文字サイズ

「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)は、1584年(天正12年)3~11月に行なわれた、「羽柴[豊臣]秀吉」陣営と「織田信雄[おだのぶかつ]・徳川家康」陣営の間の戦いです。合戦があったのは、尾張北部、南部、美濃西部、東部、伊勢北部、紀伊、和泉、摂津の各地。北陸や四国、関東でも連動して戦が起こり、戦乱は全国規模となりました。

羽柴秀吉と織田信雄の関係悪化

1582年(天正10年)3月、「本能寺の変」後に「羽柴[豊臣]秀吉」が「明智光秀」を討ち、「清洲会議」(きよすかいぎ)において台頭します。さらに、有力大名のうち、特に「柴田勝家」とは徐々に敵対的な関係となっていきました。また、「徳川家康」は、「織田信長」の遺した「甲斐」、「信濃」を確保し、5ヵ国の領地を自身の物としました。

領地分配

領地分配

翌年(天正11年)4月、秀吉は近江「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)において織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)を自軍に迎え、三男「織田信孝」(おだのぶたか)と柴田勝家の軍に勝利します。

柴田勝家の領地だった「越前」は「丹羽長秀」に、摂津・大坂の「池田恒興」(いけだつねおき)は美濃を与えられ、「大坂」の地は秀吉自身が接収しました。

この年、信雄は秀吉によって安土城を退去させられます。これ以後、信雄と秀吉の関係は悪化。秀吉は信雄を傘下に組み込むため、信雄家臣の家老を懐柔します。

しかし、徳川家康と同盟を結んだ信雄は、翌1584年(天正12年)3月、秀吉派の三家老を処刑。もちろん秀吉は激怒、信雄への出兵を決めました。

「小牧の役」には、紀州から雑賀衆・根来衆、四国から「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)等、北陸、関東の大名らが信雄・家康軍と結び、秀吉を包囲していきます。

秀吉軍の奇襲と家康の迅速な対応

小牧山城

小牧山城

家康が清洲城に到着すると、織田軍の池田恒興が羽柴軍に寝返り、犬山城を占拠しました。家康はこれに対抗するため、すぐに小牧山城へと駆け付けています。

すると、「森長可」(もりながよし)が池田恒興に合流、小牧山城への攻撃を画策します。この動きを知った徳川軍は、森勢を奇襲。徳川軍は、「松平家忠」(まつだいらいえただ)の鉄砲隊で攻撃、さらに森軍の背後にまわったため、森勢は勝機を逃したと判断、敗走しました。

これが「羽黒の戦い」です。こうして、家康は小牧山城を占拠、土塁等を築かせます。

一方、秀吉は楽田に陣を張り、こちらも土塁や砦が作られていきました。両軍とも、相手陣営に手出しができなくなり、戦はこう着状態に陥ります。

池田恒興と森長可 VS 徳川軍

池田恒興と森長可 VS 徳川軍

そんな中、池田恒興は、森長可と共に、家康が留守にしている三河地方へ攻め入ることを秀吉に提案、秀吉の許可を得て進軍しました。しかし、この作戦はすぐに家康の知るところとなります。家康軍は迅速に対応、長久手付近で秀吉軍を捕まえ、池田恒興、森長可の首を討ち取りました。これが「長久手の戦い」(ながくてのたたかい)です。秀吉が到着したときには、戦いは終わっており、肩透かしに終わってしまいます。

そののち、織田信雄を秀吉が説得、同年11月にようやく講和が成立します。家康は秀吉を攻める理由がなくなってしまい、結果、小牧・長久手の戦いは停戦となりました。

家康をようやく臣下に

この戦いのあとも、家康は秀吉には従いませんでした。逆に、関東の北条氏と同盟を結び、秀吉の脅威となっていきます。

そのため、1586年(天正14年)秀吉は、自身の妹で、すでに夫のいた朝日姫を離縁させ、家康に嫁がせます。家康も粗末には扱えず、朝日姫を自身の正室としました。

大坂城

大坂城

しかし、それでもまだ臣下にはならないと言う家康に、秀吉は、母・大政所を人質として送り出します。これには、さすがの家康も根負けし、大坂城へ赴いて臣下となることを承諾しました。

秀吉は、小牧・長久手の戦いの翌年、1585年(天正13年)には、四国を統一したばかりの長宗我部元親のもとに弟「羽柴秀長」(はしばひでなが)とその軍勢11万人余を送っています。元親の軍勢はその3分の1。あっと言う間に四国は秀吉の支配下におかれ、元親の領地は土佐1国だけになってしまいました。

天下統一が目前。この状況を考えると、家康の粘り強い抵抗は秀吉を悩ませたに違いなく、そこにこそ家康がのちに「天下人」となる素質を見ることができるのです。

小牧・長久手の戦い YouTube動画

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦いをSNSでシェアする

「安土桃山時代」の記事を読む


清洲会議

清洲会議
「清洲会議/清須会議」(きよすかいぎ)は、「明智光秀」が起こした「本能寺の変」によって、自害した「織田信長」の後継者を決めるために開かれた会議です。代表的な出席者は、「柴田勝家」や「丹羽長秀」(にわながひで)、「池田恒興」(いけだつねおき)、そして「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)の4人が挙げられます。「会議」と言えば聞こえは良いですが、この清洲会議をきっかけに新たな対立が生じ、のちに激烈な戦へと発展していったのです。今回は、清洲会議の内容や、そののちに起こった戦いについても解説します。

清洲会議

小谷城の戦い

小谷城の戦い
「小谷城の戦い」(おだにじょうのたたかい)は、「織田信長」と「浅井長政」(あざいながまさ)の間で起きた戦いです。この戦いは、浅井家が滅亡するきっかけとなっただけでなく、浅井家に援軍を送った朝倉家を滅亡させる原因にもなりました。もともと同盟を結んでいた織田信長と浅井長政がなぜ敵対関係となってしまったのでしょうか。その理由と共に小谷城の戦いについてご紹介します。また、浅井長政の正室だった「お市の方」(おいちのかた)と2人の間に生まれた3人の娘の行く末についても迫っていきましょう。

小谷城の戦い

長篠の戦い

長篠の戦い
1575年(天正3年)4月、織田信長が名実ともに天下人となった、歴史上非常に重要な合戦「長篠の戦い」が起こりました。織田・徳川連合軍が、戦国最強と言われた武田軍を相手に圧勝した戦いです。

長篠の戦い

本能寺の変

本能寺の変
1582年(天正10年)6月2日、日本の歴史上屈指の大事件が発生しました。「本能寺の変」です。明智光秀が13,000人もの大軍を率いて、京都・本能寺に宿泊中の織田信長を急襲。防戦空しく対抗し切れないと悟った信長は、寺に火を放って自害しました。

本能寺の変

山崎の戦い

山崎の戦い
1582年(天正10年)6月2日、「本能寺の変」で命を落とした織田信長。それを知った羽柴秀吉は信長の敵を討つために中国遠征を中断し、約2万の全軍で京を目指しました。そして約10日後の6月13日、摂津国と山崎国の境に位置する山崎において明智光秀と激突。退却を余儀なくされた光秀は、坂本城を目指して落ち延びていましたが、その後、命を落としました。これにより、戦国乱世は終焉へと向かい、秀吉による天下統一への道がスタートすることになったのです。

山崎の戦い

賤ヶ岳の戦い

賤ヶ岳の戦い
1582年(天正10年)6月13日に起こった「山崎の戦い」で、織田信長の仇を討った羽柴秀吉。 「清洲会議」で織田信長の後継者争いをした柴田勝家と徐々に対立が深まっていき、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)まで発展しました。これに勝利した秀吉は、天下人へと大きく前進したのです。

賤ヶ岳の戦い

文禄の役

文禄の役
天下統一を成し遂げた「豊臣秀吉」。貧しい農民から天下人にまで上り詰めた男の目は、日本国内に止まらず、海の向こうに向けられていました。そんな天下人が目を付けたのは明(みん:現在の中華人民共和国)。まずは明の柵封国(明を宗主国とした従属国)だった朝鮮に服属を求めますが、朝鮮は拒否します。これを受けた秀吉は、朝鮮半島への出兵を決断。釜山経由で、西国の大名を中心に編成した大軍を朝鮮半島に送り込んだのでした。これが「文禄の役」です。

文禄の役

四国平定

四国平定
「四国平定」(しこくへいてい)は、1585年(天正13年)6~8月にかけて、四国を舞台として起こった、「羽柴秀吉」(のちの「豊臣秀吉」)と「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)の戦いです。四国を統一したばかりの長宗我部元親でしたが、同合戦により、わずか2ヵ月で土佐国(現在の高知県)のみを残して、その他の国を奪われることとなりました。「土佐の出来人」(とさのできびと)と称された長宗我部元親さえも、羽柴秀吉には敵わなかったのです。四国平定について、経緯とその後について併せてご紹介します。

四国平定

九州平定

九州平定
「織田信長」の死後、関白にまで昇り詰めた「豊臣秀吉」は、日本全国の統一を成し遂げるために動き出します。当時、九州で勢力を強めていた「島津義久」(しまづよしひさ)の台頭を危惧した豊臣秀吉は、1587年(天正15年)九州に出兵し、島津義久ら九州諸将を降伏させました。これが「九州平定」(きゅうしゅうへいてい)です。九州平定の経緯と、この戦いで活躍した武将達について、愛用した日本刀も併せてご紹介します。

九州平定

注目ワード
注目ワード