コンテンツトップに戻る

繁慶(はんけい)

「繁慶」(はんけい)は、江戸時代初期にかけて活動した刀匠です。鉄砲鍛冶として鍛冶職人の道に入り、徳川家より俸禄を支給されて鉄砲制作にあたりました。
徳川家康が駿府(現在の静岡市)に移るとこれに従い、鉄砲と日本刀の両方を鍛造。徳川家康が没すると江戸に戻り、鉄砲町に在住して鍛刀に専念したのです。
正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりである越中則重に私淑していた影響もあり、相州伝上工の作を再現した作風が多いです。
注目すべきは「ひじき肌」と呼ばれる黒く太い地景が盛んに入り、肌立つ地鉄が特徴。刃文湾(のた)れ調に互(ぐ)の目が主であり、刃中の働きには砂流しと金筋が目立ち、匂口は沈みごころになっています。
銘は「繁慶」と二字に切り、「繁」の字の「敏」の部分の造りが、「ル又」(るまた)と「ロ又」(ろまた)の2種がありました。

繁慶(はんけい)が作刀した刀剣

  • 刀 銘 繁慶
    刀 銘 繁慶
    繁慶
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    69.3
    所蔵・伝来
    有馬家→
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕
  • 脇差 銘 繁慶
    脇差 銘 繁慶
    繁慶
    鑑定区分
    重要刀剣
    刃長
    53
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

繁慶(はんけい)が作刀した拵

  • 黒漆篠笛塗鞘 脇差拵(脇差 銘 繁慶)
    黒漆篠笛塗鞘 脇差拵(脇差 銘 繁慶)
    鑑定区分
    -
    拵種別
    脇差拵

武蔵国の地図

武蔵国の地図

「武蔵国」の刀工を見る;


大慶直胤

大慶直胤

「大慶直胤」(たいけいなおたね)は、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)や「源清麿」(みなもときよまろ)と共に、「新々刀期」(しんしんとうき)の「江戸三作」に列せられる名工です。俗名として「荘司/庄司箕兵衛」(しょうじみのべえ)と名乗っていました。その生年は、1778年(安永7年)、もしくは1779年(安永8年)と推定されています。7月15日の月を「大慶の月」と呼ぶため、どちらかの年の7月15日に生まれたとの説が有力です。

出身は出羽国(現在の山形県、及び秋田県)で、鎌鍛冶を生業とする家に生まれました。しかし、若くして刀鍛冶を志して出府(しゅっぷ:地方から江戸へ出ること)。日本橋浜町(現在の東京都中央区)にある、山形藩(現在の山形県)藩主「秋元家」(あきもとけ)の江戸屋敷内で、同郷の水心子正秀から日本刀鍛造の技法を学びました。入門の明確な時期は定かではありませんが、23歳になった1801年(寛政13年/享和元年)の作例が現存しているため、1798年(寛政10年)前後には、水心子正秀の門下に入ったとされています。

大慶直胤が江戸在住のまま、秋元家に藩工として召し抱えられたのは、1812年(文化9年)頃。1821年(文政4年)、もしくは1822年(文政5年)に「筑前大掾」(ちくぜんのだいじょう)を受領します。

そして、1848年(弘化5年/嘉永元年)には上洛し、「鷹司家」(たかつかさけ)の太刀を鍛造したことで、「美濃介」(みののすけ)の官位を賜っています。大慶直胤の知名度が上がるにしたがって、招聘の要望が殺到。大慶直胤は、これらに応じて、各地で日本刀の鍛造を行いました。

大慶直胤による作例の大きな特長は、地方で鍛刀した際には、必ず地名を銘に切っている点。例えば、相模国(現在の神奈川県)での作刀は「サカミ」、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)では「イツ」という銘が見られるのです。

これらの他にも大慶直胤の作刀には、「ヲシテル」と切られた銘があります。ヲシテルとは、「難波」(なんば)という大坂の地名にかかる枕詞で、「万葉集」以降知られている言葉です。

なお、大慶直胤の弟子「韮山胤長」(にらやまたねなが)が、伊豆国・韮山(現在の静岡県伊豆の国市)において、代官を務めていた「江川太郎左衛門英龍」(えがわたろうざえもんひでたつ)のお抱え刀工として働いていました。

また、日本刀の歴史において、大慶直胤が重要視されている理由のひとつが、師匠・水心子正秀が提唱した「刀剣復古論」に基づき、古刀期(平安時代中期から安土桃山時代末期)に生まれた5種類の伝法「五箇伝」(ごかでん)の技法を用いた日本刀を再現したこと。

五箇伝は、その生産地別に、現在の岡山県東南部で興った「備前伝」(びぜんでん)、同じく京都府南部の「山城伝」(やましろでん)、神奈川県の「相州伝」(そうしゅうでん)、奈良県の「大和伝」(やまとでん)、そして岐阜県南部の「美濃伝」(みのでん)を指し、大慶直胤は、これらの伝法を巧みに操って作刀しました。

大慶直胤が、日本刀が実戦本位に作刀されていた古刀期の各伝を当代に蘇らせることができたのは、卓越した技術があったからこそ。師匠の水心子正秀が提唱者なら、弟子の大慶直胤は、刀剣復古論を実践した第一人者であったと言えるのです。

大慶直胤

法城寺正弘

法城寺正弘

相州伝」(そうしゅうでん)の名工「貞宗」(さだむね)には、「貞宗三哲」と称される高弟がいました。そのひとり「法城寺国光」(ほうじょうじくにみつ)が属した「但州法城寺派」の末裔が、「法城寺正弘」(ほうじょうじまさひろ)です。

本名は「滝川三郎太夫」(たきがわさぶろうだゆう)と名乗っており、但馬国(現在の兵庫県北部)から江戸に移住し、「江戸法城寺派」を打ち立てた人物です。「江戸新刀」の第一人者でありながら、派閥形成の手腕も発揮。数十名にも及ぶ刀工を束ねます。その権勢は江戸市中随一を誇り、江戸幕府のあらゆる鍛冶業務を許されるほど絶大でした。

一時は常陸国(現在の茨城県)の「徳川光圀」(とくがわみつくに)に招かれ、水戸でも作刀しています。作風は江戸新刀らしく、反りが浅い先細りの姿。その刃文は、同時代に活躍した「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)に似た「互の目乱」(ぐのめみだれ)や、「本位」(にえほんい)の「広直刃」(ひろすぐは)などが特長です。

法城寺正弘

大和守安定

大和守安定

江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において、「良業物」(よきわざもの)と評された「大和守安定」は、紀伊国(現在の和歌山県、及び三重県南部)の一門「石堂派」の流れを汲む刀工です。本名は「飛田/冨田宗兵衛」(とんだそうべえ)と言います。

江戸に出た大和守安定は、幕府の「御用鍛冶」(ごようかじ)を務めた「2代 康継」(にだい やすつぐ)の門下となり、作刀の腕を磨きました。鋼に粘りを出すための「焼き戻し」の技術に長けていたため切れ味が良く、江戸幕府の「御様御用」(おためしごよう:試し切り役)にもたびたび献上。

それらのなかには、截断銘(さいだんめい:試し切りの結果を記録した銘)として、「天下開闢以来五ッ胴落」(てんかかいびゃくいらいいつつどうらく)と切られた作例もありました。これは、5体分の胴を一度に切り落としたことを意味しています。

大和守安定の作風は、反りが浅く先反りになった「江戸新刀」らしい姿。刃文は「沸出来」(にえでき)、または「互の目乱」(ぐのめみだれ)を豪快に焼き、江戸物の刀の中でも、地肌が最も黒ずんでいるのが特長です。

大和守安定

大村加卜

大村加卜

多数いる刀工の中でも、「大村加卜」(おおむらかぼく)ほど異質な経歴を持つ人物は稀です。越後国・高田藩(現在の新潟県)で医者として働きながら、鍛刀も行っていました。

鍛刀は若い頃から趣味で行っており、その始まりは、1644年(寛永21年/正保元年)のこと。一説によると、現在の東京都八王子市を中心に活動していた「下原鍛冶」(したはらかじ)に技術を学んだとされています。

1681年(延宝9年/天和元年)に高田藩のお家騒動、いわゆる「越後騒動」が起こると、大村加卜は浪人となり江戸へ移住。その後、常陸国(現在の茨城県)の「徳川光圀」(とくがわみつくに)に招かれ水戸へ移り、「侍医」(じい:貴人に属する医者)、及び「御伽衆」(おとぎしゅう:大名などの側近として話し相手などを務める者)となりました。

その間も鍛刀は続けており、自著「剣刀秘宝」によれば、生涯で作刀したのは100振余り。これらの作例が、余技(よぎ:専門以外に身に付けた技術)で鍛えたとは思えないほど品質が高く、多くの偽物が流通するほど人気を博したのです。

作風は大きく系統分けすると、「本位」(にえほんい)となる「相州伝」(そうしゅうでん)と、「出来」(においでき)となる「備前伝」(びぜんでん)の技法が用いられており、自ら考案した「真之十五枚甲伏作」と称する鍛法を駆使して、日本刀が作られていました。

大村加卜

石堂是一

石堂是一

「石堂是一」(いしどうこれかず)は、「江戸新刀」の隆盛期に繁盛した「江戸石堂派」(えどいしどうは)を率いた刀工です。近江国(現在の滋賀県)出身で、備前国(現在の岡山県東南部)の「一文字助宗」(いちもんじすけむね)の末裔とされています。

江戸へ移住し、江戸石堂派と称される一大流派を築くと、1721年(享保6年)に江戸幕府のお抱え刀工に就任。以降、8代にわたり「是一」の銘が受け継がれました。初代が「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において「良業物」(よきわざもの)に格付けされている他、後継にも恵まれ、代々繁盛します。特に、幕末期に活躍した「7代 是一」、通称「運寿是一」(うんじゅこれかず)は、石堂派を代表する名工です。

1841年(天保12年)に「伊勢神宮」(いせじんぐう:三重県伊勢市)と「日光東照宮」(にっこうとうしょうぐう:栃木県日光市)、両宮の奉納刀鍛造を命じられ、「徳川家」の家紋である「葵紋」の切り添えを許されました。

また、1854年(嘉永7年/安政元年)にはアメリカへ送る日本刀を、さらに1859年(安政6年)には、イギリスへ送る薙刀(なぎなた)を作刀するなど、数多くの御用を江戸幕府から拝命したと伝えられています。

石堂是一

水心子正秀

水心子正秀

「水心子正秀」(すいしんしまさひで)は江戸時代後期、日本刀の作刀に一大変革をもたらした名工のひとりです。出身は出羽国(現在の山形県、及び秋田県)であり、本名は、「川部儀八郎」(かわべぎはちろう)と言います。

幼い頃に父親が亡くなると、母親の実家である赤湯町(現在の山形県南陽市)の「外山家」へ、母親や兄と共に移住。水心子正秀は、同家のもとで農具制作を始めて鍛冶の道に入り、その基礎を下長井小出(現在の山形県長井市)在住の「吉沢三次郎」(よしざわさんじろう)に学びました。

ほどなくして刀鍛冶への転身を決めた水心子正秀は、1771年(明和8年)、22歳で武蔵国八王子(現在の東京都八王子市)の「宮川吉英」(みやがわよしひで)に入門。「下原派」(したはらは)による作刀技術を学びます。同派は八王子を中心に、江戸時代後期から幕末にかけて繁栄した刀工の流派であり、実戦本位の日本刀を作刀することで知られていました。

出羽国に帰国すると、1774年(安永3年)、鍛刀の腕前を認められて、「山形城」(山形県山形市)城主「秋元永朝」(あきもとつねとも)のもとに出仕します。「水心子」の号は、このときから用い始めました。

1781年(安永10年/天明元年)に出府(しゅっぷ:地方から江戸へ出ること)し、日本橋浜町(現在の東京都中央区)にあった「秋元家」の中屋敷(なかやしき)に居を定めると、持ち前の旺盛な探求心を遺憾なく発揮。「古刀期」(日本刀の歴史において、平安時代中期から安土桃山時代末期に当たる時代区分)の「相州伝」(そうしゅうでん)と「備前伝」(びぜんでん)の作刀技術を学び始めます。

相州伝とは鎌倉時代、相模国(現在の神奈川県)において大成された鍛刀技術です。薄いながらも強度抜群の刀身と鋭い切れ味が特長であり、実戦向けの日本刀を必要とする、鎌倉武士の需要に合致していました。備前伝とは、備前国(現在の岡山県東南部)に伝承された作刀技術です。同国は良質な砂鉄が採取できたため、古くから日本刀の作刀が盛んであり、多くの流派が誕生。幾多の名工を輩出しました。

古刀期の鍛刀技術を学ぶ中で、水心子正秀は、その当時の華美で反りの少ない日本刀に対して、次第に物足りなさを感じるようになり、独自の刀剣理論である「刀剣復古論」を提唱します。これは、「日本刀は、すべからく古刀の昔に復するべき」と論じる考え方であり、提唱者の水心子正秀自身も、反りが深い棟区[むねまち]から鋒/切先[きっさき]までを直線で結んだ際に、とその線まで最も離れている部分が長いこと)、実用本位の日本刀作りに邁進します。この刀剣復古論が登場すると、刀鍛冶の多くがこれに共鳴。日本刀は、刀剣復古論の影響のもとに、作刀されることが主流となっていくのです。

そして現在では、1596年(文禄5年/慶長元年)頃から、水心子正秀ら刀剣復古論を推し進めた刀工達が登場する以前の日本刀を「新刀」(しんとう)、以後を「新々刀」(しんしんとう)と呼んで区別しています。

水心子正秀は、「刀剣実用論」や「刀剣武用論」などの著作を刊行するかたわら、門弟教育にも意を砕き、多くの門下生を育てました。なお、新々刀期における日本刀の中で、水心子正秀とその弟子「大慶直胤」(たいけいなおたね)、別系統出身の「源清麿」(みなもとのきよまろ)の3人の名工が鍛刀した作例を「江戸三作」と呼んでいます。

水心子正秀

源清磨

源清磨

「源清麿」(みなもときよまろ)は江戸時代後期、小諸藩赤岩村(こもろはん・あかいわむら:現在の長野県東御市)に、郷士(ごうし:半農半士の者)であった「山浦昌友」(やまうらまさとも)の次男として生まれました。

本名は「山浦内蔵助環」(やまうらくらのすけたまき)と言い、兄で刀工の「山浦真雄」(やまうらさねお)から日本刀の鍛造技術を学んだあと、江戸へ出ることに。撃剣(げっけん:刀や木刀などで相手を打ち、自分の身を守る武術)習得のために源清麿は、幕臣の武術家「窪田清音」(くぼたすがね)の門下に入ります。

しかし窪田静音は、源清麿が撃剣よりも鍛刀に優れた才能を秘めていることを看破し、屋敷内に鍛刀場を設けて「旗本から名刀を借り受け、研究せよ」と下命。これを受けて源清麿は、実戦本位に作刀された古(いにしえ)の名刀を直に(じかに)吟味しつつ、それに近い日本刀の作刀を始めたのでした。この「名刀から直に学ぶ」という経験が、のちに独自の立ち位置を確保し、源清麿は、名工としての地位を確立するのです。

1826年(文政9年)、同じく江戸で名を馳せていた刀工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)が、「刀剣復古論」に基づく作刀を提唱します。「刀剣復古論」とは、実用性の観点から、「日本刀はすべからく鎌倉時代の昔に復するべき」と主張し、反りが深く棟区[むねまち]から鋒/切先[きっさき]までを直線で結んだ際に、棟とその線まで最も離れている部分が長いこと)、実用本位の日本刀を作刀しようとした動きです。源清麿も、この復古新刀論に賛同。日本刀は復古新刀論の影響を受けつつ、作刀されるようになりました。

このため日本刀の世界では、水心子正秀登場以前の日本刀を「新刀」、それ以後を「新々刀」(しんしんとう)と呼んで区別しているのです。源清麿は、水心子正秀とその弟子「大慶直胤」(たいけいなおたね)と共に、「江戸三作」のひとりに列せられています。

源清麿の腕前が広く知れ渡るようになると、1839年(天保10年)、窪田清音は「武器講」(ぶきこう)と呼ばれる、日本刀の販売システムを考案。これは、1振を3両(現在の貨幣価値で約390,000円)で作り、窪田清音の門下生達に売るという仕組みになっていました。すぐに100振もの依頼が殺到しますが、源清麿はすべて作刀し終えないうちに、長州藩(現在の山口県)における藩士の重鎮であった「村田清風」(むらたせいふう)の招聘(しょうへい)に応じ、萩(現在の山口県萩市)へ赴いてしまったのです。

この源清麿による長州藩行きは、通説では、「源清麿が窪田静音のもとを出奔(しゅっぽん:逃げ出して行方不明になること)した」と説明されていますが、村田清風の蔵刀控帳には「江戸より召し下され」とあり、源清麿を名工として特別に招いたことが分かります。

2年ほどで萩から戻った源清麿は、江戸の四谷(よつや:現在の東京都新宿区)に自身の鍛刀場を開設。ここで「相州伝」(そうしゅうでん)と「備前伝」(びぜんでん)を融合させた独自の作風を確立します。これにより源清麿は、南北朝時代から鎌倉時代にかけて活躍した名工、「正宗」(まさむね)再来との呼び声が高く、「四谷正宗」の異名で称えられるようになりました。

その後、源清麿は、深酒による心身の衰弱を悲観して42歳で自害してしまいますが、劇的な生涯と作例の見事さが相まって、現在でも、幕末の刀工中随一の人気を誇っています。

源清磨

長曽祢虎徹

長曽祢虎徹

「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)は、江戸時代中期、江戸で作刀した刀匠です。
もともと越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)の甲冑師であり、50歳前後のころ江戸に出府して刀鍛冶に転じました。師について確たる説はありませんが、和泉守兼重とする説が有力視されています。
長らく甲冑師だったこともあり、鉄鍛えが良く、地刃ともに冴えを見せます。彫物は、甲冑師の経験から特に上手で、彫りのある物は一層人気が高いです。
また、用の美もかね備え、最上大業物としても名高く、新選組局長近藤勇の佩刀と伝えられるなど、数多くの著名人に好まれました。

「長曽祢虎徹」刀工・刀匠YouTube動画

長曽祢虎徹|刀工・刀匠YouTube動画

長曽祢虎徹

越前康継

越前康継

「越前康継」(えちぜんやすつぐ)は、戦国時代末期から江戸時代末期にかけて作刀した刀匠で、代々「康継」を称します。
初代は近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)に誕生後、越前国福井(えちぜんのくに:現在の福井県福井市)に移住し、美濃伝の刀鍛冶として活動。徳川家康に召し出されて鍛刀したところ、大いに徳川家康の意にかない、「康」の一字を拝領。茎に葵紋を切ることも許されました。
これを機に「康継」を称し、江戸と越前のあいだを往復しつつ日本刀を制作。大坂の陣後、焼けた古名刀を焼き直し、その写し物も制作しました。
初代没後、嫡子が2代目を継承するも、この2代目の没後に相続争いが勃発し、康継は江戸と越前に分立することになります。

越前康継

五箇伝の名工 五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝 関市 美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
現代刀の名工 現代刀の名工
日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工をご紹介します。
刀剣年表 刀剣年表
刀剣に関する基本的なデータを、年表形式でご覧頂けます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑(刀匠)「繁慶(はんけい)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を作刀国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード