• 保存刀剣
  • 平安時代

かたな めい びしゅうおさふねすけさだ

刀 銘 備州長船祐定 天文二十四年二月日

刀  銘  備州長船祐定  天文二十四年二月日

長船祐定は勝光・清光らと並び「末備前」と呼称される室町時代後期の備前鍛冶を代表する名工であり、未備前中、同じ祐定の銘を名乗る刀工は数多くいますが、中でも与三左衛門尉(よそうざえもんのじょう)の俗名を冠する祐定が最上工として知られています。
本作は、俗名は添えられていませんが、地鉄、小板目肌に所々杢肌を交え、地景強く入り、刃文、小互の目乱れに金筋、砂流しを盛んに交え、地刃の沸が複雑にからんで混然とした景色を見せ、乱れ映り立ち、帽子は沸付いて先乱れ込んで掃きかけるなど常の作品に増して激しい働きを示した見所の多い優品です。附の拵は江戸時代に作られた時代物の黒漆塗糸巻太刀拵で落ち着いた風情を醸し出しています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 備州長船祐定 天文二十四年二月日」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
平安時代
(末古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
備州長船祐定
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.4
反り 反り
(cm)
2.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 備州長船祐定 天文二十四年二月日」は平安時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード