脇指 検索結果 [1/1]

総掲載予定数:28振
鑑定区分順[ 1〜4振/4振 ]

脇指 検索結果 [1/1]

総掲載予定数:28振
鑑定区分順[ 1〜4振/4振 ]

脇指 銘 津田越前守助広 寛文十年二月日

「助広」は、1637年(寛永14年)に摂津国打出村(せっつのくにうちでむら:現在の兵庫県芦屋市)に生まれました。のちに大坂に出て、「そぼろ」と称された初代・助広の門人となって養子として迎えら...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 津田越前守助広
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 津田越前守助広
詳細を見る

脇指 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日

本脇指の作者である2代「助広」は、1637年(寛永14年)に摂津国打出村(せっつのくに・うちでむら:現在の兵庫県芦屋市)で生まれ、父である初代・助広(別称:そぼろ助広)の門下で鍛刀技術を学び...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 前期
制作国 - 刀工 津田越前守助広
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 津田越前守助広
詳細を見る

脇指 銘 繁慶

三河国出身の「繁慶」は、元々徳川将軍家に召し抱えられた鉄砲鍛冶でした。しかし、「徳川家康」の駿府(すんぷ:現在の静岡県静岡市)への隠居に従い、その頃から刀鍛冶に転向したのです。 1616年...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 初期
制作国 - 刀工 繁慶
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 繁慶
詳細を見る

脇指 銘 重次慶定作(鞍馬関)

本脇指は、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の刀工集団「鞍馬関」(くらまぜき)の刀工、「重次」と「慶定」による合作の1振。鞍馬関は、初代「吉次」(よしつぐ)が美濃国(みののくに:現在...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代
制作国 山城伝 刀工 重次・慶定
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
制作国 山城伝
刀工 重次・慶定
詳細を見る

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「古刀五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀(刀剣)を検索できる「日本刀(刀剣)一覧検索」。このページは、「脇指」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る