コンテンツトップに戻る

南紀重国(なんきしげくに)

「南紀重国」は江戸時代に、紀州藩(現在の和歌山県、及び三重県南部)のお抱え刀工を務めた、大和国(現在の奈良県)出身の人物です。「徳川家康」に召し抱えられ、駿河国(現在の静岡県中部、及び北東部)で鍛刀。1615年(慶長20年/元和元年)に、徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)に追従して、紀州藩へ移りました。

古刀期」から「新刀期」へ移行する時期に作刀された「慶長新刀」(けいちょうしんとう)において、南紀重国は、「新刀五鍛冶」のひとりに数えられるほど鍛刀技術は卓越。江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)でも、「良業物」(よきわざもの)に選ばれています。

なお、南紀重国一派のなかでは、「4代 重国」も高名。江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の命により、「浜御殿」(現在の浜離宮恩賜庭園[はまりきゅうおんしていえん]:東京都中央区)で作刀を披露し、「一葉葵紋」(いちようあおいもん)を「」(なかご)に刻むことを許されました。

紀伊国の地図

紀伊国の地図
五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「南紀重国(なんきしげくに)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード