雑誌等

目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地

目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地

目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地
内容紹介

1977年創刊、古美術・骨董の情報誌

月刊「目の眼」は、1977年に創刊された古美術・骨董の情報誌。出版しているのは、誌名と同じ「株式会社目の眼」です。この月刊誌以外にも骨董や古美術関連の書籍を数多く手掛けており、編集長自身も文筆家として活躍する「白洲信哉」(しらすしんや)氏。

情報誌内で扱うテーマは陶芸、アンティーク、神社仏閣、彫刻など、多岐にわたります。古くから伝わる日本文化を現代に残すと同時に、古美術・骨董の魅力を発信。雑誌に掲載されたコラムの一部は、公式ホームページでも公開されており、媒体問わず、読者へ古美術と、その楽しみ方を伝えています。

300以上の日本刀が収蔵される「森記念秋水美術館」を紹介

2016年7月号では「日本刀 新たなる聖地」と題して日本刀が特集されており、内容は2016年、富山市にオープンした「森記念秋水美術館」について。この美術館では、地元の蒐集家で、森記念秋水美術館の館長でもある「森正雄」(もりまさお)氏による日本刀コレクションを公開。館内には300振以上の日本刀が収蔵されており、国内でも屈指です。

本特集では重要文化財・「畠田真守」(はたけださねもり)、「古青江次忠」(こあおえつぐただ)などの名刀について、詳しい解説が掲載されています。また、館長である森正雄氏のインタビューも収録。このインタビューでは、館長の並々ならぬコレクションへの愛を感じるエピソードばかりです。

さらに、森正雄氏と同じ富山出身の蒐集家・「伊勢彦信」(いせひこのぶ)氏の特集も掲載されています。伊勢氏は現代を代表するアートコレクターのひとりで、西洋絵画をはじめ、茶器、中国陶磁器など一級品の作品を数多く集めている方です。日本刀だけでなく、古美術・骨董に興味がある方は、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣図書館(目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地)」のページです。
本・書籍から日本刀について学びたい方に「目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地」をご紹介しています。「目の眼 特集 日本刀 新たなる聖地」の主な内容についてだけでなく、表紙や著者・監修者、出版社といった詳細情報も掲載。刀剣に関する出版物を探す際にお役立て下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード