日本刀を作る

日本刀の研磨

文字サイズ

日本刀鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、様々な職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

他の刃物と異なる日本刀研磨の目的とは

日本刀研磨の技術の成り立ちと発達は、時代を経るごとに研ぎを繰り返すというその性格上、明確にその詳細を知りうる手段はありません。

しかし、宮中での年中儀式などについて書かれた平安時代中期の法典「延喜式」(えんぎしき)に日本刀研磨についての記述が見られ、鎌倉時代に記された刀剣書「観智院本銘尽」(かんちいんほんめいづくし)には、2名の「研師」(とぎし)の名が挙げられています。このようなことから、古い時代から日本刀制作における工程に「研磨」があり、専門に行なう職人が存在していたことが窺えるのです。

日本刀以外の刃物、例えば日々の暮らしの中で使用する包丁を研ぐ目的は、その切れ味を取り戻す、またはさらに良くすること。そして、武具として使用されてきた歴史のある日本刀もまた、突いたり斬ったりするその性能を十分に発揮させるため、研磨が重ねられてきました。

さらに、日本刀研磨の目的は、それだけに留まりません。日本刀は、武家社会が終焉を迎えて訪れた明治時代を境に、武具としてではなく「美術品」として鑑賞の対象となりました。つまり、性能面の強靭さだけでなく、外観の美しさも求められ、評価されるようになったのです。

日本刀の美観を構成する様々な要素には、ひと目観るだけでは分からない微妙な物も多くあります。それをできるだけ多く引出すために行なうのが、日本刀研磨における目的のひとつだと言えるのです。

日本刀研磨の実際

現代まで続く日本刀研磨の歴史とは

現代にまで日本刀研磨の技術が受け継がれてきたのは、南北朝時代「足利尊氏」に同朋衆(どうぼうしゅう:将軍や大名のそばに仕え、芸事や雑務などを担う者)として仕えていた「本阿弥妙本」(ほんあみみょうほん)を祖とする本阿弥家の功績が大きいと言われています。

本阿弥家は代々、刀剣の手入れや研磨、鑑定などを家業としており、足利家に引き続いて豊臣家、徳川家に仕え、将軍家所有の刀剣に関する様々な仕事を担ってきました。

研磨の分野において重宝されてきた本阿弥家。しかし、明治時代に入ると宗家、及びその分家のいくつかは断絶。その一方で存続した分家もあり、現在の本阿弥家を辿ると結び付くのが、宗家第7代当主・光心(こうしん)の3男・光意(こうい)を祖とする分家だったのです。

本阿弥宗家光意系系譜図

本阿弥宗家 光意系系譜図

光意は、宗家第8代当主となる光刹(こうさつ)以外にも数人の兄弟がおり、その中のひとりである光二(こうじ)もまた、分家を立てました。光二はもともと、子がいなかった光心の婿養子でしたが、そののち、光心に実子が生まれたため、自ら宗家を退いたのです。このとき、世はまさに戦国時代でした。

そして、江戸時代初期になると、この光二系から、本阿弥家の中でも最も著名であったと言っても過言ではない第2代当主、「本阿弥光悦」(ほんあみこうえつ)が台頭します。

光悦は、刀剣関連の家業に従事するのみならず、書を始めとして陶芸や茶の湯、漆芸(しつげい)など、様々な芸術分野において「総合芸術家」と称されるほどの才能を発揮。その理由は、日本刀そのものが鍛刀のみならず、金工、木工、蒔絵や彫刻など、多岐にわたる工芸の技術を集結させた総合芸術であることから、工芸に対する審美眼が、幼い頃から自然に磨かれていたことにあるのかもしれません。

近現代の日本刀研磨界の巨匠達が勢ぞろいする光意系本阿弥家。ここからは、その中の代表的な研師について取り上げていきます。

15代・本阿弥平十郎成重(ほんあみへいじゅうろうなりしげ)
本名は「江口倉次郎」(えぐちくらじろう)。第14代当主・直之丞成応(なおのじょうなりおう)の養子となり、その跡を継ぐ明治時代の名人。江戸時代まで伝統的に行なわれてきた「差し込み研ぎ」をもとに、俗に「化粧研ぎ」と呼ばれる新しい技法を考案。

これは、その言葉通り、日本刀の刃文を化粧をしているかのごとく白く、そして美しく観せるために行なうもので、現代で主流となっている技法。近代研磨の基礎を築いた功労者。1882年(明治15年)、55歳没。

16代・本阿弥琳雅(ほんあみりんが)
本姓は山本氏。成応の甥であったが、本阿弥平十郎成重の養子として迎えられ家督を継いだ。初めは「本阿弥成善」(ほんあみなりよし)と名乗っていたが、1911年(明治44年)に愛刀家の「杉山茂丸」(すぎやましげまる)により「琳雅」と命名される。

本阿弥平十郎成重の技法を踏まえて、より入念に刃取り(はどり)を行なうなど、化粧研ぎをさらに発展させた。1927年(昭和2年)、68歳没。

本阿弥光遜(ほんあみこうそん)
1879年(明治12年)、上野前橋藩(こうずけまえばしはん:現在の群馬県前橋市)に仕えていた「川口孫太郎[欽明]」(かわぐちまごたろう[きんめい])の子として生まれる。本名は定吉(さだきち)。成善時代の本阿弥琳雅に師事していた18歳の頃、本阿弥琳雅の世話により、断絶していた光味(こうみ)系の末裔となった名跡・光賀(こうが)を継ぎ、本阿弥光遜と名乗るようになる。本阿弥琳雅の「下地研ぎ」は、ほぼ本阿弥光遜に任されていたことから、本阿弥光遜の研磨の技術は、師匠に認められる相当高いものであったことが窺える。

また、それまで秘伝とされていた日本刀の研磨法や鑑定法を、より広く世の中に伝えていくため、1914年(大正3年)に著書「日本刀」を刊行。さらには「日本刀研究会」を設立し、1915年(大正4年)、研究会の会報誌でもある雑誌「刀剣研究」を創刊。1955年(昭和30年)本阿弥光遜が77歳のときには、現代においても刀剣鑑定の入門書として定評のある名著「日本刀の掟と特徴」を出版し、同年に死去。

平井千葉(ひらいちば)
大正時代から昭和初期にかけて活躍した本阿弥光遜に並ぶ本阿弥琳雅の高弟。初期には師である本阿弥琳雅の穏やかで上品な技法を受け継いでいたが、やがて地鉄の良さを引出し、さらに強調するスタイルに変化。これは「平井研ぎ」と称され、どんなに出来の悪い刀であっても、平井千葉が研ぐと見違えるほどの良品になると評されていた。

逆に平井研ぎの刀は、別の研師が研ぎ直すと、どんな良品でも必ず下作になると言われ、実際に6,000万円の価格を付けられた平井研ぎの刀が、他者の研磨により1,000万円以下の価格に暴落したこともある。

永山光幹(ながやまこうかん)
1920年(大正9年)神奈川県の農家に生まれる。7人兄弟の末子で、本名は茂(しげる)。1934年(昭和9年)、14歳の頃に、本阿弥光遜に弟子入りするが、1941年(昭和16年)に兵隊へ召集され、戦地では軍刀の研磨に従事する。1946年(昭和21年)に復員し、本阿弥光遜のもとへ再入門。1955年(昭和30年)には日本刀の研磨、及び鑑定における免許皆伝を本阿弥家より受け、1968年(昭和43年)神奈川県平塚市の旧宅に「永山美術刀剣研磨研修所」を開設。広く入所希望者を募り、月謝制で効率的に本阿弥家の研磨法の奥義を伝授したことにより、多くの優秀な日本刀の研師を輩出した。

古刀から現代刀に至るまで、国宝重要文化財を含む多数の日本刀の研磨を手がけ、1998年(平成10年)に「重要無形文化財保持者」(人間国宝)に認定。2010年(平成22年)90歳没。

18代・本阿弥光州(ほんあみこうしゅう)
現代にまで続く光意系の2018年(平成30年)現在の当主は、18代目にあたる「本阿弥光洲」。本名は道弘(みちひろ)。1939年(昭和14年)に東京都で生まれ、重要無形文化財保持者(人間国宝)の父・本阿弥日洲(にっしゅう)に師事し、室町時代より日本刀の研磨等を生業としてきた同家に伝わる伝統的な刀剣研磨の技法を高度に体得した。

本阿弥光洲は、2014年(平成26年)に重要無形文化財保持者に認定(光意系からは、戦後に本阿弥光洲を含む4人の人間国宝を輩出している)。1971年(昭和46年)に研磨技術等発表会(現在の刀剣研磨・外装技術発表会)で無鑑査となった。また、日本刀文化振興協会理事長や、美術刀剣研磨技術保存会会長などをつとめている。

日本刀が持つ美しさやその価値が、失われることなく現代にまで伝わっているのは、ここに挙げた光意系本阿弥家をはじめとする多数の研師達が試行錯誤して伝えてきた日本刀研磨の技術を真摯に受け継ぎ、創意工夫を重ねて進化をさせてきたことがその最大の理由。

作刀技術の技法だけでなく、研ぎの技法が後継者達によって発展し、そして定着しなければ、武器が必要のない現代の日本に、日本刀が存在し続けることは不可能だったかもしれません。

化粧研ぎによる日本刀研磨の手順

日本刀の化粧研ぎによる研磨の手順は、大きく分けて下地研ぎと「仕上げ研ぎ」の2段階。しかし、その前には日本刀を制作した刀匠による「鍛冶押し/荒研ぎ」という工程もあります。

日本刀研磨の最大の目的は、その姿形を整え、美しさを最大限に引出すこと。そのため、日本刀の美しさにおける最大の拠り所とも言える刃文をよく確認できるように、下地研ぎでは目の粗さが異なる7種類ほどの砥石(といし)を、粗い物から細かい物に順次交換しながら研磨を行なっているのです。

ここでは、鍛冶押しから下地研ぎを経て、日本刀研磨の最終段階となる仕上げ研ぎまでの工程を、順を追ってご説明します。

鍛冶押し/荒研ぎ(かじおし/あらとぎ)
研磨の下地研ぎに入る前、焼き入れの済んだ刀身の形を整えるために行なう工程です。刀身の形や線を決め、最終的なでき映えを確認するために刀匠自らが仕上げ、その後、研師のもとへ回します。

下地研ぎ(したじとぎ)
下地研ぎにおいては、古くは天然の砥石が使われていました。しかし、入手が困難になってきたこともあり、現代の研磨の工程で用いられるのは人造の物が多くなっています。

※なお、砥石の粒度は番数が少ないほうが、目が粗い砥石です。

伊予砥(いよど)
伊予砥

伊予砥

[砥石の粒度]120~220番

赤錆の除去や、打ち下ろし(刀匠による荒研ぎまで終わった状態)の刀身を研いで、大まかな形を決めることを目的に用いられる、最も目が粗い砥石。

これ以降の作業では、ここで決めた「肉置」(にくおき:鎬地以外の刀身の厚さ)を維持しながら、より精巧な形状の刀身を目指して研磨が繰り返されます。

備水砥(びんすいど)
備水砥

備水砥

[砥石の粒度]400番程度

伊予砥による砥石目を取り去り、また姿が狂っている刀身の細部まで調整するのに用いられる砥石。

刀身に対して横向きに砥石目が付くようにする「キリ研ぎ」で行なうことが基本となっています。

また、肉置の形を刀が作られた時代に合わせて整えるための研磨も、この砥石で行なう重要な工程です。

改正砥(かいせいど)
改正砥

改正砥

[砥石の粒度]800番程度

備水砥による砥石目を取り去るために用いる砥石。研ぎ具合の効果が高く、余分に肉を落としてしまう危険性があるため、鋒/切先(きっさき)には当てません。

研ぎ減らしに細心の注意が求められる作業です。ここでは「筋違」(すじかい)という、刀身に対して斜めに砥石目が入るように研ぎます。

中名倉砥(ちゅうなぐらど)
中名倉砥

中名倉砥

[砥石の粒度]1,000~1,500番

この砥石では2工程で作業が行なわれ、まずは備水砥による砥石目を取り去るために、刀身を「大筋違」(おおすじかい:筋違よりもさらに斜め)に研ぎます。

備水砥の砥石目がほぼ抜けてきたら、次に行なうのは「タツを突く」と表現される研磨方法。これは刀身の方向に「シャクル」ようにして縦に研ぐ方法で、この砥石目が乱れることなく整って並んでいることが、研ぎムラがない証拠です。

刀装具である「」(はばき)や「白鞘」(しらさや)を作る場合は、この段階で専門の職人に回します。

細名倉砥(こまなぐらど)
細名倉砥

細名倉砥

[砥石の粒度]2,000番

中名倉砥の砥石目を消しつつ、中名倉砥と同様にタツを突いて刀身を研ぐのに用いられます。下地研ぎの最終工程に入る段階であり、ここまで来ると刃文や地肌(じはだ)が少しずつ観えるようになってくるため、下地研ぎと言っても地刃のでき上がりを左右する、非常に重要な工程です。

時間を十分にかけ、これまでの砥石目を1本たりとも残さないように仕上げます。

内曇刃砥(うちぐもりはど)
内曇刃砥

内曇刃砥

「細名倉砥」の砥石目を取り去り、主に刃の部分を研ぎ、白くする作用があります。

研ぐと言っても、これまでの研磨の作業とは異なり、右腕を引くときに力を込めるので、「内曇を引く」とも言われる作業。刃文や「地中の働き」を存分に発揮させるため、この工程には刀身が熱を持つほどに長い時間を要することがあるのです。

刃と砥石の相性が合わない場合や、刃先などを蹴って疵(きず)が入ってしまった場合などには、細名倉砥の段階に返さなくてはいけなくなるため、思い切りの中にも慎重さが必要になります。

内曇地砥(うちぐもりじど)
内曇地砥

内曇地砥

細名倉砥の砥石目が抜け、内曇刃砥での研ぎが刃の部分に効いてきたら、この段階に入ります。

「刃砥」よりもかなり硬い質の砥石で平地(ひらじ)や鎬地(しのぎじ)といった地部を研ぎますが、刃砥とは逆に、短く引くところが特徴。上手く引くことができると、黒みを帯びた地鉄(じがね)や地沸(じにえ)などの観どころが引出されます。

この「地砥」は地部のみに使用され、鋒/切先には用いられません。

仕上げ研ぎ(しあげとぎ)
下地研ぎの目的は、刀身の姿形を見極め、地刃にもとからある持ち味を引出すこと。そして仕上げ研ぎのそれは、さらにその外観を鑑賞に堪えうる物に完成させることにあります。下地研ぎで用いられる道具は、目の粗さに違いはありながらも砥石のみでしたが、仕上げ研ぎでは、様々な道具を使いその工程も異なっているのです。

(つや)
刀身に艶をもたらすために行なう工程。2種類の砥石を用いて研ぎますが、下地研ぎと異なるのはその研ぎ方。下地研ぎまでは刀を動かして研ぐのに対し、指先に乗せた小さな砥石を動かして研磨を行なう、繊細な作業になっています。

刃艶(はづや)
刃艶砥で研ぐ

刃艶砥で研ぐ

0.5mmほどの薄さに裂いた「内曇砥」(うちぐもりど)を1cm角にし、漆で吉野紙を裏打ちした「刃艶砥」(はづやど)を用いて、刃の部分を研磨します。

砥石の乗りを良くするため、内曇砥の砥汁を刀身に付けながら、刃艶砥を親指の腹の先に乗せて押し滑らせるようにして行なう工程。

下地研ぎまでの砥石目を取ってならし、焼刃部分を梨地状にするために「刃艶」をかけるのです。この工程により、刃文を構成している(にえ)や(におい)といった働きを導き出します。

地艶(じづや)
地艶砥で研ぐ

地艶砥で研ぐ

「鳴滝砥」(なるたきど)と呼ばれる砥石を1mm以下の薄さにした物を使用。和紙で裏打ちした「張り地艶」と、裏打ちをせずそのまま爪の先で細かく砕いて用いる「砕き地艶」があり、どちらを用いるかは研師の流派によって異なります。

10数個ほどの粒を刀身に乗せ、親指の腹で止めながら、上に向かってこするように研いでいくのです。「地艶」の目的は、肌模様や地沸といった地鉄におけるすべてを引出すこと。砥石を使って行なう研磨作業の最終段階でありながら、仕上げ研ぎにおける最も大切な工程であるとも言えます。

拭い(ぬぐい)
拭いを置く

拭いを置く

地鉄を黒くすることによって光沢を出すことを目的とした工程。まず、日本刀制作で鍛錬したときに飛び散る「鉄肌」(かなはだ:酸化鉄粉のこと)を丁子油や椿油で溶いた「拭い」を作ります。

この拭いには、鉄肌以外にも金粉や孔雀石の粉末などが混合されることもありますが、その材料の種類や配合の割合は流派によって異なる秘伝。拭いを刀身に一定の間隔で置き、「青梅綿」(おうめわた)という上質の綿で刀身を拭い込むようにして磨いていく工程です。

刃取り(はどり)
刀身全体に拭いを差すと、刃文まで黒くなってしまいます。刃文を浮き立たせてよく観えるようにするため、白くしていく作業をここで行なうのです。これが、日本刀が美術品として扱われるようになったことによって生み出された化粧研ぎの最大の特徴。

内曇砥の研ぎ汁を付けた刀身を、刃文の形を拾いながら刃艶砥で磨いていく工程ですが、刃文をすべて形通りに構成していくことは不可能に近く、また、行なうべき物ではないとも言われています。それは、刃文は最もよく目に付く箇所であると共に、その品性をも決める重要な箇所であるからです。刀全体のバランスを考えて行なう必要があり、研師が持つ技術やセンス、そして創造性が問われる工程だと言っても過言ではありません。

磨き(みがき)
イボタを打ち付ける

イボタを打ち付ける

刃取りの次の工程は、流派によって多少異なりますが、磨きは、主に刀身の鎬地やをヘラや磨き棒を使って磨き潰していく作業です。

作業の前には、鋼でできた磨き棒の滑りを良くするため、鹿の角を焼いて粉末にした「角粉」(つのこ)を塗って油分を除去したあと、カイガラ虫が原料である「イボタ」という打ち粉を磨きたい部分に打ち付けます。

磨き棒でこする

磨き棒でこする

そのあと磨き棒で磨いていきますが、「磨き潰す」と言っても鎬地と棟の鍛え肌は完全には潰さず、その模様を活かしながら、鏡のような光沢が出るように仕上げなければいけません。

鎺元(はばきもと)や棟の先あたりに若干の磨き残しを作り、磨き棒で「流し」と呼ばれる線を描き入れます。この流しは、研師の一種のサイン。本数や描き方も、研師や流派によって違いが見られるのです。

なるめ
日本刀研磨における一連の作業の最終工程。刃艶砥を用いて鋒/切先部分を白くする作業です。

まず、下地研ぎの段階で決められた横手筋の肉置に合わせて竹ベラで押さえながら小さな刃艶砥を動かし、鋒/切先と平地の間に線を入れ、横手筋を決めます。そのあとは、鋒/切先の中の刃文である「帽子」を研ぐ総仕上げ。最も良質な刃艶砥が貼られた「なるめ台」を用いて、内曇砥の研ぎ汁をたっぷり付けた鋒/切先を前後に動かして研いでいくのです。すると帽子の部分に梨地状の肌目が現れ、1枚の曇りガラスのようになれば完了となります。

日本刀の研磨

日本刀の研磨をSNSでシェアする

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード
注目ワード