• 重要美術品
  • 鎌倉時代 末期

かたな むめい でんらいくにみつ(しゅめい)

刀 無銘 伝来国光(朱銘)

刀 無銘 伝来国光(朱銘)

「刀 無銘 伝来国光(朱銘)」は、「来派」(らいは)直系の刀工、来国光(らいくにみつ)作と極められています。来派は、鎌倉時代中期から南北朝時代にかけて、山城国(やましろのくに:現在の京都府)で繁栄した刀工流派で、粟田口派(あわたぐちは)と並んで、山城国の2大流派とされていました。来国光は、「来国俊」(らいくにとし)の子で、「次郎兵衛尉」(じろうひょうえのじょう)と称し、鎌倉時代末期から南北朝期にかけて活躍したと言われています。

来国光の作風は多様で、姿(すがた)は①父・来国俊の作品に似た、細身で小鋒/小切先(こきっさき)に居反りの古調な姿と、②二字国俊に似た、身幅(みはば)の広く、重ね(かさね)のやや厚い、猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)の豪壮な姿の2様があり、刃文(はもん)には①相州伝・正宗の影響を受けた(にえ)の強い乱れ刃と、②来派の特徴である直刃調(すぐはちょう)に小互の目(こぐのめ)、小丁子(こちょうじ)、交じりといったものがあります。

来派には珍しく、二重刃(にじゅうば)や喰違い(くいちがい)状態をよく見せ、後年、肥前忠吉(ひぜんただよし)の手本になっていることを思わせます。

本刀は、猪首鋒/猪首切先風の姿。地鉄(じがね)は、板目杢目(もくめ)が交じり、地沸(じにえ)が付きます。刃文(はもん)は、中直刃(ちゅうすぐは)で乱れ心あり。丁子(ちょうじあし)、小足が入り、砂流し(すながし)、金筋(きんすじ)が掛かり、刃中が華やかで、匂口(においぐち)が明るく締まっています。

堂々とした体配でありながら、鎌倉時代に多く見られる猪首鋒/猪首切先であることから、来国光の鎌倉時代末期の作品であると考えられます。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 伝来国光(朱銘)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 末期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
来国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.7
反り 反り
(cm)
2.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝来国光(朱銘)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード