コンテンツトップに戻る

江義弘/郷義弘(ごうよしひろ)

「江義弘/郷義弘」(ごうのよしひろ)は、南北朝時代に越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)で活躍した刀工。「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりで、夭折(ようせつ)したこともあり、作刀が極めて少なく、すべて無銘で正真の在銘がないことから、多くの謎に包まれた刀工です。
それにより、「世間ではあるとされているが実際に見たことのない物の例え」として、「郷(江)と化物は見たことがない。」と言う言葉が生まれました。
地刃ともに明るく冴える姿は、師である「相州正宗」に勝るとも劣りません。
また江(郷)の名は、彼が越中国松倉城下の「松倉郷」(まつくらごう:現在の富山県魚津市)に住んでいたことから、その地名をもとに名付けたと言う説と、本姓が「大江氏」なので、この大江から1字取り「江」を使用したと言う説があります。

江義弘/郷義弘(ごうよしひろ)が制作した刀剣

  • 刀 無銘 伝江
    刀 無銘 伝江
    無銘
    鑑定区分
    特別重要刀剣
    刃長
    70.1
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

越中国の地図

越中国の地図

「越中国」の刀工を見る;


刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、著名刀工名鑑「江義弘/郷義弘(ごうよしひろ)」の検索結果ページです。
名刀と呼ばれる日本刀を生み出してきた著名な刀工を制作国や「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の検索方法で調べることができます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード