• 重要美術品
  • 鎌倉時代 後期

たち めい かげより

太刀 銘 景依

太刀 銘 景依

太刀は、鎌倉時代中期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県東部)で活躍した刀工「景依」(かげより)が鍛え、常州土浦藩(現在の茨城県土浦市)9万5,000石、土屋家に伝来した名刀です。

土屋家が歴史の表舞台に名を残したのは、1582年(天正10年)3月11日の「天目山の戦い」(てんもくざんのたたかい)でのこと。織田軍との戦いに敗れ天目山(山梨県甲州市)まで逃げ延びた「武田勝頼」(たけだかつより)とその手勢は、迫る織田軍を相手に奮戦します。このとき、武田勝頼の家臣「土屋昌恒」(つちやまさつね)は、崖縁で落ちないよう片手に蔦を絡ませて、片手で戦い続けたことから「片手千人斬り」の異名を取りました。

この土屋昌恒の子「土屋忠直」(つちやただなお)は「徳川家康」の側室「阿茶局」(あちゃのつぼね)に養育され徳川家に仕えます。そして土屋忠直の次男「土屋数直」(つちやかずなお)が常州土浦藩の初代藩主となり、藩は明治まで続きました。

本太刀を作刀した景依は、「長船派」の初代「光忠」(みつただ)の弟である「景秀」(かげひで)の息子です。本太刀は景依の特徴がよく表れた品格ある太刀姿が印象的。刃文(はもん)は備前正伝にはない直刃(すぐは)を基調としながらも丁子風の映りが見られ、本位の刃縁(はぶち)・刃中共よく締まり、帽子は長船系を示す「三作帽子」(さんさくぼうし)となっています。地鉄(じがね)は青く冴えて落ち着きがあり、やわらか味と奥ゆかしさが感じられる地肌です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 景依」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 後期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
景依
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
常州土浦藩
土屋家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
80.7
反り 反り
(cm)
2.4

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 景依」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード