一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代

かたな きんぞうがんめい みはらまさひろ

刀 金象嵌銘 三原正広

刀 金象嵌銘 三原正広

大和の有力な寺社の荘園が多く点在した備後国には、その荘園を守護するために、武士が軍隊を形成していました。その武士のために、大和の鍛冶が備後国に移り、作刀した物が「三原鍛冶」であり、古い物は「古三原」と称します。
本刀は江戸時代、本阿弥家によって、古三原鍛冶の代表である「三原正広」と極められ、金象嵌銘が施された鎌倉時代の名刀です。
地刃すこぶる健全で「三原鍛冶」の最高傑作と言える本刀は、地の鍛えが入念で鮮やかに冴え、刃中に自然と現れる豊富な金筋には、品格が漂っています。
本刀の太刀拵は、金具がすべて鉄地になっている珍しい物。鉄は赤銅や銀と違い、熱処理の際、加工に手間がかかるので、通常の日本刀では、防御が目的である鍔以外の部位に使われることはあまりありません。また、本拵は、実戦にも耐えられるように、手間のかかる布目象嵌の手法で、鞘の全体に桐紋が施されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
三原正広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(備後国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.6
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 金象嵌銘 三原正広」の関係についてご紹介します。

刀 金象嵌銘 三原正広の動画

刀 金象嵌銘 三原正広

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 金象嵌銘 三原正広」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る