一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代 中期

たち めい いち はばきしたにきっかもんのきりつけあり

太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリ

太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリ

本刀は、鎌倉時代中期の「福岡一文字」による、在銘「一」の太刀であり、地刃共に健全な出来映えになっています。わずかながら生ぶ刃(鎺元付近の、まだ刃が付けられていないもっとも刃先が健全である状態)が残っているだけでなく、生ぶ茎(磨上げなどの加工がされておらず、作刀当時の状態を保っている茎)、目釘穴がひとつであるという点も貴重で、鎌倉時代中期の福岡一文字を代表する1振です。
なお、銘以外に菊花紋が切られていますが、これはいわゆる「御作」(ぎょさく:後鳥羽上皇より菊花紋を許された[一文字則宗]の作)であることを示しているのではなく、鎌倉時代前期以降の備前物に多く見られる物。本刀に付属する金具は、すべて金無垢で作られています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
福岡一文字
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
久保田藩 佐竹家伝来→
大島家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.2
反り 反り
(cm)
3.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリ」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリの動画

太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリ

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 一 鎺下ニ菊花紋ノ切付アリ」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る