コンテンツトップに戻る

貞宗(さだむね)

貞宗(さだむね)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて、相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠です。相州伝を代表する正宗の門人で、技量を見込まれ養子になったと伝わっています。
大摺上の太刀身幅が広く、鋒/切先の形状は「大鋒」(おおきっさき)の物が多いのが特徴。地鉄(じがね)は板目に杢が入り詰み、地沸厚く付き地景が盛んに入り、刃文は大湾(おおのた)れを主にし、小乱れや互(ぐ)の目のついた作例が多く、刃中の働き金筋稲妻砂流しが激しくかかっています。
太刀・短刀とも師・正宗に比べて穏やかな作風。片切刃造二筋樋は、貞宗から始まっており、現存する日本刀は、すべて無銘で在銘作はありません。

貞宗(さだむね)が制作した刀剣

  • 刀  無銘  貞宗(重要文化財)
    刀 無銘 貞宗(重要文化財)
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    69.1
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
    刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
    無銘
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    68.5
    所蔵・伝来
    尾張徳川家伝来→
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 脇差 無銘 貞宗
    脇差 無銘 貞宗
    無銘
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    39.6
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)
    短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    30.9
    所蔵・伝来
    細川藤孝→
    池田輝政→
    徳川秀忠→
    前田利常
  • 上野貞宗
    上野貞宗
    -
    鑑定区分
    未鑑定
    刃長
    28.8
    所蔵・伝来
    本多上野介正純 →
    尾張徳川家 →
    徳川美術館
  • 太鼓鐘貞宗
    太鼓鐘貞宗
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    24.5
    所蔵・伝来
    徳川秀忠 →
    伊達忠宗 →
    東京国立博物館
    (個人蔵)
  • 亀甲貞宗
    亀甲貞宗
    -
    鑑定区分
    国宝
    刃長
    70.9
    所蔵・伝来
    松平直政 →
    尾張徳川家 →
    徳川綱吉 →
    東京国立博物館
  • 奈良屋貞宗
    奈良屋貞宗
    -
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    29.4
    所蔵・伝来
    奈良屋宗悦 →
    豊臣秀吉 →
    豊臣秀頼 →
    尾張徳川家 →
    徳川美術館
  • 物吉貞宗
    物吉貞宗
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    33.2
    所蔵・伝来
    徳川家康 →
    尾張徳川家
  • 伏見貞宗
    伏見貞宗
    貞宗 本阿(花押)
    鑑定区分
    国宝
    刃長
    30.2
    所蔵・伝来
    加藤嘉明→
    加藤家→
    本阿弥光遜→
    個人
  • 二筋樋貞宗
    二筋樋貞宗
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    70
    所蔵・伝来
    豊臣秀吉→
    結城秀康→
    松平忠直→
    越前松平家
  • 切刃貞宗
    切刃貞宗
    無銘
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    72
    所蔵・伝来
    豊臣秀吉→
    前田利家 →
    福島家 →
    徳川将軍家 →
    紀州徳川家
  • 斎村貞宗
    斎村貞宗
    貞宗(花押)
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    30.4
    所蔵・伝来
    斎村政秀 →
    徳川家康 →
    尾張徳川家 →
    徳川秀忠 →
    藤堂高虎 →
    徳川家光 →
    浅野光晟
  • 寺沢貞宗
    寺沢貞宗
    無銘
    鑑定区分
    国宝
    刃長
    29
    所蔵・伝来
    豊臣秀吉 →
    織田有楽斎長益 →
    徳川秀忠
  • 德善院貞宗
    德善院貞宗
    無銘
    鑑定区分
    国宝
    刃長
    35.5
    所蔵・伝来
    織田信忠 →
    前田玄以 →
    織田秀信 →
    豊臣秀吉 →
    前田玄以 →
    徳川家康 →
    紀州徳川家 →
    伊予西條松平家

相模国の地図

相模国の地図

「相模国」の刀工を見る;


新藤五国光

新藤五国光

「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)は、「相州伝」(そうしゅうでん:相模国[さがみのくに:現在の神奈川県]の刀工の作風・系統)の実質的な祖であり、名工で有名な「正宗」(まさむね)・「行光」(ゆきみつ)らの師も務めました。

「粟田口六兄弟」(あわたぐちろくきょうだい)の末弟、「国綱」(くにつな)の子と伝えられます。

法名は「光心」。当時、京都で人気を集めていた「山城伝」(やましろでん)の刀工、「来国俊」(らいくにとし)と共に、「東西の双璧」と称された名工です。生没年不詳。

新藤五国光

行光

行光

行光(ゆきみつ)は、鎌倉時代末期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠で、新藤五国光の子とされていますが、門人とする説もあります。
正宗の兄弟子にあたる名工です。在銘作は短刀になり、太刀はすべて大摺上無銘になります。
短刀は身幅が普通で小ぶりの物が多いです。やや内反りに反る姿がみられます。刃文は新藤五国光の影響を受けて直刃(すぐは)が中心で、乱刃もあり、金筋砂流しかかりが強いです。
刀身の彫刻は、兄弟子で日光山法師の「大進坊」(だいしんぼう)の手によると伝わっています。

行光

正宗

正宗

正宗」(まさむね)は、「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で鎌倉時代末期から南北朝時代初期に活躍した刀工です。日本刀の歴史の中でも、最も有名な刀工のひとりと言えます。

当時から、その腕前は高く評価されており、作刀は大名達に大金で購入され、家宝とされてきました。

「名物」(めいぶつ:古来有名で、異名を持つ刀剣類)が大変多く、「越中国」(えっちゅうのくに:現在の富山県)の刀工「江(郷)義弘」(ごうのよしひろ)や、京都の刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)と並び、「天下三作」(てんがさんさく)と称されました。

  • 「正宗」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 「正宗十哲」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

「天下三作・名物三作」刀剣女子に人気 紹介動画

「天下三作・名物三作」刀剣女子に人気

正宗

廣光

廣光

「廣光」(ひろみつ)は、南北朝期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠です。名を「九郎次郎」。正宗の門下だったとされていますが、貞宗の門下とする説もあります。
作例では、名物・大俱利伽羅廣光が最も有名。ただ、太刀の在銘作は1振のみで、他の作刀は平造りの小脇差が全体を占めています。
地鉄(じがね)は板目が肌立ち、地中の働きは地沸がついて地景が際立つ。刃文は中直刃(ちゅうすぐは)もありますが、大乱れで激しくなり皆焼(ひたつら)になります。刃中には、金筋や稲妻がかかり、砂流しも盛んに入り働きが豊富です。
銘は、「廣光」と「相模国住人廣光」の2種。南北朝期以降室町時代に入り、複数の刀工が廣光を名乗って作刀しました。

廣光

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀工・刀匠)「貞宗(さだむね)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード