一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 南北朝時代

たち めい よしひろ

太刀 銘 吉弘

太刀 銘 吉弘

筑前国(現在の福岡県北西部)の「左文字」(さもんじ)は、南北朝時代初期の刀工。それまでの九州物は、どちらかと言えば野趣に富んだ作域を示していましたが、「左文字」はそこから大きく脱皮し、洗練された新しい作風を生み出したことにより、南北朝時代において大きな繁栄を見せました。
吉弘は、「左文字」の子、またはその門弟であったとも伝えられており、銘鑑には、正平二十三(1368年)年紀の作品が挙げられています。
本太刀は、同作中の中で唯一現存する在銘作。備前岡山藩(現在の岡山県岡山市)の第3代藩主「池田継政」(いけだつぐまさ)が家督を継ぐときに、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)より拝領した物で、「徳川実記」にも所載されています。
また、本太刀の作柄は、健全で刃が明るく冴えているだけでなく、ずっしりとした重厚感も感じられる物となっています。「本阿弥光忠」(ほんあみみつただ)の折紙が付属する同工の傑作です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
吉弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
備前池田家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.9
反り 反り
(cm)
2.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 吉弘」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 吉弘の動画

太刀 銘 吉弘

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 吉弘」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る