入門書(上級編)

日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付

著者:得能一男の「日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付」をご紹介します。

日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付

日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付
内容紹介

「刀剣研究連合会」を創設した研究者の刀剣愛を感じる内容

本書は、美術刀剣の鑑定家であり研究者としても知られる著者「得能一男」(とくのうかずお)の作品から、再版を重ね好評を博した「日本刀辞典」を改訂・再編集して著者の没後に刊行。

著者「得能一男」は、1933年(昭和8年)富山県生まれ。「近藤鶴堂」(こんどうかくどう)、「村上孝介」(むらかみこうすけ)両氏に刀剣鑑定の手ほどきを受け、刀剣研究のかたわら全国の刀剣勉強会などにて研鑽を重ね、1972年(昭和47年)、複数の刀剣愛好会からなる連合「刀剣研究連合会」を創設・主宰しました。

機関誌「刀連」発行及び刀剣研究連合会会長、伝統刀装工芸会代表、文化庁登録審査委員などを歴任。A5判でコンパクトであるにもかかわらず、事典・図鑑・年表・格付のすべてを網羅した内容となっています。基礎編の「日本刀各部の名称」、「日本刀通史」、「日本刀各部の解説と鑑定」などから、応用編の「入札鑑定法」、「五ケ伝の作風と主要刀工」、「街道別主要刀工一覧」まで、刀剣に関する情報が満載です。

そのなかでも圧巻なのが200ページ以上にもわたる「日本刀剣史年表」。ひとつの刀剣にまつわる刃文(はもん)、押形から、時代や年号、主要刀工の名跡、関連の軍事、鍛冶関連の情報、ゆかりの天皇や武人、文化人、著名人にかかわるエピソードまで、ページの余白を許さないかのような圧倒的な文字量で網羅。奥付スペースにまで情報があふれ出ているほどです。

刀剣愛好家のマニア心をくすぐる全部入りの1冊

刀剣のマニアックな情報が随所に見られるのも本書の特長。

なかでも類書でなかなか見られないのが、(なかご)のの種類にふれた「試し銘」(ためしめい)の項です。銘刀の切れ味を試すために、巻藁、鹿角、樫棒、の他罪人までも試し切りされており、本書では、茎の銘に名を残した試し切りの名手を列記。罪人の身体のどの部位を切断したかを示す、各切断箇所の名称まで図解入りで解説されています。

人間を重ねて切った場合に刻印される「一ツ胴」や「二ツ胴」、また「七ツ胴落」などの銘についても記載されています。作者の刀剣への熱意がほとばしるような、その圧倒的な文字量と情報量です。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣図書館(日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付)」のページです。
本・書籍から日本刀について学びたい方に「日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付」をご紹介しています。「日本刀ファイル 事典・図鑑・年表・格付」の主な内容についてだけでなく、表紙や著者・監修者、出版社といった詳細情報も掲載。刀剣に関する出版物を探す際にお役立て下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード