コンテンツトップに戻る

貞宗(さだむね)

貞宗(さだむね)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて、相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠です。相州伝を代表する正宗の門人で、技量を見込まれ養子になったと伝わっています。
大摺上の太刀身幅が広く、鋒/切先の形状は「大鋒」(おおきっさき)の物が多いのが特徴。地鉄(じがね)は板目に杢が入り詰み、地沸厚く付き地景が盛んに入り、刃文は大湾(おおのた)れを主にし、小乱れや互(ぐ)の目のついた作例が多く、刃中の働き金筋稲妻砂流しが激しくかかっています。
太刀・短刀とも師・正宗に比べて穏やかな作風。片切刃造二筋樋は、貞宗から始まっており、現存する日本刀は、すべて無銘で在銘作はありません。

貞宗(さだむね)が制作した刀剣

  • 刀  無銘  貞宗(重要文化財)
    刀 無銘 貞宗(重要文化財)
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    69.1
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
    刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
    無銘
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    68.5
    所蔵・伝来
    尾張徳川家伝来→
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 脇差 無銘 貞宗
    脇差 無銘 貞宗
    無銘
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    39.6
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

相模国の地図

相模国の地図

「相模国」の刀工を見る;


バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「貞宗(さだむね)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード