拵・刀装具
拵の基本解説
拵・刀装具
拵の基本解説

文字サイズ

日本刀(刀剣)の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

太刀の成り立ちと太刀拵の各部の名称

太刀の形態は、平安時代後期ごろに確立された物。平安時代から鎌倉時代にかけての戦闘様式は、主に馬上戦。そのため、片手で手綱を持って馬を操りながらも、もう一方の手で日本刀(刀剣)を抜きやすく、そして振り下ろしやすいことが重要でした。そこで用いられるようになった日本刀(刀剣)が太刀。

反りが深い刀身の刃を下向きにして、腰帯から吊るすことで馬のお尻に当たらないように工夫されたのです。このような状態で太刀を身に付けることを、「佩く」(はく)と表現します。日本刀(刀剣)の太刀を腰に佩く、すなわち腰帯から吊るすことに特化されていることが、太刀拵の最大の特徴。そのための部位には、「帯執」(おびとり)や「太刀緒」(たちお)などがあります。

太刀拵の各部の名称

太刀拵の各部の名称

冑金/兜金(かぶとがね)
冑金

冑金

拵の最先端となる柄頭(つかがしら)を保護するための金具。鞘が割れることを防ぐ。

天皇や朝廷の儀式の際に公家が佩用(はいよう)する儀仗(ぎじょう:儀礼に用いる装飾的な武器のこと)用の飾太刀(かざりたち/かざたち)が平安時代より流行したことから、それに付属する豪華絢爛な他の部位の装飾に合わせて、細かな彫刻や象嵌(ぞうがん:工芸技法のひとつ)などが施される部位となった。

猿手(さるて/さるで)
猿手

猿手

冑金に装着される金具で、「腕貫緒」(うでぬきお:主に馬上において、手首に巻き付けて日本刀(刀剣)が手から落下することを防ぐための緒)を通すための物。

猿が手を繋いでいるように見える意匠となっている。

縁/縁金物(ふち/ふちかなもの)
縁/縁金物

縁/縁金物

柄口(つかぐち:柄の入口)に装着する金具。

金、銀、銅や真鍮(しんちゅう)など様々な素材が用いられ、立体的な肉彫(ししぼり)などの彫刻が施される。

口金物(くちかなもの)
口金物

口金物

鞘口(さやぐち:日本刀の鞘の、鍔を受けて刀身を入れる口)部分を補強する目的で装着される金具。

足金物[一の足](あしかなもの[いちのあし])
足金物

足金物

「足金物」とは、腰帯から太刀を吊り下げるための一対の金具のこと。そのうち、鞘口に近いところに取り付けられている物。

足金物[二の足](あしかなもの[にのあし])
足金物のうち、鞘口から遠いところに取り付けられている物。

渡巻(わたりまき)
渡巻

渡巻

足金物の間に金襴(きんらん:金糸や金箔を織り込んで柄を現した布地のこと)をかけて、その上に柄巻と同じ紐を巻き付けた物。

鞘の保護だけでなく、足金物を固定する役割もかねている。

太刀緒/佩緒(たちお/はきお)
太刀緒/佩緒

太刀緒/佩緒

太刀を腰に佩く際に、腰に巻き付けて鞘を固定するための組紐や革紐。

帯執(おびとり)
帯執

帯執

太刀緒を通し、絡めて固定するための部位。足金物に付属する。

責金物/責金(せめかなもの/せきがね)
責金物/責金

責金物/責金

鞘が割れることを防ぐために、鞘の中間あたりに装着される環状の金具。

「柏葉金物」(かしわばかなもの:もともと柏葉の意匠が施されていた金具)などが用いられる。

石突金物(いしづきかなもの)
石突金物

石突金物

鞘尻(さやじり:鞘の末端部分)を保護するために装着される金具。

「石突」から刃方に向かって責金物に至る長さにした「芝引」(しばびき)と呼ばれる金具を付け、鞘の耐久性をさらに高める物などがある。

打刀の成り立ちと打刀拵の各部の名称

打刀は室町時代ごろから登場し、太刀に代わって戦に用いる日本刀(刀剣)として一般化されるようになりました。

このころになると、馬から降りて徒歩で行なう徒戦(かちいくさ)に戦闘様式が変化。馬上戦とは異なり集団での接近戦が主流となったため、敵対する相手よりも1秒でも早く日本刀(刀剣)を鞘から抜くことが、重視されるようになったのです。そのため、日本刀(刀剣)の反りを浅くして刀身を短くすることで扱いやすくし、腰帯に直接差し込んで固定することで刀身を鞘から抜きやすくしました。

打刀は、敵に遭遇した際、即座に斬り付けられるように刃を上向きにして腰帯に装着します。この状態で日本刀(刀剣)の打刀を携帯することを、「差す」と言うのです。

打刀拵は、「栗形」(くりがた)や「返角」(かえりつの)などがその特徴的な部位。これらには、素早く抜刀する際に鞘や刀身そのものの落下を防ぐ役割があります。

打刀拵の各部の名称

打刀拵の各部の名称

(ふち)
縁

柄口を補強するために、鍔に近い側に装着される金具。頭と同じく角製の物もある。

頭と揃いの意匠であることが多く、両者をまとめて「縁頭」(ふちがしら)と呼ぶ。

(かしら)
頭

柄の先端部分を補強するために装着される金具。

水牛などの角製の場合もある。太刀拵の「冑金」に相当する。

鯉口(こいくち)
鯉口

鯉口

鞘の入口部分。形状が鯉の口に似ていることから名付けられた。

動物の角などで作られた物が装着されている。

下緒(さげお)
下緒

下緒

鞘に巻き付けてある組紐。

打刀を腰に差す際に、帯に絡めて固定するために用いられる。

栗形(くりがた)
栗形

栗形

打刀拵の差表(さしおもて:刀の刃を上にして腰に差したときに外側になる面)側、鯉口近くに付けられる下緒を通すための穴がある突起物。

多くは栗の実を半分に断ち切ったような形をしており、角だけでなく、木や金属などでも作られる。穴を「刳り貫く」(くりぬく)という意味の「刳り形」が語源となっており、栗形は当て字。

返角/逆角(かえりづの/さかづの)
返角/逆角

返角/逆角

鞘の中間あたりに設けられている留め具。抜刀の際、この突起物が帯に当たることで、鞘ごと前方に抜け出ないように工夫されている。

多くは角製であるが、「折金」(おりがね)と呼ばれる金属製の物もある。

(こうがい)
笄

髪の乱れを直したり、髷(まげ)の中の痒いところを掻いたりするなど、身だしなみのための小道具。先に耳掻きが付いた物などもあり、差表側に設けられた「笄櫃」(こうがいびつ)と呼ばれる溝に収納される。

銀や木、象牙や竹など様々な材質が用いられ、江戸時代には蒔絵が施された物など、実用性よりも装飾性が重視された物が作られるようになった。

小柄(こづか)
小柄

小柄

細工や雑用などに用いられた小刀用の柄。「小柄」が装着された小刀そのものを小柄と呼ぶこともある。

打刀拵の差裏(さしうら:刀を腰に差したときに体側になる面)側に設けられた「小柄櫃」(こづかびつ)と呼ばれる溝に収納され、非常時などには手裏剣のように投げ打つなどして用いられることもあった。笄と同様、刀剣装飾における技術の発展に伴って、精緻な細工が施されるようになった。

(こじり)
鐺

打刀拵の「鞘尻」の部分。

また、鞘尻の破損を防ぐために装着された金具(角製の場合もある)のことも「鐺」(こじり)と言う。

太刀拵の「石突金物」に相当する。

太刀拵と打刀拵共通の刀装具

通常は、すべての制作工程をひとりの刀工が行なう刀身に対し、拵は鞘師や柄巻師(つかまきし)、そして金具を制作する金工師など複数の工匠の技術が結集した、言わば日本の伝統工芸の総合芸術。日本刀(刀剣)の拵は、美観に優れているだけではなく、その役割には、どんなときにも日本刀(刀剣)を実戦に用いられるように、刀身を錆やホコリなどから保護するのはもちろんのこと、日本刀(刀剣)を安全に携帯することにあります。

日本刀(刀剣)は、時代を経て戦闘様式が変化したことに伴い、刀身の反りが深い太刀(たち)から、反りが浅い打刀(うちがたな)へ移行しました。そして、常に刀身と共に使用されていた拵もまた、その影響を受けて「太刀拵」(たちごしらえ)から「打刀拵」(うちがたなごしらえ)に変化したのです。各拵の形式は異なりますが、それぞれの刀装部位のなかには、名称とその働きが共通している箇所もいくつかあります。

(つか)
柄・柄巻

柄・柄巻

手で握る部分である刀身の「茎」(なかご)に装着する部分。

柄巻(つかまき)
「柄」を革緒(かわお)や組紐などで巻き締めた物。柄を装飾するだけでなく、柄そのものの補強や手の滑り止めとしての効果も得られる。

目釘(めくぎ)
目釘

目釘

柄と茎孔(なかごあな)に差し、刀身が柄から抜けることを防いだ留め具。

竹製の物が多いが、金属や水牛の角で作られた物もある。

目貫

目貫

もともとは「目釘」と一体化していた飾り金具であったが、近世に入ると装飾性が高められて目釘から分離するようになり、刀装の中心的な部位となった。

赤銅や金などが用いられ、手溜まりを良くするための部位でもある。

鐔/鍔(つば)
鍔

柄と刀身の境目に装着する金具。

柄を握る手を防御し、日本刀(刀剣)の重心を調節する。主に鉄製であるが、銅で作られている物もある。

(さや)
鞘

ホコリや雨露から保護するために、刀身を収める部分。木地に漆塗とした物や革製、鮫皮を巻いた物などがある。

近世以降には素材がさらに多種多様になり、より豪華で美しい意匠を施すことで美術品にまで高められる物もあった。

しかし、太刀拵と打刀拵それぞれに付属する部位は、やはりその多くが異なる物になっています。形状に違いのある太刀と打刀の間には、着用方法や抜刀の際の向きなどに違いが見られるため、両者に付属する刀装部位も必要な物がそれぞれ違うのです。

これらの違いは、日本刀(刀剣)の太刀と打刀の成り立ちを知ることで理解しやすくなります。

拵の基本解説

拵の基本解説をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「拵・刀装具」の記事を読む


刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀(刀剣)の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀(刀剣)が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)
日本刀(刀剣)は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)
刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀(刀剣)を手に取る際に触れる柄と、日本刀(刀剣)を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀(刀剣)の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀(刀剣)や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」(刀剣)の外装のことで、元々は日本刀(刀剣)を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類
刀装具は、元来「日本刀」(刀剣)を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀(刀剣)を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装具彫刻の種類

刀装具の名工

刀装具の名工
室町時代になると、足利将軍家による技芸に秀でた人々を集める「同朋衆」(どうぼうしゅう)政策などの影響もあり、日本刀(刀剣)制作の分業化・専業化が進みました。従来、刀装(とうそう)金具については、すべて下地から制作されていましたが、下地作りは「白銀師」(しろがねし)が行ない「鍔」(つば)については「鍔師」(つばし)が、そして彫刻(金工)については彫刻の専門家が行なうようになっていったのです。ここでは、刀装具を制作する職人、及び「金工師」(きんこうし)の名工についてご紹介します。

刀装具の名工

注目ワード

ページトップへ戻る