• 特別重要刀剣
  • 平安時代

かたな まさつね

刀(額銘)正恒

刀(額銘)正恒

「刀(額銘)正恒」を作刀した「正恒」(まさつね)は、友成(ともなり)と双璧をなす古備前の刀工です。両者の作品を比較すると、姿(すがた)の優美さは友成が勝り、地鉄(じがね)や刃文(はもん)の洗練さは正恒に軍配が上がります。

正恒を名乗る刀工は複数存在し、古備前、古青江、備中妹尾に数名いたと考えられ、江戸時代の「古刀銘尽大全」(ことうめいづくしたいぜん)には、書体の異なる正恒が7人いることが示されており、「世に言う七種の正恒」と記載されています。

本刀の姿は、反り深めに付き、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)です。地鉄はよく鍛えられた小板目肌(こいためはだ)で、地沸(じにえ)よく付き、地景(ちけい)細かく入り、淡い地斑映り(じふうつり)も見られるのが特徴。

刃文は小乱れに小丁子(こちょうじ)が交じったもの。匂口(においぐち)えて、(あし)・(よう)よく入り、細かな刃沸(はにえ)がよく付き、金筋(きんすじ)入り、砂流し(すながし)が掛かります。帽子は大丸に浅く返り、(なかご)は、大磨上げ(おおすりあげ)ながらももとの茎から切り取られた額銘(がくめい)として残されており、栗尻(くりじり)、勝手下がりの鑢目(やすりめ)、目釘穴はひとつです。

地刃ともに健全で匂口も明るく洗練された作風は、正恒銘のなかでも、とりわけ優れた作品のひとつと言われています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀(額銘)正恒」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
平安時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
正恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.2
反り 反り
(cm)
1.9

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀(額銘)正恒」は平安時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード