兼光検索結果 [ 1/1 ]


鑑定区分順[ 1〜3振/3振 ]

刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

刀工の「兼光」とは、「備前長船兼光」(びぜんおさふねかねみつ)のこと。兼光は4名存在しましたが、延文年間(1356~1360年)に活躍した兼光は、2代兼光、延文兼光と言われ、刀剣史上12名し...

鑑定区分 重要美術品 時代 南北朝時代
制作国 備前伝 刀工 兼光
鑑定区分 重要美術品
時代 南北朝時代
制作国 備前伝
刀工 兼光

刀 金象嵌銘 兼光

筑前福岡藩(現在の福岡県福岡市)第5代藩主「黒田宣政」(くろだのぶまさ)の養嗣子であった「長好」(ながよし:幼名・菊千代[きくちよ])は、1714年(正徳4年)に第7代将軍「徳川家継」(とく...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 南北朝時代
制作国 備前伝 刀工 兼光
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 南北朝時代
制作国 備前伝
刀工 兼光

太刀 銘 備前国長船住兼光

「兼光」は「備前長船派」(びぜんおさふねは)嫡流の3代目である「景光」(かげみつ)の子と伝えられています。 鎌倉時代後期から南北朝時代中期頃までの長きにわたって作刀していたとされる刀工です...

鑑定区分 重要刀剣 時代 南北朝時代 初期
制作国 備前伝 刀工 兼光
鑑定区分 重要刀剣
時代 南北朝時代
制作国 備前伝
刀工 兼光

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀(刀剣)を検索できる「日本刀(刀剣)写真」。
このページは、「兼光」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る