入門書(上級編)

日本刀全集

監修:本間順治、佐藤寛一の「日本刀全集」をご紹介します。

日本刀全集

日本刀全集
内容紹介

複数の識者による共著。日本刀の基礎知識を学ぶ

日本刀とは何かを、分かりやすく解説した全集の第1巻。専門書にありがちな難解な記述や表記を避けることを編集の基本方針に、各目次を様々な担当者が執筆しています。

第1巻「日本刀の歴史」では、日本刀の歴史から名刀の系譜、武将が愛した日本刀、用語解説などで日本刀の基礎知識を網羅。小泉富太郎の「日本刀の歴史」、辻本直男の「名物と国宝」では、「古事記」、「日本書紀」などの古い記録から日本刀の起源をたどり、鉄器製造と鍛冶技術の発達から、日本刀が武器として進化するまでの過程、鍛冶技術の発展と各地で発展した刀工の集団や時代ごとの日本刀の形式・変遷が解説されています。

そして、現存する名品、国宝認定の名刀を紹介。さらに、刀身(とうしん)・上身(かみ)・(なかご)の拡大写真が豊富に掲載されており、キャプションは分かりやすく常用漢字で表記。歴史的名刀の姿、日本刀鑑賞のポイントを押さえるには最適です。

沼田鎌次の「武将と刀剣」では、大江山酒呑童子退治伝説で知られる「源頼光」(みなもとのよりみつ)の「童子切安綱」、鎌倉幕府5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)の「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、「織田信長」の「名物岡田切吉房」など、名だたる武将・名将達の愛刀とそれにまつわる物語にふれられます。

渡辺国雄の「日本刀の用語」は、日本刀の時代区分から時代ごとの各部の名称、種類と名称、日本刀の大きさを表す「形調測定」の方法と基準などから、茎の(めい)や刃文(はもん)までを、分かりやすく紹介。「刀剣学」としての基本用語を解説しています。

日本刀文化の保護継承に貢献した研究者達の好著

国立博物館や文化財保護などにかかわる公的機関の職務に従事する専門家が執筆者、監修者としてかかわっていることも特徴です。

監修者の「本間順治」・「佐藤寛一」両氏は、敗戦後に武器製造を禁止した占領軍に陳情し、「文化財保護法」や文化財保護委員会の承認に基づき、刀剣鍛錬への許認可や戦後の日本刀文化の継承にも尽力しました。

本書は、日本刀初心者や日本刀愛好家まで、日本刀とは何かを系統立てて学びたい人におすすめ。全8巻ありますが、この第1巻を通読すれば、博物館や旅先での日本刀鑑賞の楽しみ、奥行きが広がるはずです。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣図書館(日本刀全集)」のページです。
本・書籍から日本刀について学びたい方に「日本刀全集」をご紹介しています。「日本刀全集」の主な内容についてだけでなく、表紙や著者・監修者、出版社といった詳細情報も掲載。刀剣に関する出版物を探す際にお役立て下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード