コンテンツトップに戻る

国宗(くにむね)

「国宗」(くにむね)は、鎌倉時代末期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で作刀した刀匠です。
通常は、備前の国宗との混同を避けるため「伯耆国宗」と呼ばれています。作例は、太刀が数振現存。腰反りの太刀姿が、鎌倉時代末期の日本刀の様を現在に伝えています。
地鉄(じがね)は板目がやや肌立っており、伯耆物の特徴が現われ、刃文直刃(すぐは)に小乱をまじえており、古調な趣きを有していました。
銘は、「国宗」のみであり、長銘の作例は、確認されていません。

国宗(くにむね)が作刀した刀剣

  • 太刀 銘 国宗(伯耆)
    太刀 銘 国宗(伯耆)
    国宗
    鑑定区分
    重要美術品
    刃長
    71.2
    所蔵・伝来
    山名家 → 池田家 →
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

伯耆国の地図

伯耆国の地図

「伯耆国」の刀工を見る;


安綱

安綱

「安綱」(やすつな)は、平安時代中期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で作刀した刀匠です。日本刀の様式が完成した時期に活躍した刀工であり、「刀工の祖」とされています。
なかでも「鬼丸」、「名物童子切」は、代表作として著名です。
太刀刀身腰反りが高く、踏ん張りがあって力強い印象。ただ、鋒/切先のかたちは「小鋒」(こきっさき)を採用しているため、豪壮ななかにも優美さを秘めた太刀姿です。
地鉄(じがね)は板目が肌たち、地中の働きは地沸(じにえ)が強くつき、地斑(じふ)が入っています。刃文は小乱や小互(こぐ)の目、小湾(このた)れなどがまじり、刃中の働きは匂が深く、砂流しや金筋が際立つ。
銘は、「安綱」の二字に切る。「安」の字より、「綱」の字を大きくする点が特徴です。

安綱

真守

真守

「真守」(さねもり)は、平安時代末期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で活動した刀匠。国宝「名物童子切」で有名な伯耆安綱の子であり、自身も平忠盛の佩刀「抜丸」を作刀し、後世に名を残しました。

地鉄(じがね)は板目に杢目がまじり、地中の働き地沸(じにえ)がつき地景が入ります。刃文は小湾(このた)れ調の直刃(すぐは)と、互(ぐ)の目に小乱のまじった作例が多く、刃中の働きは(にえ)がよくついて、砂流しや金筋が顕著ですが匂口がうるみ冴えがありません。

銘は「真守造」、「大原真守」、「伯耆国大原真守造」の3種あります。

真守

五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「国宗(くにむね)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード