦い
1570年(元亀元年)、越前国敦賀郡金ヶ崎(現在の福井県敦賀市金ヶ崎町)で織田信長・徳川家康率いる「織田・徳川連合軍」と「朝倉義景」(あさくらよしかげ)率いる「朝倉軍」が対峙しました。約3万の織田・徳川連合軍に対し、約4,500の朝倉軍。当初は、織田・徳川連合軍が優勢でしたが、織田信長の義弟「浅井長政」(あざいながまさ)の裏切りにより、形勢逆転。戦国史上有名な織田信長が危機的状況下で行なった撤退戦でもあることから、「金ヶ崎の退き口」や「金ヶ崎崩れ」とも呼ばれています。

金ヶ崎の戦い