コンテンツトップに戻る

光世(みつよ)

「光世」(みつよ)は、平安時代末期から室町時代中期にかけ、筑後国(ちくごのくに:現在の福岡県)三池を拠点に活動した一派で、いずれも「光世」を名乗って作刀に携わり、名刀を輩出しています。このうち平安時代末期に鍛刀した光世は、加賀の前田家に伝わる大典太光世の作刀者として著名です。
この1振は「享保名物帳」に「大傳多」と記される名刀であり、室町時代以来「天下五剣」のひとつに挙げられています。
また「ソハヤノツルキ」も作刀しており、徳川家康秘蔵の名刀として有名。徳川家康が「我亡きあと三池の太刀鋒/切先を西に向けて安置せよ」と遺言したとのエピソードが伝わっており、これは、倒幕勢力が来るとすれば西からと予想してのことだったと考えられています。
この他にも、後世の光世が複数おり、多くの名品を生み出しました。

刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

光世(みつよ)が作刀した刀剣

  • 短刀 銘 光世作
    短刀 銘 光世作
    光世作
    鑑定区分
    重要美術品
    刃長
    28.1
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 大典太光世
    大典太光世
    光世作
    鑑定区分
    国宝
    刃長
    66
    所蔵・伝来
    足利家 →
    徳川家 →
    前田家 →
    公益財団法人前田育徳会
  • ソハヤノツルキ
    ソハヤノツルキ
    妙純伝持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ
    鑑定区分
    重要文化財
    刃長
    69.6
    所蔵・伝来
    徳川家康 →
    久能山東照宮

筑後国の地図

筑後国の地図
五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「光世(みつよ)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード