一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 南北朝時代 初期

かたな めい びぜんこくじゅううんじゅう

刀 備前国住雲重(折返銘)

刀 備前国住雲重(折返銘)

雲重が属していた「雲類」(うんるい)は、備前国宇甘郷(うかいごう)に住した一派です。
「雲類」の呼称の由来は、始祖であった初代「雲生」(うんしょう)が、後醍醐天皇の勅命を受けて太刀を作ることになったという伝説にあります。作刀を進めようとしていた「雲生」は、自身の思う通りにならずに苦労していました。しかし、ある夜に見た夢に浮雲が現れ、それをヒントに刃文を焼いて、完成させることができたのです。その1振を後醍醐天皇に献上したところ、その卓越した仕上がりに「刃文の様子、雲の如し」とのご高評を賜ったことから、「雲」の字を一派の通字として用いるようになったのです。
作風は反り深く、先反り気味があり、猪首風の豪壮さがあり、焼強く、小沸が付きます。また「雲類」一派の作柄は、山城から備前に移住してきた経緯があることから、他の長船鍛冶とは異なり、山城伝の趣を示しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
南北朝時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
雲重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.7
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 備前国住雲重(折返銘)」の関係についてご紹介します。

刀 備前国住雲重(折返銘)の動画

刀 備前国住雲重(折返銘)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 備前国住雲重(折返銘)」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る