雑誌等

図説 日本刀入門

編者:歴史群像編集部の「図説 日本刀入門」をご紹介します。

図説 日本刀入門

図説 日本刀入門
内容紹介

全編オールカラーで見やすい日本刀の入門書

まさしく日本刀の入門書としてぴったりの1冊。日本刀の種類から、歴史、鑑賞方法まで幅広いテーマを網羅しています。見た目も全編オールカラーで見やすく、図やイラストも多く掲載されているため、「文字ばかりの本は苦手」という方でも抵抗がありません。

巻頭には「細川忠興」(ほそかわただおき)所有の「歌仙兼定」(かせんかねさだ)、「土方歳三」(ひじかたとしぞう)が所有していた「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)の原寸大写真を収録。刃長(はちょう)おおよそ60cmの姿は、大変美しく一見の価値ありです。

「名将と名刀」では、有名武将が所有していた名刀を紹介。いずれもカラー写真で、刀の姿をつぶさに鑑賞することができる上に、刀がどのように武将の手に渡ったのか、刀がたどっていった経緯が簡潔に説明されています。

日本刀の歴史的変遷や鑑賞方法などが簡潔にまとめられている

「刀剣変遷史」では、各時代における刀の位置づけが解説されています。もともとは古墳時代に日本刀の礎となる刀が誕生し、当時は権力者の象徴とされていました。その後、武士勢力の拡大とともに武器としての刀文化が栄えるようになり、同時に刀工も増えていきます。

そしてさらに日本刀文化が発展していくと、刀身(とうしん)だけでなく刀装具が豪華に制作され始めました。このように、時代と共に変化した日本刀の姿や価値をコンパクトにまとめられています。

その他にも、日本刀の作られ方や刀装具についての説明、名刀にまつわるエピソードなども掲載されており、「刀剣鑑賞図解辞典」では日本刀鑑賞時に役立つような情報が集約。カバーしているテーマが幅広く、説明も簡潔。写真や図も多く収録されているので、刀剣初心者の導入本としてオススメしたい書籍です。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣図書館(図説 日本刀入門)」のページです。
本・書籍から日本刀について学びたい方に「図説 日本刀入門」をご紹介しています。「図説 日本刀入門」の主な内容についてだけでなく、表紙や著者・監修者、出版社といった詳細情報も掲載。刀剣に関する出版物を探す際にお役立て下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード