コンテンツトップに戻る

宗近(むねちか)

「三条宗近」(さんじょうむねちか)は、山城伝(やましろでん)三条派の開祖で「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)・「小鍛冶」とも呼ばれます。
三条派は、京都の三条で平安時代に活躍した刀工一派。「山城国」(やましろのくに:現在の京都府)の刀工一派の中で、最も古い流派として有名です。
この一門の日本刀を注文した得意先は藤原時代の公卿達で、三条派は彼らから、宮門を守る衛士が用いるための儀礼的な太刀(たち)の注文を受けていました。
宗近は、10世紀末の永延頃に作刀をし、在銘で確実な遺作は稀な伝説的な名工です。謡曲小鍛冶にも取り上げられ、広く世に知られており、三条小鍛冶宗近とも呼称されています。

山城国の地図

山城国の地図

「山城国」の刀工を見る;


バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「宗近(むねちか)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード