コンテンツトップに戻る

則重(のりしげ)

「則重」(のりしげ)は、鎌倉時代末期、現在の越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)で作刀した刀匠。相州正宗門、もしくは初代新藤五国光の門と言われる。
相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)鎌倉で日本刀制作を学んだあと、越中国婦負郡御服(ねいこおりごふく)に移住しました。
在銘作の太刀は数振で、多くは短刀。短刀は細身にして重ねは厚く、内反りが目立つ。地鉄(じがね)の鍛えは独特であり、「松皮肌」と呼ばれます。
これは、硬軟の鉄を混ぜて鍛えた影響で、渦巻状の肌が現れ、地景・地沸が激しく付くところが松皮に例えられたことから付いた則重ならではの特徴。
銘は、「則重」、「佐伯則重」、「越中国佐伯則重」などがあります。

日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

越中国の地図

越中国の地図

「越中国」の刀工を見る;


バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「則重(のりしげ)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード