一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 江戸時代 前期

かたな めい いのうえしんかい

刀 銘 井上真改

刀 銘 井上真改

大坂新刀」の代表刀工であり、「大坂正宗」とも称される名工「井上真改」の日本刀(刀剣)は、刀と太刀がそれぞれ1振ずつ重要文化財に指定されています。

そのうち太刀の方は、備前国岡山藩(びぜんのくに・おかやまはん:現在の岡山県岡山市)2代藩主「池田綱政」(いけだつなまさ)が、1678年(延宝6年)に「吉備津彦神社」(きびつひこじんじゃ:岡山市北区)に奉納した物。重要美術品に指定されている本刀には、同神社所蔵の重要文化財と同じ年紀銘(延宝五年八月日)が切られているのです。

本刀の作風は、口(においぐち)が深く、刃中の明るい湾れ(のたれ)刃文となり、地沸(じにえ)が微塵に厚く、よく付いています。

本刀を鍛錬するにあたり、身を清めて最高級の素材を用いたと伝えられる真改。本刀は、そんな彼の本領が十分に発揮された、最高傑作の美しい名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
江戸時代 前期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
井上真改
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.1
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 井上真改」の関係についてご紹介します。

刀 銘 井上真改の動画

刀 銘 井上真改

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 井上真改」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る