コンテンツトップに戻る

長谷部国重(はせべくにしげ)

「長谷部国重」(はせべくにしげ)は、長谷部一派(はせべいっぱ)。山城国(やましろのくに:現在の京都府)で、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した刀工一派です。
同国で鎌倉時代に栄華を極めた「粟田口派」(あわたぐちは)や、「来派」(らいは)に代わり、「信国派」(のぶくには)とともに名声を上げました。
開祖の長谷部国重は、「正宗十哲」(まさむねじってつ:名工である正宗に学んだ門下生の中でも、とりわけ優れた技術を持ったとされる10人の名工)のひとりに数えられた名工。織田信長の愛刀「へし切長谷部」(へしきりはせべ)を制作したことで有名です。

  • 「正宗十哲」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 「山城伝の流派」をはじめ、日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 黒田官兵衛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

山城国の地図

山城国の地図

「山城国」の刀工を見る;


刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「長谷部国重(はせべくにしげ)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード