• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 末期

かたな むめい でんまさむね

刀 無銘 伝正宗

刀 無銘 伝正宗

「刀 無銘 伝正宗」は、明治天皇の父・孝明天皇(こうめいてんのう)の佩刀(はいとう)です。孝明天皇は激動の幕末維新期、アメリカやヨーロッパ諸国が開国と通商を要求するなか、開国路線を採る徳川幕府に対し、一貫して攘夷(じょうい)を唱えました。倒幕ではなく公武合体政策を模索しながらも、35歳という若さで病没するまで国民を守るために生涯を尽くします。

本刀を作刀した「正宗」(まさむね)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活躍した刀工です。五郎入道正宗、岡崎正宗とも称されています。

通説では、1264年(弘長4年/文永元年)に鎌倉の刀工・藤三郎行光(とうさぶろうゆきみつ)の子として鎌倉の今小路で生まれ、1280年(弘安3年)に新藤五国光(しんとうごくにみつ)の門下で作刀を学びました。そのあと、山城国(現在の京都府)、備前国(現在の岡山県東部)、伯耆国(現在の鳥取県)などを行脚して各地の技術を研究し、相州伝を完成させたのです。

本刀は、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)の堂々たる姿地鉄(じがね)は、板目肌(いためはだ)がよくんでおり、青黒く、深みをたたえた地沸(じにえ)が一面に付き、地景(ちけい)頻り(しきり)に入り、地斑(じふ)も入っています。

刃文(はもん)は、(にえ)よく付き、小湾れ(このたれ)に互の目(ぐのめ)、丁子(ちょうじ)交じり。(あし)が盛んに入り、金筋(きんすじ)や稲妻(いなずま)などの働きが見られるのが特徴です。帽子は、湾れ込んで先が小丸に返ります。

表裏に棒樋(ぼうひ)の搔流し(かきながし)があり、(なかご)は大磨上げ(おおすりあげ)、栗尻(くりじり)、鑢目(やすりめ)は勝手下り、目釘穴(めくぎあな)2つ。輝くえた(にえ)が相州伝の極意を表現した屈指の名刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 伝正宗」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 末期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国/神奈川県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.2
反り 反り
(cm)
1.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝正宗」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード