一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 南北朝時代 初期

かたな  (きんぷんめい) ひろゆきりんが (かおう)

刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)

刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)

弘行は、筑前国(現在の福岡県北西部)「左文字」(さもんじ)一門の刀工。南北朝時代に活躍した「左文字」は、正宗十哲のひとりに数えられる名工です。その一門もまた師風を受け継いで、五箇伝の中で修得がもっとも難しいとされる相州伝の神髄を究めており、それぞれが名品を残しています。
同一門の作風は、地刃共に明るく冴え、刃文は沸本位の互の目乱れを基本とし、これに良質な沸が付きます。また、刃中には、金筋・砂流しがかかるなど多種多様な働きが見られ、帽子は先が火焰風に尖り、迫力が感じられる物になります。
本刀は、弘行の作品の中でも比類ない出来映えの物で、江州(現在の滋賀県)彦根城主三十五万石・井伊家伝来の1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
南北朝時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
弘行
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
井伊家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70
反り 反り
(cm)
1.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)」の関係についてご紹介します。

刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)の動画

刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る