甲冑(鎧兜)と武将

石田三成の甲冑

文字サイズ

全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。
そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将、石田三成。ここでは、石田三成という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

甲冑(鎧兜)写真/画像甲冑(鎧兜)写真/画像
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。

鬼か夜叉を連想させる石田三成の兜

「万民がひとりのため、ひとりが万民のために尽くせば太平の世が訪れる」の意味を表す「大一大万大吉」(だいいちだいまんだいきち)の家紋を掲げ、関ヶ原の戦いに挑んだ石田三成

  • 石田三成

    石田三成

  • 乱髪天衝脇立兜

    乱髪天衝脇立兜

石田三成のとして有名なのは、「乱髪天衝脇立兜」(らんぱつてんつきわきだてかぶと)です。天高く伸びる2本の脇立と、鬼か夜叉を連想させるような黒い乱れ髪が特徴で、ドラマなどで見られた方も多いのではないでしょうか。

額を守る鉢以外は、全体を髪で覆われているため、まるで地毛のようにも見えます。この髪は、「ヤク」と言うチベットに生息するウシ科の動物の毛を黒く染めた「黒熊」(こぐま)と呼ばれる物で、当時は高級品として扱われていました。

現在、関ヶ原町歴史民俗資料館に複製品が展示されていますが、本物は現存せず、関ヶ原の戦いで着用されたかどうかも明確には分かっていません。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

冷静に状況を読む石田三成の能力

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉」(とよとみひでよし)政権を支えた石田三成。生まれは近江(おうみ:現在の滋賀県)の土豪の次男で、子供時代は貧しく、寺小姓(てらこしょう:住職のそばに仕えて、身のまわりの世話などの雑務を請け負った少年)をしていました。

石田三成と豊臣秀吉の出会いには、「三献の茶」(さんけんのちゃ/さんこんのちゃ)と言う有名な逸話があります。

鷹狩を終えた豊臣秀吉が寺に立ち寄ったとき、当時15歳だった佐吉(=石田三成)少年が茶を出しました。それは、大きな茶碗にたっぷり入ったお茶。喉が渇いていた豊臣秀吉はすぐに飲み干し、おかわりを頼むと今度は先ほどより少し熱いお茶が出てきました。そして、さらにもう1杯を所望すると、小ぶりの茶碗に熱い茶が出てきたのです。豊臣秀吉は、この気遣いに感心し、石田三成を召し抱えるきっかけになったと言われています。

三献の茶

三献の茶

このエピソードは創作との説もありますが、石田三成が常に状況を読み、知恵を働かせる人物だったことが、よく伝わってきます。

戦国の世において石田三成は、武勲を挙げる「武闘派」ではなく、政治的に優れた「文治派」でした。豊臣秀吉が全国統一の際に行なった太閤検地も石田三成を中心に進められ合戦においても武器や食糧補給をする後方支援で活躍したのです。

政策や経済に強い頭脳派の石田三成には、こんな名言もあります。

「残すは盗なり。つかひ過して借銭するは愚人なり」。

これは、「必要とする予算は、すべて使い切るべきだ。正しく使わず残せば私腹を肥やすことになり、それは盗みに等しい。しかし、使いすぎるのは愚かとしか言いようがない」という意味です。

石田三成がいかに実直で、真面目に政治に取り組んでいたのかが、分かる言葉とも言えます。豊臣秀吉はそんな彼を信頼し、豊臣秀吉の勢力が拡大していくのに伴って、石田三成の活躍の場が広がっていきました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

豊臣秀吉への忠義と、最後まで諦めない志

徳川家康

徳川家康

豊臣政権には2つの派閥がありました。石田三成を中心とし、豊臣秀吉が考える中央集権国家を築くことを目標とした「集権派」と、徳川家康を軸とした地方分権を掲げる「分権派」の大名連合です。

しかし、このパワーバランスが豊臣秀吉の死によって崩れます。

事務方として豊臣秀吉に評価され出世した石田三成を快く思わない、武闘派であり分権派でもあった「加藤清正」(かとうきよまさ)や「福島正則」(ふくしままさのり)、「黒田長政」(くろだながまさ)らが石田三成襲撃事件を起こすのです。

運良く逃れた石田三成でしたが、奉行職を辞して「佐和山城」(さわやまじょう:現在の滋賀県彦根市)へ引退することになりました。この事件により徳川家康らの分権派が、より力を持つことになっていったのです。

そして、豊臣秀吉への忠誠を誓っていた石田三成は、「豊臣家を守る」の大義のもとに挙兵し、毛利輝元宇喜多秀家(うきたひでいえ)らと組んで、関ヶ原の戦いに挑むことになります。

この合戦は本来、石田三成を中心とした公儀(西軍)が、徳川家康率いる賊徒(東軍)を討伐する図式でしたが、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)らの裏切りによって西軍は敗れ、その正当性すらも剥奪されることになりました。

他にもこんな逸話があります。関ヶ原の戦いのあとに逃走するも、結局捕縛された石田三成は、大阪や堺の町を引き回される辱めを受けました。その姿を見た「藤堂高虎」(とうどうたかとら)が、「こんな生き恥を晒し、なぜ死ななかったのだ」と問うと、石田三成は、「生きていなければ再起はできぬ」と言ったのです。

また、処刑場へ向かっている際、喉の渇きを訴え、水を求める石田三成に対し、役人が柿を与えると、「柿は痰の毒だから食わない」と拒否をします。これから処刑されるのに身体のことを気にする石田三成を役人があざ笑うと、「人生を投げるのは志を失うことだ。私は生がある限り志は失わない」と答えたのです。

優れた知力と政治力で戦国の世を生き抜いた石田三成。処刑される寸前まで自分の信念を曲げず、諦めなかったその心のなかには、乱髪天衝脇立兜を思わせる、鬼神のような強い魂が宿っていたのかもしれません。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

石田三成の甲冑

石田三成の甲冑をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)と武将」の記事を読む


関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)
「徳川家康」率いる「東軍」が勝利を収めたのは、徳川家康が見事な采配を振るったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは、徳川家康をはじめ、「本多忠勝」、「井伊直政」、「榊原康政」などの家臣団や、「黒田長政」、「福島正則」、「加藤清正」、「細川忠興」、「伊達政宗」、「藤堂高虎」、「加藤嘉明」といった東軍の武将の強さについて、甲冑を通して見ていきます。

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

戦国武将と甲冑①

戦国武将と甲冑①
武将の甲冑(鎧兜)は「武具」であると共に、武将としての「威厳」や「地位」の高さを誇示する物でした。特に、個性的で目立つデザインの兜を「変わり兜」と言い、室町時代末期から始まり安土桃山時代に全盛期を迎えます。ここでは、戦国時代に活躍した「武田信玄」、「上杉謙信」、「森可成」(もりよしなり)、「山中幸盛」(やまなかゆきもり)の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑①

戦国武将と甲冑②

戦国武将と甲冑②
集団の中で目立ち、頭ひとつ抜き出るためには、強い個性が必要でした。それを表現する物こそが、「甲冑」(鎧兜)。特に、前立、脇立、後立という立物に、自分の信条や信念を込め、敵はもちろん味方にも心理的な衝撃を与えたのです。ここでは、その勇猛さで恐れられた「立花宗茂」、「佐竹義重」、「明智光春」、「蒲生氏郷」の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑②

戦国武将と甲冑③

戦国武将と甲冑③
甲冑は日本刀と同じく、戦功の贈答品として主君から家臣に下賜されることが多かったようです。家臣はそれを誇りに思い、主君は戦場で変わり兜を身に付けた家臣を見付けやすく、その活躍ぶりを伝聞し、恩賞を与える判断にしたのかもしれません。ここでは「豊臣秀吉」、「黒田官兵衛」、「前田利家」が所有し、家臣に贈ったことが伝わる変わり兜について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑③

織田信長と甲冑

織田信長と甲冑
「織田信長」は、宣教師「ルイス・フロイス」によってもたらされた地球儀など、新しい物に興味を示したり、城下町において「楽市楽座」政策を実施したりするなど、既成概念にとらわれず、新しい施策を積極的に取り入れていった人物です。したがって、開化的・進歩的というイメージが定着しています。 また、戦いにおいては「長篠の戦い」(ながしののたたかい)で組織的な鉄砲部隊を組成するなど、革新的な戦法を編み出したとも言われる人物です(異説あり)。 今回は、織田信長と甲冑にまつわる話をご紹介します。

織田信長と甲冑

豊臣秀吉と甲冑

豊臣秀吉と甲冑
派手好きというイメージが定着している「豊臣秀吉」。豊臣秀吉所用と伝わる甲冑についても、その多くに派手なデザインと色使いが用いられています。 安土・桃山時代は、意匠を凝らした甲冑(当世具足:とうせいぐそく)が多数制作された時代でしたが、中でも豊臣秀吉所用とされている甲冑は際立つ存在です。 今回は、豊臣秀吉と甲冑にまつわる話をご紹介します。

豊臣秀吉と甲冑

徳川家康と甲冑

徳川家康と甲冑
「徳川家康」は、戦国時代における最後の勝者と言っても良いでしょう。戦国時代という激動の時代を生き抜いた徳川家康にとって、自らの身を守る甲冑は切っても切れない物でした。 若かりし頃から権力をその手に握ったときまで、戦場において徳川家康が運命を共にした甲冑を通してそのときの徳川家康に迫ります。また、徳川家康の兜について、イラストでご紹介しております。

徳川家康と甲冑

真田幸村の甲冑

真田幸村の甲冑
江戸幕府と豊臣家の間で行なわれた合戦である大坂の陣は、「大坂夏の陣」と「大坂冬の陣」から成ります。その大坂夏の陣において、豊臣側の武将として「徳川家康」(とくがわいえやす)の本陣まで攻め込む活躍を見せた「真田幸村」(さなだゆきむら)。ここでは、真田幸村という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

真田幸村の甲冑

直江兼続と兜

直江兼続と兜
「直江兼続」(なおえかねつぐ)と言えば、大河ドラマの主役にもなった有名な武将。その直江兼続の代名詞とも言えるのが、前立に大きな「愛」の文字をあしらった兜です。 安土・桃山時代以降において、兜所用者の哲学や思想を託したとされる立物の中でも、一際目を引く斬新なデザイン。その由来には、大きく分けて3つの説がありました。今回は愛の立物に秘められた直江兼続の「想い」を探ります。

直江兼続と兜

注目ワード
注目ワード