軍刀検索結果 [1/1]


鑑定区分順[ 1〜6振/6振 ]

軍刀写真 目次

指定・認定区分

  • 国宝 … 国宝
  • 重文 … 重要文化財
  • 重美 … 重要美術品
  • 特重 … 特別重要刀剣
  • 重要 … 重要刀剣
  • 特保 … 特別保存刀剣
  • 保存 … 保存刀剣
  • 特貴 … 特別貴重刀剣
  • 貴重 … 貴重刀剣
  • 未鑑 … 未鑑定

刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬

「警察サーベル」とは、1877年(明治10年)の「西南戦争」時に、警視隊で編成された「抜刀隊」の活躍により、全国一斉に帯刀されるようになった刀。刀身は官給のサーベル以外にも、幹部などの高位者...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 青龍軒盛俊
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 青龍軒盛俊

刀 銘 靖光

1940年(昭和15年)、朝香宮孚彦中佐(あさかのみやたかひこちゅうさ)が陸軍大学校卒業のおり、昭和天皇より贈られた恩賜の軍刀です。孚彦王は陸軍大学校卒業後、航空兵科に異動し、第51航空師団...

鑑定区分 未鑑定 時代 昭和時代
制作国 - 刀工 靖光
鑑定区分 未鑑定
時代 明治時代以降(現代刀)
制作国 -
刀工 靖光

短刀 無銘(海軍士官短剣)

「海軍士官短剣」とは、1883年(明治16年)に日本海軍が制定した短剣のことです。 鞘は研出鮫皮巻、柄は金線を巻いた鮫皮、金具には桜花葉が彫られているのが特徴。拵のデザインは、1945年(...

鑑定区分 未鑑定 時代 昭和時代
制作国 - 刀工 不明
鑑定区分 未鑑定
時代 明治時代以降(現代刀)
制作国 -
刀工 不明

刀 銘 兼吉作

1883年(明治16年)から、全国の警察で一斉に「警察サーベル」が帯刀されました。 柄の背金には旭日章に桜花葉と唐草模様、長飾(ながかざり)、石突(いしづき)には桜花葉の高彫が施された物。...

鑑定区分 未鑑定 時代 室町時代
制作国 美濃伝 刀工 兼吉
鑑定区分 未鑑定
時代 室町時代
制作国 美濃伝
刀工 兼吉

脇指 銘 不明(昭和十三年制定陸軍制式軍刀/九八式軍刀)

「九八式軍刀」(きゅうはちしきぐんとう)とは、1938年(昭和13年)に日本陸軍が制定した軍刀の俗称です。それまで主流だったサーベル(明治19年式軍刀)とは異なり、刀身が日本刀(刀剣)である...

鑑定区分 未鑑定 時代 昭和時代
制作国 - 刀工 不明
鑑定区分 未鑑定
時代 明治時代以降(現代刀)
制作国 -
刀工 不明

刀 銘 大阪住月山貞勝謹作 昭和七年十月吉日

本刀は1933年(昭和8年)、陸軍大学を卒業した於田秋光大佐の遺愛の恩賜刀です。小板目肌が良く詰み、当時最高の玉鋼(たまはがね)が使用されており、身幅の狭い刀身へ、見事な直刃調の焼き入れが行...

鑑定区分 未鑑定 時代 昭和時代
制作国 - 刀工 月山貞勝
鑑定区分 未鑑定
時代 明治時代以降(現代刀)
制作国 -
刀工 月山貞勝

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀(刀剣)を検索できる「日本刀(刀剣)写真」。
このページは、「軍刀」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る