コンテンツトップに戻る

正恒(まさつね)

「正恒」(まさつね)は、備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)、山城国(やましろのくに:現在の京都府)、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)と並ぶ日本刀の生産地であり、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、多くの名刀工を輩出しました。正恒もそのひとり。通常は流派名を冠して「古青江正恒」と呼ぶ。古青江の祖・則高の子とされるが、弟とする伝もあります。

作例は太刀のみ。腰反りが高く、踏ん張りが強く、鎌倉時代初期の豪壮な太刀姿を現在に伝える。地鉄(じがね)は小板目がつんで杢目がまじり、繊細な起伏が見られる縮緬肌(ちりめんはだ)が顕著。刃文直刃(すぐは)調に小乱・小丁子をまじえた作例が多く、鋒/切先の刃文となる帽子は小丸になる。銘は「正恒」と二字に切ります。

正恒(まさつね)が作刀した刀剣

  • 太刀 銘 正恒(古青江)
    太刀 銘 正恒(古青江)
    正恒
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    73.8
    所蔵・伝来
    足利将軍家伝来→
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

備中国の地図

備中国の地図

「備中国」の刀工を見る;


恒次

恒次

「恒次」(つねつぐ)は、鎌倉時代を通じて備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)で作刀をした刀匠です。古青江派に属し、複数の刀工が恒次を名乗って活動しました。
このうち鎌倉時代初期に作刀に携わった恒次は、後鳥羽院番鍛冶の「五月番」であり、備中守に任じられています。
作例は、身幅が狭めで腰反りの高く、鎌倉時代初期の特有の太刀姿。銘は「恒次」の二字に切る。この他にも、「左兵衛尉恒次」(さひょうえのじょうつねつぐ)などの存在が知られています。
なお、恒次はこの古青江派が著名だが、同時代には、古備前に属する恒次も盛んに作刀をしていました。このうちの「左近将監(さこんしょうげん)恒次」が最も著名です。

恒次

五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「正恒(まさつね)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード