甲冑(鎧兜)と武将

織田信長と甲冑

文字サイズ

「織田信長」は、宣教師「ルイス・フロイス」によってもたらされた地球儀など、新しい物に興味を示したり、城下町において「楽市楽座」政策を実施したりするなど、既成概念にとらわれず、新しい施策を積極的に取り入れていった人物です。したがって、開化的・進歩的というイメージが定着しています。
また、戦いにおいては「長篠の戦い」(ながしののたたかい)で組織的な鉄砲部隊を組成するなど、革新的な戦法を編み出したとも言われる人物です(異説あり)。
今回は、織田信長と甲冑にまつわる話をご紹介します。

甲冑(鎧兜)写真/画像甲冑(鎧兜)写真/画像
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。

織田信長は南蛮胴を着用していなかった?!

織田信長

織田信長

織田信長と言えば、時代劇などの影響からマントに「南蛮胴」(なんばんどう)をまとったいでたちをイメージする人が多いのではないでしょうか。

岐阜県の岐阜駅北口に建立されている黄金に輝く像も、そんな織田信長のイメージを踏襲していると言えます。

しかし、このイメージは正しくないというのが定説になっているのです。

すなわち、現存する史料上、最初に南蛮胴が日本にもたらされたことが確認できるのは、1588年(天正16年)であり、織田信長が「本能寺の変」で命を落とした6年後となります。

古文書などの一次史料からは、織田信長が南蛮胴を着用することは不可能という結論が導かれるのです。

紺糸威胴丸具足

紺糸威胴丸具足

さらに、織田信長が所用していた「紺糸威胴丸具足」(こんいとおどしどうまるぐそく)は、南蛮胴を用いていません。こちらは、織田信長のイメージとは異なり、正統的・標準的な形の甲冑

少し意外な感じがするかもしれませんが、実際の織田信長はこのような甲冑を着用して激戦を勝ち抜き、天下統一への道をひた走っていたと思われます。

織田信長と城
織田信長の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

洋風の甲冑・南蛮胴

プレート・アーマー

プレート・アーマー

南蛮胴の原形だと言われているのは「プレート・アーマー」、いわゆる西洋式の甲冑です。

全身を鉄で覆っているプレート・アーマーは、防御力に優れていました。戦において鉄砲が使用されるなど、武器の殺傷能力が急激に向上していた当時の日本においては、需要が高まっていたと言える防具です。

もっとも、プレート・アーマーは、着用者の体型が異なった場合、腕の部分があると身動きが取りづらくなってしまうという弱点もありました。

そこで、腕と足の部分を取り外し、比較的汎用性の高い胴の部分を甲冑に流用する形で制作されていたと考えられています。

当初は輸入品だった南蛮胴ですが、西欧人と日本人の体格差等の問題から、日本人向けの物を新たに作る努力もなされていました。そこで、日本の甲冑師が考え出した手法は、従来あった「仏胴」(ほとけどう:継ぎ目のない胴)における技術の応用。

形状が似ている両者の違いは、南蛮胴が鍛えた鉄の二枚胴で、前の中心に鎬筋(しのぎすじ:盛り上がった線)を立て、背面部分に押付板(おしつけいた)を取り付けることなく、鉄板の肩部分から肩上(わたがみ:の背面から両肩に続けて前の胸板高紐〔たかひも〕にかけ合わせる部分)が直接伸びている点などにありました。

このようにして作られた南蛮胴は、輸入されていた物と区別して「和製南蛮胴」(わせいなんばんどう)とも呼ばれています。

南蛮胴の種類

南蛮胴の種類

代表的な南蛮胴

防御力に優れ、形状が洗練されていることから、武将の間で人気を博した南蛮胴。非常に高価で貴重だったため、限られた人物しか所用することができませんでした。

徳川家康

徳川家康

現代に伝わるのは、徳川家康所用の南蛮胴です。

徳川家康を祀る「日光東照宮」(にっこうとうしょうぐう)と「紀州東照宮」(きしゅうとうしょうぐう)には、生前に徳川家康が所用していた「南蛮胴具足」(なんばんどうぐそく)が奉納されており、紀州東照宮所蔵の南蛮胴は、10ヵ所の大きな窪みがあります。

これは、強度を確認するために、徳川家康が鉄砲で試し撃ちをさせた跡だと言われていますが、いずれも貫通はしていません。

この点からも、南蛮胴が武将の求めていた高い耐久性を有していたことが分かります。

「織田信長 甲冑写し」のYouTube動画

織田信長の甲冑の写しを
YouTube動画でご覧頂けます。

織田信長 甲冑写し

織田信長と甲冑

織田信長と甲冑をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)と武将」の記事を読む


関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)
「徳川家康」率いる「東軍」が勝利を収めたのは、徳川家康が見事な采配を振るったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは、徳川家康をはじめ、「本多忠勝」、「井伊直政」、「榊原康政」などの家臣団や、「黒田長政」、「福島正則」、「加藤清正」、「細川忠興」、「伊達政宗」、「藤堂高虎」、「加藤嘉明」といった東軍の武将の強さについて、甲冑を通して見ていきます。

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

戦国武将と甲冑

戦国武将と甲冑
甲冑とは、胴体を守る鎧と頭部を守る兜からなる防具のことで、古くは弥生時代から用いられたとされています。そして時代の流れと共に甲冑の形状は変わり、戦国時代では、武将の威厳や地位の高さを誇示する物としても活躍しました。名だたる戦国武将の中から、「武田信玄」、「森可成」、「明智光春」、「前田利家」、「立花宗茂」が愛用した甲冑と特徴について詳しくご紹介します。 「甲冑と武将」YouTube動画

戦国武将と甲冑

戦国武将と兜

戦国武将と兜
兜は頭部を守る防具としての役割の他、武将の威厳や地位を表す物として使用されました。特に個性的で目立つ兜を「変わり兜」と言い、数多くの戦国武将が自らの宗教観や人生観を反映させたと言われています。歴史に名を残す戦国武将から「上杉謙信」、「山中幸盛」、「豊臣秀吉」、「蒲生氏郷」、「黒田官兵衛」、「佐竹義重」が愛用した兜について、人物像と共にご紹介しましょう。

戦国武将と兜

豊臣秀吉と甲冑

豊臣秀吉と甲冑
派手好きというイメージが定着している「豊臣秀吉」。豊臣秀吉所用と伝わる甲冑についても、その多くに派手なデザインと色使いが用いられています。 安土・桃山時代は、意匠を凝らした甲冑(当世具足:とうせいぐそく)が多数制作された時代でしたが、中でも豊臣秀吉所用とされている甲冑は際立つ存在です。 今回は、豊臣秀吉と甲冑にまつわる話をご紹介します。

豊臣秀吉と甲冑

石田三成の甲冑

石田三成の甲冑
全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将、石田三成。ここでは、石田三成という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

石田三成の甲冑

徳川家康と甲冑

徳川家康と甲冑
「徳川家康」は、戦国時代における最後の勝者と言っても良いでしょう。戦国時代という激動の時代を生き抜いた徳川家康にとって、自らの身を守る甲冑は切っても切れない物でした。 若かりし頃から権力をその手に握ったときまで、戦場において徳川家康が運命を共にした甲冑を通してそのときの徳川家康に迫ります。また、徳川家康の兜について、イラストでご紹介しております。

徳川家康と甲冑

直江兼続と兜

直江兼続と兜
「直江兼続」(なおえかねつぐ)と言えば、大河ドラマの主役にもなった有名な武将。その直江兼続の代名詞とも言えるのが、前立に大きな「愛」の文字をあしらった兜です。 安土・桃山時代以降において、兜所用者の哲学や思想を託したとされる立物の中でも、一際目を引く斬新なデザイン。その由来には、大きく分けて3つの説がありました。今回は愛の立物に秘められた直江兼続の「想い」を探ります。

直江兼続と兜

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)
江戸幕府と豊臣家の間で行なわれた合戦である大坂の陣は、「大坂夏の陣」と「大坂冬の陣」から成ります。その大坂夏の陣において、豊臣側の武将として「徳川家康」(とくがわいえやす)の本陣まで攻め込む活躍を見せた「真田幸村」(さなだゆきむら)。ここでは、真田幸村という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)

直江兼続の甲冑

直江兼続の甲冑
米沢藩の初代藩主である上杉景勝を支えた武将「直江兼続」。「関ヶ原の戦い」の敗戦後、米沢城下の整備を徹底的に推進し、現在の城下町米沢の基盤を築きました。ここでは、直江兼続という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

直江兼続の甲冑

注目ワード
注目ワード