日本刀を作る
日本刀に宿る神性
日本刀を作る
日本刀に宿る神性

文字サイズ

武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

装飾以外にもあった刀身彫刻の役割とは!?

始まりは実用性をかねた創意工夫

樋

「刀身彫刻」の始まりは、古墳~奈良時代(3世紀中頃~794年)に主流であった「直刀」(ちょくとう)から行なわれていたことが分かっています。平安時代(794~1185年)の中頃になると「湾刀」(わんとう)が出現し、戦闘様式の変化と共に日本刀(刀剣)の存在が武士にとって身近な物になり、より広く普及・流行するようになりました。

刀身彫刻専門の職人もいましたが、腕に覚えがある刀匠は、「彫同作」(ほりどうさく)、または「同作彫之」(どうさくこれをほる)などと銘を切り、自身で彫っていたと考えられています。

鎌倉時代(1185~1333年)の中期頃に幅広の「太刀」(たち)が現れましたが、そこで問題となったのが刀身の重量の増加。日本刀(刀剣)を操作する利便性を考えると、その軽量化は必要不可欠です。しかし、重量を軽くしたいがために、刀身をただ削ってしまうだけでは、幅広にしたことでせっかく高まった強度が減少してしまいます。

【樋】刀 無銘 貞宗

【樋】
刀 無銘 貞宗

詳細を見る

このような矛盾を解決するために考案された工夫が、刀身彫刻の中でも最も多く見られる「樋」(ひ)と呼ばれる物。

刀身の刃と「棟」(むね:刃の反対側)の間にある稜線のことを「鎬」(しのぎ)と言い、樋は、鎬と棟の間にある「鎬地」(しのぎじ)に比較的深く彫り込まれた溝のことです。

刀身の樋には、斬り付けたときに刃筋方向に加わる力を吸収し、衝撃が緩和されることで刀身が曲がりにくくなるという効果があります。

すなわち、刀身彫刻の一種である樋は、日本刀(刀剣)の強靭さを減少させることなく軽量化を図るための、実用面での創意工夫だったと言えるのです。

実用性重視から「祈り」を込めた彫刻へ

樋には、その形状や位置により様々な名称が付けられ、幅や太さ等に彫師の癖や個性が表れると考えられています。

その中でも一般的な物は、鎬地全体に太くて深い溝が1本だけ彫られている「棒樋」(ぼうひ)で、棒樋に並んでもう1本細い溝が添えられている物を「添樋」(そえひ)、棒樋の先端が細く尖るように仕立てられ、菖蒲(しょうぶ)の葉のようになっている物を「菖蒲樋」(しょうぶひ)と呼んでいます。

これらは実用性を重視して彫られていた樋でしたが、鎌倉時代末期になると、ある信仰の対象を表現した「二筋樋」(ふたすじひ)という同じ太さの樋が2本並んで彫られた物が見られるようになります。この樋に関連する宗教は、平安時代にインドから伝わった、大乗仏教の秘密の教えである「密教」(みっきょう)でした。

二筋樋は、その修法(しゅほう:災難や病気をはらうために行なわれる密教での祈祷の儀式)に用いられる 「護摩箸」(ごまばし)を表現しており、密教の本尊「大日如来」(だいにちにょらい)の化身である「不動明王」(ふどうみょうおう)が変形した物であると考えられています。

  • 【二筋樋】短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)

    【二筋樋】
    短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)

    詳細を見る

  • 【不動明王】短刀 銘 越前康継 於武州江戸

    【不動明王】
    短刀 銘 越前康継 於武州江戸

    詳細を見る

密教の流行と刀身彫刻の関係

二筋樋を始めとする密教関連の物が日本刀(刀剣)に彫られるようになった背景は、武士と日本刀(刀剣)の役割を考えると見えてきます。

不動明王を表す刀身彫刻の例

不動明王を表す刀身彫刻の例

当時の武士にとっては、日本刀(刀剣)は敵を倒すための武器であると同時に、自らの命を守るための物でもありました。そのため、どんなに強い武士であっても日本刀(刀剣)に精神的な拠り所を求めるのは自然なことだと言えます。

また、「現世利益」(げんぜりやく:この世に生きている間に与えられる仏の恵み)と言う密教の教えが、武士が求める生き方に即した考え方であったことから、彼らの間で流行するようになりました。このような理由により、刀身彫刻に加護の祈りを込めるようになり、密教的な色合いの濃い物が増えていったのです。

【梵字】刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

【梵字】
刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

詳細を見る

密教がテーマとなった刀身彫刻の種類にはいくつかありますが、その中でも最も古い物とされているのが「梵字」(ぼんじ)です。

インドで万物を創造したとされる仏教の守護神「梵天」(ぼんてん)が作った文字で、刀身彫刻における梵字の多くは、神仏の名称を表現した図柄になっています。

また、密教の不動明王は、現代でも「お不動さん」と呼ばれて庶民に親しまれていますが、平安時代には貴族が私的な利益を追求するための信仰対象でした。

【素剣】短刀 銘 光包 延慶二年二月日

【素剣】
短刀 銘 光包 延慶二年二月日

詳細を見る

そして、鎌倉時代には諸願成就や蓄財、厄除けなどの功徳があるとされ、武士が好んで信仰するようになったため、刀身彫刻には不動明王が様々な形で描かれています。

その中には、簡潔なデザインで描かれた不動明王の化身である「素剣」(すけん)や、不動明王の変化神の一種である「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)などが見られるのです。

倶利伽羅龍は、龍が剣に巻き付きながらこれを飲み込もうとしている様子の図柄で、龍が仏法、剣が外道(げどう:仏教以外の教えやそれを信じる人)を表し、仏法が外道に勝利するさまが描かれた物です。

書道で「真書」(楷書)、「行書」、「草書」と順に書体を崩していくように、あらゆる物事の表現には「真行草」(しんぎょうそう)の考え方が用いられ、刀身彫刻においては、この倶利伽羅龍に真行草の顕著な例が多く見られます。

倶利伽羅龍 真行草三体

倶利伽羅龍 真行草三体

装飾性が高い彫刻は「太平の世」だからこその表現方法

鎌倉時代後半になると、倶利伽羅龍や不動明王などの図柄は、最も略体化された草体から行体を経て真体へと複雑化し、図柄のデザインだけではなくその技法も、「透かし彫り」(刀身の表面に図柄を肉高く彫り込み、そのまわりをくり抜く技法)のような、高度な技術を必要とする物が取り入れられるようになり、表現の幅が徐々に広がっていきました。

江戸時代の刀身彫刻の例

江戸時代の刀身彫刻の例

江戸時代(1603~1868年)に入って戦乱が治まり、いわゆる太平の世である安定した時代が訪れると、日本刀(刀剣)に命をかけて戦ってきた武士が官僚化します。

そして、実戦の機会が少なくなってきたことに伴い日本刀(刀剣)の武器としての役割がなくなると、刀身彫刻に込められる密教の信仰性は薄れていき、その代わりに美術品としての価値が見出され、より高い装飾性が求められるようになったのです。

【玉追龍】短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六

【玉追龍】
短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿
慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六

詳細を見る

刀身彫刻の装飾性が増したことが分かる物には、「玉追龍」(たまおいりゅう)のような立身出世を祈願する文様や、松竹梅や七福神の布袋様といった縁起物の文様などがあり、それまでと比べて、より華やかでバラエティに富んだ図柄が彫られるようになりました。

また、刀身彫刻の変化には、学問も大いに影響しています。江戸時代初期における学問の主流は、中国の思想家「孔子」(こうし)の教えを究める「儒学」(じゅがく)でしたが、江戸時代後期になると、日本の古典を研究することで日本古来の思想や精神を説く「国学」(こくがく)が盛んになり、日本人が日本人であることを強く意識する気運が高まりました。

これによる「復古思想」(ふっこしそう:過去を良い時代だったと捉え、戻ろうとする考え)のもとに、刀身彫刻では、万葉集を出典とした和歌などの「文字彫り」(もじぼり)や、桜花といった図柄が施されるようになったのです。

「草薙剣」と「天羽々斬」

八岐大蛇の退治

八岐大蛇の退治

日本人は、神々に由来した刀身彫刻を彫ることで、信仰心を表してきました。また、古来より日本刀(刀剣)を神話に登場させることで、日本刀(刀剣)自身に神々への想いを込めてきたのです。

「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献に登場する、草薙剣(くさなぎのつるぎ)と天羽々斬(あめのはばきり)は、「素戔嗚尊」(スサノオ)による「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)の退治に登場する日本刀(刀剣)。その神話は、以下のような内容です。

スサノオは、出雲国(島根県)で、奇稲田姫(くしいなだひめ)を囲んで泣いている老父の脚摩乳(あしなづち)と、老母の手摩乳(てなづち)を見かけました。奇稲田姫らが泣いていた理由は、ヤマタノオロチと言う8つの頭を持つ巨大な怪物でした。脚摩乳と手摩乳には8人の娘がいましたが、そのうち7人は、すでに毎年やってくるヤマタノオロチにひとりずつ食べられており、今年はついに末の娘である奇稲田姫まで食べられてしまうので泣いていた、と言うのです。それを聞き、スサノオは奇稲田姫を奥さんにする代わりに、ヤマタノオロチを退治することを提案。その提案を聞いた3人は、スサノオに協力することにしました。

まずスサノオは、奥さんとなった奇稲田姫の身を守るために、彼女を櫛の形に変えると、それを自分の髪に挿しました。そして脚摩乳と手摩乳に、家の周囲に垣根と8つの門を造り、それぞれの門に強い酒を桶に入れて大量に準備するように指示しました。

そして、ヤマタノオロチがやってきました。ヤマタノオロチは酒が置いてある門それぞれに8つの頭を突っ込み、大量に酒を飲んで酔っ払い、眠ってしまいます。そこで、スサノオは眠ったヤマタノオロチの体を切り刻み、ヤマタノオロチを退治しました。このときに用いた日本刀(刀剣)が天羽々斬です。この際、ヤマタノオロチの尻尾から草薙剣が出てきたとされています。

さらに、天羽々斬は鋒/切先が欠けていると言われており、これはヤマタノオロチの身体を切り刻む際に、草薙剣に当たったからだという伝承による物です。

日本刀から生まれた神々

伊邪那岐命と迦具土神

伊邪那岐命と迦具土神

古事記によると、様々な神様が日本刀(刀剣)より生まれています。そのひとつとして、日本刀(刀剣)に滴った血から神が生まれた話があります。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)の妻である伊邪那美命(イザナミノミコト)は、迦具土神(カグツチノカミ)を生んだ際に火傷を負い、それがもとで亡くなってしまいます。これを嘆き、怒ったイザナギノミコトは十束剣(とつかのつるぎ)でカグツチノカミを斬り刻みました。すると、その日本刀(刀剣)に付いた血が岩の上を流れ、石折神(イワサクノカミ)、根折神(ネサクノカミ)、石筒之男神(イワツツオノカミ)の3柱の神様が生まれました。

次に、鍔から流れた血から甕速日神(ミカハヤヒノカミ)と、樋速日神(ヒハヤヒノカミ)、建御雷之男神(タケミカヅチノオノカミ)の3柱の神が誕生。さらに、柄に溜まった血が指の間から流れ落ち、闇淤加美神(クラオカミノカミ)と闇御津羽神(クラミツハノカミ)の2柱の神が生まれました。

つまり、カグツチノカミを日本刀(刀剣)で斬っただけで、8柱の神様が誕生したのです。また、斬り刻まれたカグツチノカミからも、新たに8柱の神が別に生まれています。

刀鍛冶の神様

多度大社別宮 一目連神社

多度大社別宮 一目連神社

「天目一箇神」(あめのまひとつのかみ)は、「古語拾遺」(こごしゅうい)や日本書紀などに登場する製鉄・鍛冶の神様です。この神様は、岩戸隠れの際に刀斧や鉄鐸を作ったとされており、このことから、刀鍛冶の神様として三重県桑名市にある多度大社の別宮などに祭られています。

名前にもある目一箇(まひとつ)とは、ひとつ目という意味です。ひとつ目の神である理由は諸説ありますが、ひとつは鍛冶が温度を見るときに片目をつぶっていたことによると言われています。興味深いことに、ギリシア神話に登場する「キュクロプス」という神様も鍛冶の神様であり、ひとつ目であるという不思議な共通点があるのです。

多度大社と刀鍛冶の神様多度大社と刀鍛冶の神様
多度大社と日本刀(刀剣)のかかわりについて、ご紹介します。

まとめ~日本刀に込められた想い~

実用的な役割を経て、日本刀(刀剣)を美術品たらしめる要素のひとつとなった刀身彫刻。

同じモチーフの彫刻であっても、彫師の流派や個性までが分かるほど、彫りの深さや位置などによって違いがあり、また時代によってもそこから醸し出される雰囲気や趣が異なります。

それらには、同時代に創られた絵画や蒔絵といった、刀身彫刻以外の日本の美術品にも共通しているところがあり、併せて学んでみると、刀身彫刻をより深く知ることができます。

日本刀(刀剣)の主役はあくまで刀身であるため、刀身彫刻は刀身の邪魔をせず、主張しすぎない存在であることが大切です。彫師や刀匠は、そのような図柄のデザインを熟考するのみならず、刀身というキャンバスに、制作依頼者が日本刀(刀剣)に託した想いまでをも描いてきました。

刀身彫刻の図柄がそれぞれに持つ意味を知ることで、それらを感じ取ることもまた、日本刀(刀剣)鑑賞における醍醐味のひとつだと言えるのです。

また、古来より日本人は、日本刀(刀剣)に神々との強いかかわりを持たせてきました。これにより、日本人は精神的な拠り所を日本刀(刀剣)に求めていたと考えられるのです。

日本刀に宿る神性

日本刀に宿る神性をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


無鑑査刀匠

無鑑査刀匠
「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」(刀剣)の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

無鑑査刀匠

日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀(刀剣)です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀(刀剣)の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀(刀剣)の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方
「世界一切れる」と名高い日本刀(刀剣)。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀(刀剣)は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀(刀剣)には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀(刀剣)の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀(刀剣)を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

日本刀の研磨

日本刀の研磨
日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

日本刀の研磨

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀(刀剣)。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、日本刀(刀剣)の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

鍛冶の道具

鍛冶の道具
日本刀(刀剣)の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、用いられる道具は30点近くになります。現代では市販されている道具もありますが、刀匠が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから自分で作る場合もあり、いずれも長年の経験に基づいた創意工夫がなされている物です。ここでは、道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

鍛冶の道具

たたら製鉄

たたら製鉄
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀(刀剣)制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀(刀剣)の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀(刀剣)に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀(刀剣)制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀(刀剣)制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。

時代別の火造りの方法

注目ワード

ページトップへ戻る