一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の部位名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。
刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、刀身はもちろん、鍔や拵といった刀装具についての解説や、各部位の名称、用語の説明もご覧頂けます。

刀身の構造と部位の名称

「刀身」(とうしん)とは、刀剣の本体のこと。(さや)に納まる部位と(つか)に納まる部位に大別されており、先端部の「鋒/切先」(きっさき)に表れる曲線部「ふくら」や、刃先寄りに白く浮かび上がる「刃文」(はもん)など、各部位には名称が付けられています。

刀身は制作者や制作年代、地域によって特有の形状や模様が表れる箇所です。そのため、各部位の名称を覚えるということは、刀剣鑑賞の楽しさを最大限味わうだけではなく、その刀剣がいつ、誰によって作られたのか、歴史を知る上で重要な手がかりとなります。

しかし、刀剣を詳しく知らない人にとって、刀剣の部位名称や特徴をすべて覚えるのはとても難しいことです。はじめは画像を見ながら各部位の名称を覚えていき、その後、より細かな特徴を知っていくことが、刀剣鑑賞の基本と言えます。

刀身(柄つき)

刀身(柄なし)

鍔の構造と部位の名称

「鍔」(つば)とは、上身(かみ:刀身の中でも鞘に納める部分)と(なかご:刀身の中でも柄に納める部分)の間に付ける刀装具(とうそうぐ:刀剣を構成する装備)のこと。刀剣を扱う際、手が上身へ滑らないように付けられました。

鍔は単独で装着するのではなく、「切羽」(せっぱ)と呼ばれる金具を挟むことで固定します。鍔の表面には制作者の年代、地域、また依頼した人の好みによって様々な模様や図柄が施されました。

刀剣が武器として使われた時代の鍔には、戦勝祈願や所有者の無事を祈るために神仏が描かれ、平和な江戸時代以降には、物語の一場面や実在した偉人など、より装飾性が高い彫物が施されたのが特徴です。

拵の構造と部位の名称

「拵」(こしらえ)とは、鞘や柄などを含めた刀装具の総称のこと。1振の刀剣を構成するすべての付属品や部位を示しており、主な役割は刀剣の保護ですが、他にも所有者の威厳や家柄などを象徴する道具として使われました。

拵の各部には名称が付けられており、制作者、制作年代、制作された地域などによってその特徴は様々。拵には大きく分けて、太刀(たち)に用いる「太刀拵」と打刀(うちがたな)に用いる「打刀拵」があります。

太刀拵は、威厳を示すために華美で豪華な装飾が施されました。打刀拵は、実戦で使用するため派手な装飾は施されませんが、(こうがい:鞘の差表[さしおもて]に備え付けられる細長い小道具)や縁頭(ふちがしら:柄の先端に付ける金具「縁」[ふち]、及び鍔と接する部位に付ける金具「頭」[かしら]のこと)などの刀装具に美しい彫刻を施すことで、威厳を示したと言われています。

打刀拵

金梨子地四つ目結紋散糸巻太刀拵

金梨子地葵紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵

金梨子地葵紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵

群鳥文兵庫鎖太刀拵

飾太刀拵

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「日本刀の部位名称」です。数多くの部位や種類を持つ刀剣・日本刀をイラストとあわせて解説しています。刀身はもちろん、鍔や拵といった刀装具も解りやすくご紹介。これから刀剣・日本刀に詳しくなりたい方や、もっと刀剣・日本刀について知りたい方も、ぜひご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード