• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 初期

たち めい ぶんごこくゆきひらさく

太刀 銘 豊後国行平作

太刀 銘 豊後国行平作

太刀徳川将軍家に伝来し、のちに一橋徳川家が拝領した1振です。

一橋徳川家とは、8代将軍「徳川吉宗」の四男「徳川宗尹」(とくがわむねただ)を家祖とする「徳川御三卿」(とくがわごさんぎょう)のひとつ。田安、清水と並び、尾張、紀州、水戸からなる「徳川御三家」に次ぐ家格として知られています。

徳川将軍家から徳川御三卿の一橋家へ受け継がれた由緒ある本太刀は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した豊後国(現在の大分県)の刀工「行平」(ゆきひら)が手掛けました。

行平は品格のある太刀を得意とし、「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)が設けた「御番鍛冶」(ごばんかじ)においては4月の番鍛冶を担ったと伝えられています。九州古典派の中でも、最も高い技術と名声を誇る名工です。

本太刀の姿には踏張り風が見られ、腰反りが高く、細身・小鋒/小切先(こきっさき)の優雅な様子は、鎌倉時代初期の特色がよく表れています。板目肌杢目(もくめ)が交じる地鉄(じがね)には地景(ちけい)が細かに入り、やわらかさの感じられる風合いが特徴的。

直刃(すぐは)に小乱れ刃文焼き匂口(においぐち)が全体にうるむなど、行平らしい趣が見られる傑作刀となっています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 豊後国行平作」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 初期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
行平
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
一橋徳川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
77.3
反り 反り
(cm)
2.7

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 豊後国行平作」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード