コンテンツトップに戻る

行安(ゆきやす)

「行安」(ゆきやす)は、平安時代末期から明治時代に、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県)で作刀した波平一派の刀匠。姿は踏張りの強い腰反りで、は薙子股になる。
刃文は小沸出来細直刃匂口がうるみ、鎺元で焼き落としにしており、地鉄は板目に柾目や大肌が交じります。
初代行安の代表作は、京都国立博物館に所蔵されている「波平行安」の太刀1振。
「笹貫」(ささぬき)の号を持つ銘品であり、波平刀工の伝統を現在に伝えており、銘は初代が「行安」、「波平行安」、2代目が「波平行安」、「薩州住人波平行安」に切りました。

薩摩国の地図

薩摩国の地図
五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「行安(ゆきやす)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード