• 重要文化財
  • 鎌倉時代

かたな むめい よしおかいちもんじ

刀 無銘 吉岡一文字

刀 無銘 吉岡一文字

本刀にはありませんが、作者は「吉岡一文字派」を代表する刀工「助光」(すけみつ)とされています。

「吉岡一文字」は、吉井川左岸の赤磐郡吉岡(現在の岡山県久米郡)で活動した刀工一派で、開祖は「則宗」(のりむね)。一族は刀工名の頭に「助」の字を用いており、助光は開祖である則宗の孫、または曽孫と伝えられる名工です。

助光の作風としては、出来(においでき:匂が刃文全体を 覆うような様)で焼き幅の広い丁子乱(ちょうじみだれ)や大丁子乱の刃文が印象的。地鉄(じがね)は細かい杢目肌(もくめはだ)に、地沸(じにえ)が付き、乱映り(みだれうつり)が立ちます。

本刀で一番に目を惹くのは、鋒/切先(きっさき)の伸びた堂々たる姿。刃文は大丁子乱に互の目乱(ぐのめみだれ)、逆心のある乱れが交じり、刃中の働きも豊かで、乱映りが現われています。

吉岡一文字派の中でも群を抜くという助光の面目躍如たる傑作刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 吉岡一文字」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
助光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.1
反り 反り
(cm)
2.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 吉岡一文字」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード