武将・歴史人
坂本龍馬と刀
武将・歴史人
坂本龍馬と刀

文字サイズ

幕末の志士として人気の高い「坂本龍馬」。
小説をはじめ、ドラマ・映画で何度も取り上げられ、好きな偉人や尊敬する歴史上の人物といったアンケートでも、坂本龍馬は必ず上位にランクインしています。
江戸で勝海舟と出会い、外国に負けない海軍を創設して対等に渡り合っていきたいと考えた坂本龍馬。坂本龍馬が書いた手紙に記載された「日本を今一度洗濯したい」という名言は有名です。
享年31歳で暗殺されるまでの坂本龍馬の生涯と、坂本龍馬という人物について、坂本龍馬の愛刀とともにご紹介します。

坂本龍馬と勝海舟の出会い

坂本龍馬

坂本龍馬

「坂本龍馬」は、1836年(天保7年)1月3日、高知県で坂本家の二男として生まれます。坂本家は土佐藩のなかで「郷士」という下級武士でしたが、商人出身の裕福な家庭。そこで、剣術を極めて出世するために、19歳になった坂本龍馬は剣術修行で江戸に出ます。

江戸での修行中、坂本龍馬の人生を大きく左右する事件が起きます。黒船来航です。アメリカ軍のペリーが率いた巨大な軍艦は、天皇を尊び外国を排除する「尊王攘夷」(そんのうじょうい)という思想を生み出し、この流れに坂本龍馬も引き込まれていきます。

一度は土佐に帰った坂本龍馬ですが、各地で高まっている「尊王攘夷運動」に参加するために、土佐藩から脱藩。江戸に戻って「勝海舟」(かつかいしゅう)と出会い、外国を排除するのではなく、外国に負けない海軍を創設して対等に渡り合っていきたいと考えるようになります。

この頃手紙に記した「日本を今一度洗濯したい」という名言は、広く知られています。

坂本龍馬の愛刀/勝光宗光(かつみつむねみつ)合作刀

坂本龍馬が幼少期からずっと大切にしていたとされる脇差があります。備前長船の刀工「勝光」と「宗光」の合作刀で、「五大力菩薩」という仏の名前が刻まれた日本刀(刀剣)。1929年(昭和4年)に東京の展覧会にて「坂本龍馬が特に愛した刀」として紹介されたあと、行方が分からなくなっていました。

その後、2015年(平成27年)9月に北海道在住の坂本家の関係者が保管していたことが分かり、86年ぶりに公開されました。

勝光宗光合作刀

ランク 刃長 所蔵・伝来
備前国住長船
次郎左衛門勝光
左京進宗光
永正二年八月吉日
52cm 個人蔵

薩長同盟締結に向けて奔走した坂本龍馬

西郷隆盛

西郷隆盛

坂本龍馬は交友関係が広く、薩摩藩の「西郷隆盛」(さいごうたかもり)や長州藩の「桂小五郎」(かつらこごろう)とも交友がありました。

薩摩藩と長州藩は敵対関係にありましたが、ともに財力・政治力を持ち合わせ、「幕府を倒す」という大きな目標に向かっていました。「この2藩が力を合わせれば巨大な勢力となる」と考えた坂本龍馬は、両藩による同盟締結に向けて奔走し、実現します。

薩長同盟から2日後、坂本龍馬は寺田屋で襲撃を受けます。ここで坂本龍馬の命を救ったと言われているのが、妻のお龍(おりょう)。裸のままで危機を知らせに走ったそうです。この襲撃で坂本龍馬が使用したのは拳銃。多勢に無勢の状況のなか、一命を取り留めます。傷を負った坂本龍馬は、治療のために霧島温泉で療養することに。お龍と2人で向かったというこの療養の旅は、日本初の新婚旅行とされています。

大政奉還を実現した坂本龍馬

土佐藩の参政「後藤象二郎」(ごとうしょうじろう)とも親交のあった坂本龍馬は、後藤と2人で長崎から兵庫へ向かう船内において「船中八策」(せんちゅうはっさく)という政治指針を作成。土佐藩主に提示するよう、後藤に託しました。

この船中八策には「大政奉還」(たいせいほうかん)が明記された他、議会政治や憲法の制定など、新国家の構想が示されていました。

1867年(慶応3年)10月3日に土佐藩から将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)に大政奉還が申し立てられ、10月15日に成立しました。坂本龍馬の苦労が報われたのです。

坂本龍馬暗殺とその謎

大政奉還から1ヵ月後の11月15日の夜、坂本龍馬は同郷の「中岡慎太郎」(なかおかしんたろう)と2人でいるところを襲撃され、暗殺されてしまいます。享年31歳でした。

坂本龍馬が暗殺された事件は「近江屋事件」と呼ばれ、実行犯は今も謎のままです。最初に疑われたのは新撰組。しかし、新撰組局長の「近藤勇」(こんどういさみ)は否認しています。その後、薩摩藩による陰謀説など様々な憶測がされますが、最も有力なのが、京都見廻組(みまわりぐみ)の説。当時、京都見廻組に所属していた「今井信郎」(いまいのぶお)による自供が決め手でした。なお、今井の供述と現場の状況に食い違いがある点などから、供述の信憑性には疑問が残されています。

坂本龍馬の愛刀/陸奥守吉行

坂本龍馬の日本刀(刀剣)として最も有名なのが、「陸奥守吉行」(むつのかみよしゆき)です。陸奥守吉行は、日本刀(刀剣)の号ではなく刀工の名前で、摂津国(大阪府)から土佐に移り住んだ人物です。

この日本刀(刀剣)は、坂本家の家宝として大切に保管されていた物で、坂本龍馬は兄に頼みこんで譲り受けました。近江屋で暗殺されたときも所持していたと伝えられています。坂本龍馬の死後、陸奥守吉行は数奇な運命をたどります。

1913年(大正2年)、当時保管されていた坂本家の子孫宅で火災に巻き込まれ、鞘は焼け、刀も変形。のちに研ぎ直されましたが、刀身に反りがなく特徴的な刃紋もないことから、長い間陸奥守吉行と認められることはありませんでした。

その後、ひとりの学芸員による「うっすらと別の刃紋が見える」という指摘により、文化財用のスキャナーで確認したところ、拳型丁字の特徴的な刃紋の跡を発見。2015年(平成27年)5月10日に、ようやく坂本龍馬の最期の日本刀(刀剣)、陸奥守吉行として認定されました。

陸奥守吉行

陸奥守吉行

ランク 刃長 所蔵・伝来
吉行 2尺2寸 京都国立博物館

坂本龍馬と刀

坂本龍馬と刀をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂と刀

坂上田村麻呂と刀
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂と刀

足利尊氏と刀

足利尊氏と刀
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏と刀

楠木正成と刀

楠木正成と刀
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成と刀

新田義貞と刀

新田義貞と刀
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞と刀

足利義満と刀

足利義満と刀
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満と刀

明智光秀と刀

明智光秀と刀
明智光秀と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物として有名です。 織田信長を裏切った主君殺し、逆賊と嫌われている印象が強く、明智光秀について良いイメージを持たない人もいるでしょう。 しかしその反面、明智光秀は頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面もあり、織田信長も、明智光秀を高く評価していたと言われています。 明智光秀の人物像と、明智光秀の愛刀が持つ逸話とともに、明智光秀の生涯についてご紹介します。

明智光秀と刀

朝倉教景と刀

朝倉教景と刀
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景と刀

池田輝政と刀

池田輝政と刀
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政と刀

石田三成と刀

石田三成と刀
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。 石田三成が15歳だった頃、偶然その寺に立ち寄った豊臣秀吉に見いだされ仕えることになったのが、戦国武将・石田三成の始まりと言えます。 石田三成は、27歳で「九州征伐」、32歳で「小田原攻め」に従軍するなど、参謀として数々の戦に参戦しました。しかし、石田三成は戦場で目立った武勲を挙げていませんが、豊臣秀吉は政務や経済面での才能を高く評価し、側近として寵遇しました。 ここでは、石田三成の生涯と石田三成が常に腰にしていた愛刀についてご紹介します。

石田三成と刀

注目ワード

ページトップへ戻る