コンテンツトップに戻る

宗近(むねちか)

「三条宗近」(さんじょうむねちか)は、山城伝(やましろでん)三条派の開祖で「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)・「小鍛冶」とも呼ばれます。
三条派は、京都の三条で平安時代に活躍した刀工一派。「山城国」(やましろのくに:現在の京都府)の刀工一派の中で、最も古い流派として有名です。
この一門の日本刀を注文した得意先は藤原時代の公卿達で、三条派は彼らから、宮門を守る衛士が用いるための儀礼的な太刀(たち)の注文を受けていました。
宗近は、10世紀末の永延頃に作刀をし、在銘で確実な遺作は稀な伝説的な名工です。謡曲小鍛冶にも取り上げられ、広く世に知られており、三条小鍛冶宗近とも呼称されています。

山城国の地図

山城国の地図

「山城国」の刀工を見る;


  • 吉家

    吉家

    「三条吉家」(さんじょうよしいえ)は、平安時代に山城国(やましろのくに:現在の京都府)で作刀した刀匠で、国宝「三日月宗近」を作刀した「三条宗近」(さんじょうむねちか)の子、あるいは孫と伝えられています。
    作風は、身幅が広めで鋒/切先(きっさき)は延び、やや太いです。反りは浅くなり、しっかりした姿。刃文は、本位の小乱れを基調とし、刃縁に小沸が一面に付き、さらに刃中には金筋、稲妻などの小沸の十分な働きがあり、刃中が非常に華やか。
    鎌倉時代前期には、「三条吉家」と備前の「一文字吉家」が存在し、も似ていることから両者の異同については様々に論じられていますが、三条吉家は「吉家作」と三字名を切っています。

    吉家

  • 国永

    国永

    「五条国永」(ごじょうくになが)は、平安時代末期に山城国(現在の京都府)五条で作刀した刀匠で、三条在国(有国とも)の子、もしくは五条兼永の弟とも、子とも伝えられています。
    刃文は、直刃調に小乱、小丁子を交え、小沸が厚くつき、金筋が入り、地鉄(じがね)は健全で格調が高く、腰反り踏張りのある優美な太刀姿は、鎌倉期に入ろうとする時代性を示しております。
    現存する数少ない作例中、名物「鶴丸国永」(つるまるくになが)が白眉。
    鎌倉幕府で要職にあった北条家に伝承され、戦国時代には織田信長の愛刀となり、江戸期に仙台伊達家に秘蔵され、明治維新後、明治天皇に献上されました。
    現在は御物。は「国永」と二字に切っています。

    国永

  • 粟田口国吉

    粟田口国吉

    「粟田口国吉」(あわたぐちくによし)は、「粟田口則国」(あわたぐちのりくに)の長男。鎌倉時代中期の刀匠で、短刀の名手として著名です。
    短刀は細身で小ぶりにして、やや内反りのついた物と、幅広で寸の延びた平造の物があります。太刀、剣、打刀の作例もまれにあり、このうち太刀は小峰で反りが強く、鎌倉時代の太刀姿が顕著。朝廷から「左兵衛尉」(さひょうえのじょう)に任じられました。
    代表作は、名物「鳴狐」(なきぎつね)の打刀。広直刃(ひろすぐは)に互(ぐ)の目が交わり、二重刃が目立ってかかり、平造で反りが高く沸(にえ)映り立つ様が、じつに優美な1振。
    銘は「左兵衛尉藤原國吉」、「粟田口國吉」と長銘を切ることもありますが、ほとんどは「國吉」の二字銘です。

    粟田口国吉

  • 吉光

    吉光

    「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)は、鎌倉時代中期に山城国(やましろのくに:現在の京都府)で活躍(1259~1260年頃:正元頃)した刀工。
    本刀工の作品は、将軍家や諸大名の必需品とも謳われ、非常に多くの需要がありました。短刀の作が多く、現存する作品数が非常に多いのが特徴です。
    短刀の名工として名を馳せた粟田口吉光が、唯一の「太刀」と称して作刀した「一期一振」は、粟田口吉光による最高峰の日本刀と謳われており、名物の数が最も多く、約40振が「享保名物帳」に掲載されています。

    • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

    • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

    • 刀剣女子に人気の刀剣をご紹介します。

    • 「天下三作とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    • 「天下五剣とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    • 「名刀の逸話」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    「天下三作・名物三作」刀剣女子に人気 紹介動画

    「天下三作・名物三作」刀剣女子に人気

    吉光

  • 国綱

    国綱

    「国綱」(くにつな)は、粟田口派の始祖「国家」(くにいえ)の六男、「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の父。本名は「林藤六朗」(はやしとうろくろう)で、「藤六左近将監」(とうろくさこんのしょうげん)を称し、「隠岐番鍛冶」(おきばんかじ)を務めたとされます。
    京から鎌倉山に移住し、「北条時頼」(ほうじょうときより)のため「天下五剣」のひとつである「鬼丸」を制作。「足利義輝」(あしかがよしてる)が特に国綱を愛好したため、献上された日本刀には国綱の偽名が切られたとされており、当時の人気が窺えます。
    京都に在住中の作は、粟田口派らしさを守り、優美な姿であったのに対し、鎌倉に移住したあとは、「鬼丸」(御物:ぎょぶつ)の太刀に見られるように作風が変化。
    身幅が広く、重ねの厚い全体的に豪壮な姿となり、地鉄に沸映りが立ち、刃文直刃に丁子を交じえます。

    • 「新藤五」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

    • 「天下五剣とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    • 「天下三作」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

    • 「天下三作とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    • 「鬼丸国綱」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

    国綱

  • 来国行

    来国行

    来国行(らいくにゆき)は、来派(らいは)の始祖である国吉の子ですが、来一門の事実的な祖とされています。通称「来太郎」。生没年不詳。

    来一派」と言えば、古くから日本刀の制作が行なわれていた山城国(やましろのくに:現在の京都府)で、「粟田口派」(あわたぐちは)一門と並んで、2大流派として名高い刀匠の一派です。

    鎌倉時代初期から中期にかけて、名声を博していた粟田口派に代わり、鎌倉時代中期以降に台頭しました。

    国行の作風は、豪壮な姿の作と優美な姿の作とがあり、太刀が多く、いずれにしても腰反りや鳥居反りが多く、切先は猪首切先。地鉄には、地沸が厚く付き、沸映りが見られ、刃文は直刃に丁子を交じえる物と、丁子乱れ主体の物に分かれます。

    来国行

  • 二字国俊

    二字国俊

    二字国俊(にじくにとし)は、国行の子。

    銘を「国俊」と2字で切り、後年の「来国俊」と銘を3字で切る国俊と区別するため、通称「二字国俊」(にじくにとし)と呼びます。

    古来、3字で銘を切る来国俊との同人説も囁(ささや)かれていますが、作風の違いから両者を別人とする説が有力です。

    2字と3字の国俊の違いとして、2字銘は太刀がほとんどで、短刀は1振だけであるのに対し、3字銘には短刀も多く観られることも、別人説を裏付けています。

    二字国俊

  • 来国俊

    来国俊

    来国俊(らいくにとし)は、2字の国俊とは異なり、「来」を冠して3字で「来国俊」と呼ばれます。通称「孫太郎」。二字国俊との関係性については、様々な説が存在します。

    「孫」の字を冠することから「来太郎」と名乗った国行の孫、二字国俊の子なのではないかという「父子説」や、国行の子で二字国俊の兄弟という「兄弟説」、さらには、二字国俊自身なのではないかという「同人説」など、様々な憶測があり、現在も議論が続いています。

    1301年(正安3年)62歳に「来源国俊」、1320年(元応2年)81歳には、「源来国俊」と銘を切りました。

    来国俊

  • 来国光

    来国光

    「来国光」(らいくにみつ)は、来一門でも現存する日本刀が太刀・短刀ともに多く、名物は太刀よりも短刀に多く見られ、沸の強い覇気のある短刀が見られる刀工です。
    「次郎兵衛尉」(じろうびょうえのじょう)と称しました。
    来国光は、来国俊の子とされています。来一門の正系を継いで、次世代を背負って活躍しました。
    作風は、反りの浅い、身幅の広い、重ねのやや厚い猪首切先風の豪壮な姿の物と、京物らしい細身で鳥居反りの深い、身幅が狭く小切先な作風の、2つが見られます。

    来国光

  • 了戒

    了戒

    「了戒」(りょうかい)は、鎌倉時代後期の僧門鍛冶。16歳で仏門に入り、了戒を号しました。
    来国俊の子、あるいは弟と伝えられています。俗名は「来次郎」。17歳で京都の刀匠「綾小路定利」(あやのこうじさだとし)に師事し、太刀短刀を作刀。太刀は、細身にして優美であり、短刀は幅広で頑健な造り。地鉄(じがね)は、板目(いため)に柾目(まさめ)が交じり、白気(しらけ)気味があります。
    全体的に健全であるにもかかわらず、白気が疲れ気味に見えるのが、この刀匠の特有の技。刃文は、中直刃(ちゅうすぐは)に小丁子、互(ぐ)の目が交じり、小さな(にえ)がついています。
    は、「了戒」や「了戒作」。子も「了戒」を号しました。

    了戒

  • 信国

    信国

    「信国」(のぶくに)は、山城国(やましろのくに:現在の京都府)で作刀した刀匠で、2代目「了戒」(りょうかい)の子、もしくは孫と伝えられています。2代目了戒の弟「国久」の子とする伝もあり。
    南北朝時代に初代が信国を称して以降、室町時代中期まで6代続きましたが、初代信国の在銘刀が存在しないため、現在ではこの2代目を「初代」とする説が有力視されています。
    2代目(実質的初代)作の短刀は、身幅広めでわずかに反りが付き、地鉄(じがね)は板目(いため)で幾ばくかの肌立ちがあって地沸(じにえ)が付いているのが特徴です。
    刃文直刃(すぐは)、あるいは浅い湾(のた)れ調の互(ぐ)の目を焼いたもので、は「信国」の二字を切っています。

    信国

  • 長谷部国重

    長谷部国重

    「長谷部国重」(はせべくにしげ)は、長谷部一派(はせべいっぱ)。山城国(やましろのくに:現在の京都府)で、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した刀工一派です。
    同国で鎌倉時代に栄華を極めた「粟田口派」(あわたぐちは)や、「来派」(らいは)に代わり、「信国派」(のぶくには)とともに名声を上げました。
    開祖の長谷部国重は、「正宗十哲」(まさむねじってつ:名工である正宗に学んだ門下生の中でも、とりわけ優れた技術を持ったとされる10人の名工)のひとりに数えられた名工。織田信長の愛刀「へし切長谷部」(へしきりはせべ)を制作したことで有名です。

    • 「正宗十哲」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

    • 「山城伝の流派」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

    • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

    • 黒田官兵衛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

    長谷部国重

  • 光包

    光包

    「来光包」(らいみつかね)は、鎌倉時代後期、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)に生まれ、来国俊の門人となって日本刀制作を学び、近江国(現在の滋賀県)に移りました。
    延暦寺根本中堂にこもって作刀にあたったため、「中堂来」(ちゅうどうらい)とも呼ばれています。作例は短刀のみ。
    地鉄(じがね)は、小板目(こいため)が詰んで地沸(じにえ)が付き、冴えて感じの強いものが多いです。他派の作例と比べて重ねが比較的厚くなっているのは、この時代の来一門の特徴と推定されます。
    刃文は細直刃(ほそすぐは)と、焼幅の広い中直刃(ちゅうすぐは)の2種で、帽子鋒/切先[きっさき]部分の刃文)は小丸(こまる)、または大丸(おおまる)を採っています。
    代表作の名物「乱光包」(みだれみつかね)は、刃文に互(ぐ)の目乱れを採用した例外作。は「光包」の二字を切っています。

    光包

  • 堀川国広

    堀川国広

    「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、桃山時代を代表する刀工。優れた技術を誇っただけではなく、多くの弟子を育てたことでも有名です。

    本名を「田中金太郎」と言い、父とともに日向国飫肥(ひゅうがのくにおび:現在の宮崎県日南市)の城主・伊東義祐の家臣であったと言われています。

    堀川国広は、1599年(慶長4年)から亡くなる1614年(慶長19年)まで、京一条堀川に定住。ここで多くの弟子を育てます。

    門人には、出羽大掾国路、国安、大隅掾正弘、越後守国儔、和泉守国貞、河内守国助、山城守国清等の名工が多数。彼らは「堀川一門」で、一門の作は「堀川物」と呼ばれています。

    堀川国広

  • 梅(埋)忠明寿

    梅(埋)忠明寿

    梅(埋)忠明寿(うめただみょうじゅ)は、梅(埋)忠重隆(うめただしげたか)の次男として山城国(やましろのくに:現在の京都府)に生まれ、長男の早世により家督を相続しました。

    最初、室町幕府将軍「足利義昭」に仕え、次いで「豊臣秀吉」に召し抱えられ、京都室町に屋敷を拝領して居住。「三条宗近」(さんじょうむねちか)25世を自称していました。

    古来、新刀の祖と喧伝されますが、刀装が本業であり、新刀期随一の刀装家として、刀装具や刀装彫刻に多くの名作を残しています。

    作刀は本業の合間に行なったとみられ、作例は多くありません。地鉄(じがね)は板目(いため)、刃文は浅い湾(のた)れに互(ぐ)の目が交じり、地・刃ともに細く(にえ)ていて、相州伝を意識した作風となっています。作例に自身で彫刻を施すのが特徴です。

    梅(埋)忠明寿

  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「宗近(むねちか)」の検索結果ページです。
    名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
    刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

    もっと見る▼
    注目ワード
    注目ワード