• 重要美術品
  • 鎌倉時代 初期

かたな むめい でんあおえ

刀 無銘 伝青江

刀  無銘  伝青江

「刀 無銘 伝青江」は、青江派(あおえは)の刀工による作品。吉備国(きびこく:現在の岡山県)は、古来より良質な鉄の産地として知られ、平安時代から室町時代にかけて、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県東部)が日本一の日本刀産地として栄えていましたが、隣国の備中国(びっちゅうのくに:岡山県の南西部)にも刀工集団が存在し、同時代に繁栄しました。

そのひとつが、「貞次」(さだつぐ)を開祖とし、高梁川(たかはしがわ)下流、現在の岡山県倉敷市付近を拠点として作刀した青江派です。開祖の貞次は、後鳥羽上皇の「御番鍛冶」(ごばんかじ:院に抱えられた刀工が各月交代で作刀する役目)の2月番鍛冶を務めた名匠と伝わっています。

青江派のなかでも、平安時代から鎌倉時代中期の青江鍛冶を「古青江」(こあおえ)、鎌倉時代中期から南北朝時代初期の青江鍛冶を「中青江」(ちゅうあおえ)、南北朝時代末期以降の青江鍛冶を「末青江」(すえあおえ)と呼びます。

本刀は、帽子横手(よこて)よりすーっと突きがけ、小丸または大丸風となり、先端が少し尖り浅く返る形状です。これは「青江帽子」(あおえぼうし)と呼ばれ、中青江の特徴となっています。青く澄んだ地鉄(じがね)のなかに地斑(じふ)という黒い斑点が見られるのは、澄肌/墨肌(すみはだ)と言い、古青江によく見られる特色です。

地鉄は良く鍛えられた小板目肌(こいためはだ)で、奥深く青黒味を帯びてえ、青江独特の肌立つ縮緬肌(ちりめんはだ)が現われています。刃文(はもん)は、匂本位(においほんい)の締まった中直刃(ちゅうすぐは)で、僅かに刃縁(はぶち)に(にえ)が付き、刃中に逆足(さかあし)が入るのが特徴です。彫物(ほりもの)は、棒樋(ぼうひ)の掻通し(かきとおし)。(なかご)は先切、目釘穴は2つ。大磨上げ(おおすりあげ)ながらも、重厚な作柄で品格のある姿(すがた)です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 伝青江」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 初期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
青江
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(備中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.8
反り 反り
(cm)
1.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝青江」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード