• 特別重要刀剣
  • 室町時代 後期

かたな めい いずみのかみかねさださく(きんぞうがん)ふたつどう
みうらしょうげんしょじ

刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴
三浦将監所持

刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持

「刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持」は、金象嵌(きんぞうがん)で「二ツ胴 三浦将監所持」と書かれた通り「三浦将監」(みうらしょうげん)が所持した1振です。

三浦将監とは、「三浦為章」(みうらためあき)のこと。江戸時代後期に「紀州徳川家」(現在の和歌山県)の家老を務め、10代藩主「徳川治宝」(とくがわはるとみ)と11代藩主「徳川斉順」(とくがわなりゆき)に仕えました。なお、「二ツ胴」とは、刀に対する切れ味の評価。試し切りの際、1振で2体まで斬ることができたという意味なのです。

本刀を作刀したのは、美濃伝(現在の岐阜県)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)。和泉守兼定は、2代目兼定のこと。古刀期に初めて任官名を受領して(めい)に切った人物で、切れ味に優れた「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)の刀工にも選ばれ、「孫六兼元」(まごろくかねもと)と共に、末関物(すえせきもの:美的価値が低い実用的な数打物)の双璧と言われた名匠です。銘の「定」の文字に特徴があり、ウ冠(うかんむり)の下を「之」と切ったため、「ノサダ」と呼ばれ親しまれています。

本刀は、身幅(みはば)が広く重ね(かさね)が厚く、大鋒/大切先(おおきっさき)。反り(そり)も深く豪壮で、相州伝風。地鉄(じがね)は板目肌(いためはだ)がみ、刃文(はもん)は互の目(ぐのめ)と丁子(ちょうじ)、尖り心の刃が交ざり華やか。ノサダの本領が発揮された名刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
室町時代 後期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
兼定/之定
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
紀州徳川家の家老→
三浦将監→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
65.2
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード